NASの特徴や将来性、NASが購入できるおすすめの取引所

NASの特徴や将来性、購入できる取引所まとめ

NASの概要

通貨名称 NAS
最大発行数 1億枚
公開日 2017年12月
公式サイト https://nebulas.io/
ホワイトペーパー https://nebulas.io/docs/NebulasTechnicalWhitepaper.pdf

NASの特徴や目指しているもの

NASは、ブロックチェーン上の情報を検索する分散型検索エンジン「Nebulas」上で使用されるトークンです。

Nebulasは、Googleに代表される従来の検索エンジンでは探すのが困難だった分散型アプリケーション(DApps)やユーザーの資産などを簡単に検索するための仕組みであり、Nebulas Rankという独自のランキングアルゴリズムに基づいて検索結果が表示されるのが大きな特徴です。

現状の検索エンジン(≒Google)の問題点

検索エンジンとは、ウェブ上に存在する様々なデータを検索するためのシステムです。GoogleやYahoo!、Bing,Baiduなどが代表例です。現状、世界のウェブユーザーの約8割~9割はGoogleを使用しており、一部の国や地域を除いて、検索エンジンと言えばGoogleと認識されています。

ブロックチェーンとの相性が悪い検索エンジン

従来の検索エンジンはWeb上のデータを広く検索するものであるため、ブロックチェーンとの相性はよくありません。全く検索できないわけではないのですが、普通に検索してもブロックチェーン上のデータではない通常のWebサイトのほうが上位に来る可能性が高いです。

ブロックチェーンにはブロックチェーン専用の、新しい検索エンジンが求められます。その役割を果たすのがNebulasというシステムです。

Nebulasの仕組み

Nebulasはブロックチェーン上の情報を探すための分散型検索エンジンです。ブロックチェーン、スマートコントラクト、DApps、ユーザーの資産などを横断的に検索できます。

Nebulasはランキングアルゴリズムの「Nebulas Rank」とバグ取りに活躍する「Nebulas Force」、エンジニアへの報奨制度となる「Developer Incentive Protocol」という3つのコア機能から成り立っています。

Nebulasの開発状況

Nebulasのロードマップによれば、2018年にNebulasランクを稼働させ、2019年にはNebulas Force及びProof of Devotionを実装します。長期的にはスケーラブル化(規模の拡大に対応できること)、サブチェーンによるサポート、ゼロ知識証明によるプライバシー確保も行う予定です。

現状、開発は順調なようで、すでに専用ウォレット「Nebulas nano」もリリースされています。

筆者が考えるNASの今後の将来性

現時点では将来有望だと考えています。ブロックチェーン上の情報を検索するシステムは将来必要不可欠なツールになる可能性が高いにもかかわらず、競合する有望なプロジェクトがこれと言ってないのは大きな評価点です。ある意味Googleも競合相手の一つと解釈できないこともないですが、Web用の検索エンジンとブロックチェーン用の検索エンジンは根本的には別物です。

将来的にはGoogleなどが買収を仕掛けてくる可能性も十分考えられますが、それはそれで開発が有利になるため問題ではないでしょう。

NASが日本に上場する可能性

現時点では国内の取引所に上場する見通しは立っていません。すでにいくつかの海外取引所に上場しているので、取引を検討しているならそちらを利用するといいでしょう。

NASが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから