DGDの特徴と将来性、DGDが購入できるおすすめの取引所

DGD

DGDの概要

通貨名称 DGD
最大発行数 200万枚
公開日 2016年3月29日
公式サイト https://digix.global/
ホワイトペーパー https://digix.global/whitepaper.pdf

DGDの特徴や目指しているもの

DGDはイーサリアム(ETH)のブロックチェーンを利用した、現物の「金(Gold)」をデジタル化するサービス「DGD」で使用されるトークンです。実物とは独立したところで存在する多くの仮想通貨とは違い、現物の金と深く関連しているのが大きな特徴です。

所有している金に関する情報をブロックチェーン上に登録することによって、その所有権を明確にしつつ、流動性を向上させます。DGDの保有者は、プロジェクトの本部があるシンガポールでそれを金に変えることも可能ですし、あるいは仮想通貨取引所を通じて法定通貨や他の仮想通貨に変えることも可能です。

人類はなぜ金に価値を見出したのか

DGDの理念を知るためには、人類の金に対する価値観、あるいはそれに対する「執着」について知らなければなりません。金は極めて希少性が高いにもかかわらず、初めて使われるようになって以降、歴史の表舞台から一度も姿を消したことがないという、特異な金属です。

人々を魅了し続ける金

金が初めて本格的に使われ始めたのは紀元前3000年頃で、メソポタミア人は金を使った兜をつくっていたとされています。その後も世界中の様々な国で価値のあるものとして取り扱われ、多くの人々を虜にします。その美しさを価値であると捉え、金を使った貨幣、すなわち金貨を通貨として採用する国も出てきます。

18世紀に質量保存の法則を発見したことで知られるラボアジェが「他の物質から金を作ることは不可能である」と証明するまでは錬金術が盛んに行われていましたし(ニュートンも研究の傍ら錬金術に没頭していたとされています)、第二次世界大戦までは貨幣価値を裏付けるために各国で金本位制を採用していました。人類は一貫して金を信頼し、欲し続けていたのです。

各国が金本位制から離脱して以降も、金は市場で高い価値を保ち続けています。2018年3月時点での国内価格は1g=5000円ほどで、これは銀の価格の70倍ほどです。

金の取引価格は安定している

金がこれほどまでに多くの人を魅了する理由はいくつもありますが、その中でも特に大きいのは美しさと希少性でしょう。これらの特徴は特定の国の政治・経済情勢に左右されるものではないため、それゆえに金の価格は安定しています。「金は有事に強い」とよく言われますが、実際、政情不安が起こって法定通貨のリスクが向上すると、金への資産退避が進むため、金の価格は上昇することが多いです。

金の取引価格は大きく値動きがほとんどないため、安定した運用が期待できます。普段から資産の一部を金に変えて運用している人も少なくありません。

個人では実施が難しい「金投資」の現実

大口の投資家でもない個人が金に対して投資をするのは簡単ではありません。何しろ、価格が1g=5000円前後もするため、まとまった量を入手するのが大変です。また、管理にも手間がかかります。万が一盗難にあった場合、その所有権を主張するのは極めて困難になります。また、金は化学的に極めて安定しているとはいえ、ぞんざいに扱えばやはりその価値は下落してしまいますし、紛失のリスクもあります。

最近は毎月一定額を積み立てて金を買っていき、その管理は専門企業に任せる「純金積立」も人気ですが、こちらにも欠点があります。純金積立を行っている企業の多くは、消費寄託という仕組みで純金を管理しています。これはその企業が会社の資産として純金を保管するものであるため、倒産した場合は資産が目減りする可能性があります。

純金積立を提供している企業は大手の証券会社や貴金属の製造販売会社が多く、倒産のリスクは高くはありませんが、分別管理が義務付けられている株式や投資信託と比べると、その仕組みは脆弱です。

このように何かと問題点が多い金投資をより身近にするのがDGDです。

DGDはブロックチェーンで金をトークンに変える

DGDでは、実在する金に関する情報(重さ、保有者、外部監査人など)をブロックチェーンに保存します。このプロセスをProof Of Asset(POA)と呼びます。登録された情報は事実上改ざんが不可能になり、また全世界に向けて公開されるため、簡単に金の所有権をデジタル化できます。金の現物はシンガポールで管理されているので、管理の手間からも開放されます。

金をシンガポールに送り、DGDを手に入れた投資家は、それを仮想通貨取引所で売却します。DGDを購入した投資家はそれをさらに他の人に売ることも出来ますし、あるいはシンガポールで金の現物と交換することもできます。

DGDとDGX

DGDでは、前述のDGDとは別に、DGXと呼ばれるトークンも使用されます。DGXはPOAで作られる、1gの金の価値と連動するトークンです。例えばブロックチェーンに300gの金を登録している場合、300DGXを保有できます。DGXはDGD内部でのみ使われるトークンであり、仮想通貨取引所で取引するものではありません。

筆者が考えるDGDの今後の将来性

判断が難しいところですが、仮に流通するようになった場合はかなりの価値の上昇が見込めると思います。

人類がこれまでに掘り出した金の総量は約15万tで、今後掘り出し得る地下埋蔵量は7万t程度とされています。つまり、全て掘り起こされたときの流通量は22万tです。金の価格を1g=5000円とすると、22万tの時価総額は1兆1000億円となるのに対して、DGDの時価総額は約700億円と、両者の間にはまだまだ大きな差があります。DGDが使われるようになればDGDの価格が上昇することでその差が埋まってゆくはずです。

ただ、実際に使われるようになるのか、という点については懸念があります。金の現物を手に入れるためにはシンガポールに行かなければならない、というのが、あまりにも大きすぎるデメリットです。DGDは確かに変えようと思えばいつでも金に変えられますし、それが大きな魅力ではあるのですが、実際に変えるには大きな手間がかかります。結果的にDGDのみが頻繁に取引され、金はシンガポールに貯まる一方、ということもありえます。

DGDが日本に上場する可能性

現時点では日本に上場する見通しはありません。海外の取引所の利用をおすすめします。

DGDが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから