PEPECASHの特徴や将来性、PEPECASHが購入できるおすすめの取引所

ペペキャッシュ(PEPECASH)の将来性を解説

PEPECASHの概要

通貨名称 PEPECASH
最大発行数 約7億枚
公開日 2016年9月
公式サイト http://rarepepedirectory.com/
ホワイトペーパー

PEPECASHの特徴や目指しているもの

PEPECASHは海外の人気電子掲示板「4chan」発の仮想通貨です。現時点では、レアペペというデジタルトレーディングカードの売買に使われていて、使うたびに流通量が減るという特殊な仕組みを採用しています。

PEPECASHは「海外版モナコイン」

PEPECASHは、その出自から、海外版モナコインと呼ばれることがあります。モナコインは日本最大級の電子掲示板である「2ちゃんねる(現:5ちゃんねる)」で誕生した仮想通貨で、同掲示板内で有名な猫型キャラクター「モナー」をモチーフにしています。一方、PEPECASHは4chanで有名な蛙型キャラクター「ペペ」をモチーフにしています。

モナコインはライトコインという仮想通貨をベースにされていますが、PEPECASHはカウンターパーティーというビットコイン上の金融プラットフォームで発行されています。

PEPECASHは流通量が減るので価格が上昇しやすい

PEPECASHの最大発行枚数は約7億枚ですでに全部が発行済で、コンセンサスアルゴリズムにProof of Burn(PoB)を採用しているため、流通量は徐々に減っていきます。

これは簡単に言えば手数料として支払ったお金の半分を焼却していくような仕組みです。時がたつに連れて流通量が減るので、需要(時価総額)自体が変わらなければ、それにともなって1単位当たりの価格が上昇します。

PEPECASHの使い道は「トレーディングカードの取引」

PEPECASHの現在の使い道はほぼ1つ。レアペペカードと呼ばれるデジタルトレーディングカードの取引です。

公式サイト(URL:http://rarepepedirectory.com/)ではクリエイターが精魂込めて制作したレアペペの売買が日夜行われており、その決済にPEPECASHが使われているのです。

カードの金額は当然まちまちですが(レアカードほど高くなります)、Webサイトを一通り見た限りでは1枚100PEPECASH前後が相場のようです。2018年1月26日時点では1PEPECASH=8円程度ですので、だいたいカード1枚につき800円ということになります。

筆者が考えるPEPECASHの今後の将来性

PEPECASHを根底から支えるのは海外に定着した根強いコミュニティと開発者、そしてレアペペの愛好家です。その熱意は素晴らしいものがありますが、ほとんどは閉じたコミュニティの内部に向けられています。

大きく値が上がるためには、コミュニティの外部に向けた何らかの動きが必要になりそうです。

国内でPEPECASHが安く購入できるおすすめの取引所

仮想通貨取引Zaif

運営会社名 テックビューロ株式会社

▼ 取扱仮想通貨一覧 ▼

ビットコインイーサリアムネムモナコインビットコインキャッシュザイフカウンターパーティービットクリスタルストレージコインエックスフィスココインカイカコインネクスコインコムサPEPECASHゼン

取引高 3827.79億円
口座開設に必要な書類 身分証明書(免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)
法人名義での登録 可能

現状、日本の仮想通貨取引所でPEPECASHを取り扱っているのはZaifのみです。Zaifはぺぺキャッシュ以外にも、他の取引所では見かけず、時価総額も低い、いわば伸びしろのあるトークンを複数取り扱っています。

PEPECASHを含めたややマイナーなトークンへの投資を考えている方には、Zaifがおすすめです。

0 0

この記事の共有はここから