BCFの特徴や将来性、BCFが購入できるおすすめの取引所

BCF

BCFの概要

通貨名称 BCF
最大発行数 25億枚
公開日 2014年2月
公式サイト https://bitcoinfast.co/
ホワイトペーパー

BCFの特徴や目指しているもの

BCFは、2014年2月にビットコインからハードフォークした仮想通貨ですが、ビットコインと比べてより高速であり、なおかつコンセンサスアルゴリズムにProof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)を採用しているという特徴があります。

ハイブリッド通貨

BCFはコンセンサスアルゴリズムにPoWとPoSの両方を採用した、独特な仮想通貨です。また、短いブロック生成時間と高度な分散化により、システムとしての堅牢さも魅力の一つです。

高速送金

BCFのブロック生成時間は1分です。ビットコインのブロック生成時間が10分であるのと比べると、わずか10分の1の時間でブロックが生成されるのです。Bitcoin Fastの名称に恥じない速さであり、高速送金が可能であるがゆえにマイクロペイメント(少額の支払い)にも柔軟に対応できます。

分散型

BCFは高度に分散化された仮想通貨です。BCFは非常に安全で、回復力が高い独自のネットワークを構築しています。この仕組は単一障害点を持たず、システムを攻撃することは難しいと考えられています。

筆者が考えるBCFの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。ビットコインから派生した高速な取引が可能な仮想通貨と聞くとすごそうですが、実際のところ、BCFよりも高速に送金ができる仮想通貨は現代にはたくさんあります。これらとの競争に勝つのは、今のBCFのスペックでは少し難しいのではないかと考えています。

BCFが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。

BCFが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから