ODNの特徴や仕組み、今後の将来性を分かりやすく解説!

ODNの特徴や将来性を解説

ODNの概要

通貨名称 ODN(Obsidian)
最大発行数 約9900万枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://obsidianplatform.com/
ホワイトペーパー https://drive.google.com/file/d/0B5ffnLUWqKkMMG1YTXUtNjNvOGc/view

ODNの特徴や目指しているもの

ODN(オブシディアン)は、メッセンジャーアプリ「OBSIDIAN SECURE MESSENGER(OSM)」をサポートする仮想通貨です。ODNはStratisのSTRATをベースにしたコインであり、誰にでもノードになれる分散ネットワークを用いた決済によって、高いハッキング耐性を実現しています。

送信したメッセージやファイル、画像、ビデオなどは、意図しない第三者には公開されません。送信されたメッセージは時間経過で自動的に削除されるため、非常に安全です。

OBSIDIAN SECURE MESSENGER の仕組み

OBSIDIAN SECURE MESSENGERは、匿名でハッキング耐性が高い分散型のメッセンジャーアプリです。ODNはメッセージングアプリの利用の際に使われます。

メッセージの匿名化にはPFSという技術を採用しています。PFSはより高度な暗号化を実施するための概念です。暗号化された通信と暗号化を実現するための秘密鍵が両方漏洩しても復号できないというものであり、エドワード・スノーデンのNSAの諜報活動のリークをきっかけに有名になりました。秘密鍵を漏らさないようにするだけでなく、万が一漏れたあとのことも考慮されていることが大きな特徴です。

メッセンジャーアプリを利用するに当たっては、Obsidian IDが必要です。このIDはサービスを利用するユーザーIDとは無関係なものであり、メッセンジャーアプリは利用にあたってメールアドレスや電話番号を必要としません。

メッセージは発信元で暗号化され、複数のノードを経由し、受信者の元に到達します。到達した時点で復号されます。発信元から受信者のもとに行くまでには多数のノードを経由しますが、ノードがメッセージを開くことは不可能です。また、多数のノードを経由するため、ネットワークの一部が監視されていたとしても、その安全性は保たれます。更に保護されたメッセージは一定時間経過後に自動的に破棄されるため、非常に安全です。

メッセージを送信する際には、画像などの添付ファイルをつけることも可能です。一般的なメールのようなものです。

2つのノードの役割

Obsidianにはサービスノードとマスターノード、2つのノードが存在します。名前を見ればだいたい分かるかと思いますが、サービスノードはサービスを提供するためのノード、マスターノードはそれを管理するためのノードです。

Proof of Stakeによる承認の仕組み

ODNを支える仕組みがProof of Stake(PoS)です。Proof of Stakeはコンセンサスアルゴリズムの一種で、通貨の保有量が多く、また保有期間が長いノードに対して、より多くの承認する権利とそれに伴う報酬を与える仕組みです。コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーンの承認に関するルールです。

コンセンサスアルゴリズムの中で最も有名で、多くの仮想通貨に取り入れられているのは、Proof of Work(PoW)です。PoWは計算能力が高いノードに承認する権利とそれに伴う報酬を与えるシステムで、ビットコインでも採用されています。

ハッキング耐性が高いなど、基本的には優れた点が多いPoWですが、一方で計算能力が低いと報酬を得られない、多くの計算を行うため電力消費量が多くなるなどの欠点があります。PoSはこのPoWの欠点を改良するために作られたシステムで、計算能力が必要なく、消費電力も少なくて済むというメリットがあります。

筆者が考えるODNの今後の将来性

現時点ではあまり将来性は無いと思います。メッセージングアプリは便利ではありますが、すでに多くの中央集権型メッセージングアプリが定着している環境を変えるほどの力はないように見えます。確かに安全性の高さは便利ではありますが、多くの人は安全性など対して気にせず、それよりも現状を変えたくないという保守性と利便性を取るのではないでしょうか。

ODNの通貨としての魅力も、これと言って見つかりません。普段遣いの決済通貨としてならすでに普及が進んでいるビットコインやビットコインキャッシュ、ライトコインなどで十分です。これと言って悪いところもない半面、これと言って特別ずば抜けたところもない現状では、十分に普及するのは難しいでしょう。

ただし、時価総額が1億円強と極めて低いため、ここから一時的に何らかの理由で暴投する可能性は多少あります。もっとも、それも開発が十分うまく行けばの話ですが……。

ODNが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに海外の複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

ODNが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Cyrptopia
  • HitBTC
0 0

この記事の共有はここから