ペペキャッシュ(PEPECASH)の主な使い道と今後の将来性

ペペキャッシュ(PEPECASH)の将来性を解説

ペペキャッシュの概要

通貨名称 ペペキャッシュ(PEPECASH)
最大発行数 約7億枚
公開日 2016年9月14日
公式サイト http://rarepepedirectory.com/
ホワイトペーパー 不明

ペペキャッシュの特徴や目指しているもの

ペペキャッシュは海外の人気電子掲示板「4chan」発の仮想通貨です。現時点では、レアペペという海外で人気のデジタルトレーディングカードの売買に使われており、使うたびに流通量が減るという特殊な仕組みを採用しています。

ペペキャッシュは「海外版モナコイン」

ペペキャッシュは、その出自から、海外版モナコインと呼ばれることがあります。モナコインは日本最大級の電子掲示板である「2ちゃんねる(現:5ちゃんねる)」で誕生した仮想通貨で、同掲示板内で有名な猫型キャラクター「モナー」をモチーフにしています。一方、ペペキャッシュは4chanで有名な蛙型キャラクター「ペペ」をモチーフにしています。

ペペキャッシュの公式サイトでその容姿を拝むことができますが……まあ、好みは人それぞれだと思いますが、あまり日本人受けはしなさそうに見えます。

モナコインはライトコインという仮想通貨をベースに開発されているのに対して、ペペキャッシュはカウンターパーティーというビットコイン上の金融プラットフォームで発行されています。

ペペキャッシュは流通量が減るので価格が上昇しやすい

ペペキャッシュの最大発行枚数は約7億枚ですでに全部が発行済ですが、Proof Of Burnという仕組みを採用しているため、流通量は徐々に減っていきます。

これは簡単に言えば手数料として支払ったお金の半分を焼却していくような仕組みです。もちろんペペキャッシュは仮想通貨で実体が存在しないため物理的に燃やすことはできません。焼却するというよりは、使用不可能にするといったほうがいいかもしれません。

時がたつに連れて流通量が減るので、需要(時価総額)自体が変わらなければ、それにともなって1単位当たりの価格が上昇します。

ペペキャッシュの使い道は「トレーディングカードの取引」

ペペキャッシュの現在の使い道はほぼ1つ。レアペペカードと呼ばれるデジタルトレーディングカードの取引です。

公式サイト(URL:http://rarepepedirectory.com/)ではクリエイターが精魂込めて制作したレアペペの売買が日夜行われており、その決済にペペキャッシュが使われているのです。

カードの金額は当然まちまちですが(レアカードほど高くなります)、Webサイトを一通り見た限りでは1枚100PEPECASH前後が相場のようです。2018年1月26日時点では1PEPECASH=8円程度ですので、だいたいカード1枚につき800円ということになります。

中には日本円で数万円、あるいはそれ以上の価格で取引されることもあるようで……興味のない人にとってはよくわからないカードであっても、一部の人にとっては大金を積むほどの価値があるという点では、遊戯王カードやMtGに近いものがあるかもしれません。

ペペキャッシュに出資している企業一覧

ペペキャッシュに出資している企業は、現段階ではないようです。もともと大企業から指示されるような目的の仮想通貨でもないですし、まあ仕方がないでしょう。

ペペキャッシュの半減期予定

ペペキャッシュには半減期は存在しません。すでに全額が発行済だからです。それどころか既に一部の通貨の焼却が始まっています。

筆者が考えるペペキャッシュの今後の将来性

ペペキャッシュの将来性ですが、現時点では極端に明るい未来を描くのは少し難しいです。ペペキャッシュを根底から支えるのは海外に定着した根強いコミュニティと開発者、そしてレアペペの愛好家です。彼らの熱意は素晴らしいですが、大企業から出資を受けたり、あるいは普及させるためのプログラムが進められたりしているわけではありません。

現段階ではレアペペの購入以外には目立った用途もないため、今のままでは急速な高騰はあまり期待できません。

また、レアペペは海外では人気があるものの、日本国内では殆ど知られていないため、日本語の資料があまり豊富とはいえません。メインの投資先とするには、かなり不安が残るというのが正直なところです。

ただし、海外のコミュニティ内でペペキャッシュの用途をもっと拡大しよう、という流れが出てきた場合は一気に価格が高騰する可能性もあります。先述したモナコインももともとはネットコミュニティ内での送金に使われることが多かったのですが、最近はネットコミュニティを飛び出し、モナコインで決済を受け付けるサービスもチラホラと出始めています。ペペキャッシュにもこうした流れが来るかもしれないので、私はとりあえず少額ホールドしています。

国内でペペキャッシュが安く購入できるおすすめの取引所

仮想通貨取引Zaif

運営会社名 テックビューロ株式会社

▼ 取扱仮想通貨一覧 ▼

ビットコインイーサリアムネムモナコインビットコインキャッシュザイフカウンターパーティービットクリスタルストレージコインエックスフィスココインカイカコインネクスコインコムサペペキャッシュゼン

取引高 3827.79億円
口座開設に必要な書類 身分証明書(免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)
法人名義での登録 可能

現状、日本の仮想通貨取引所でペペキャッシュを取り扱っているのはZaifのみです。Zaifはぺぺキャッシュ以外にも、他の取引所では見かけず、時価総額も低い、いわば伸びしろのあるトークンを複数取り扱っています。

ペペキャッシュを含めたややマイナーなトークンへの投資を考えている方には、Zaifがおすすめです。

0 0

この記事の共有はここから