Aeronの特徴と将来性、Aeronが購入できるおすすめの取引所

Aeronの今後の将来性

Aeron(アエロン)の概要

通貨名称 Aeron(ARN)
最大発行数 1億枚
公開日 2017年11月3日
公式サイト https://aeron.aero/
ホワイトペーパー https://aeron.aero/AeronWhitepaper.pdf

Aeronの特徴や目指しているもの

Aeron(アエロン)は航空業界が抱えている問題を解決することによって、空の旅をより安全・快適にすることを目的とするイーサリアム(ETH)ベースのトークンです。

表面的にはパイロットや航空会社の利益のために作られたものですが、彼らが利益を得ることによって、利用客もメリットを享受できます。需要拡大にも関わらず、現在でも情報が断片化されたままの部分が少なくない航空業界ですが、Aeronによって大きく改善されるかもしれません。

拡大する航空市場とAeronの魅力

グローバル化の進展や新興国の経済発展により、航空に対する需要は近年急激に増加しています。一般財団法人 日本航空機開発業界が発表したところによれば、2017年から2036年の20年間にかけて、世界のRPK(有償旅客数×飛行距離)は年平均で4.6%の伸びを示すと予測されています。

2016年時点で約7兆1200億人kmのRPKは2036年には約17兆4200億人kmになる見通しであり、特に新興国のアジア太平洋地域や中東地域などで高い伸び率が期待されています。

それに伴い、各航空会社も動きはじめています。Aeronによれば、ボーイング社の現在の航空機数は約2万1600機ですが、2037年には約2倍の4万3560機になる見通しです。安全性の上昇や航空時間の短縮など、航空機自体の進歩が航空ビジネスに対する顧客のハードルを下げ、それがさらなる需要を生むと見込まれています。

航空機は安全だが、それでも事故は起こる

このように見通しは比較的明るい航空業界ですが、現状では多くの問題を抱えています。

まずは安全性。そもそも、イメージに反して航空機は実は最も安全な移動手段の一つです。日本では1984年8月12日のJAL123便墜落事故以来、乗客が亡くなる死亡事故は一切発生していません。航空機と自動車では利用者数も違うので簡単に比較はできませんが、毎年数千人が亡くなる自動車よりははるかに安全と言えます。

それでも、世界では毎年およそ3300件の事故が発生しています。航空の需要増加に航空会社が追いつけなければ、経験の浅いパイロットが増え、人的要因による事故が増加するかもしれません。

ちなみに、アエロンによれば、航空事故が発生する原因の内訳は以下のとおりです。

人的要因:57%
技術的問題:22%
気象条件:12%
その他:9%

これを見ると、航空事故が発生する最大の原因は人的要因であることがわかります。もちろん、技術的問題や気象条件も無視できませんが、まずは人的要因による事故を減らすことが急務です。

現在の航空業界が抱えている問題点

現在の航空業界には、パイロットや事業者の不正、飛行学校の未成熟といった問題が指摘されています。
これらの問題点を改善することによって、航空という移動手段はさらに安全なものになり、それは結果として消費者、事業者、パイロットに大きな利益をもたらすことになります。そして、その役割を担うのがAeronです。

Aeronの役割

Aeronはブロックチェーン技術に基づいて、上記のような問題を解決していきます。ブロックチェーン上にフライト時間やパイロットの経歴などの重要なデータを残すため、安全な情報管理と、実用な情報の透明化を実現できます。

マルチシグを採用しているため、秘密鍵が一部流出しても、他の秘密鍵が流出しなければ情報の改ざんはできません。

Aeronのシステムの利用を希望する会社は、Aeronトークン(ARN)で支払いをします。フライト料金の支払いにARNを使えるようにする取り組みも進められています。Aeronは主に中規模の航空会社を対象としており、現在は2000を超える団体と交渉中とのことです。

筆者が考えるAeronの今後の将来性

Aeronの将来性はロードマップの内容が具体的であることから、比較的有望であると考えられます。例えば、トークンの支払いは2018年6月に実装予定です。Space社やUberなどとのコラボレーションも予定されており、これが実際に行われれば、その価値は跳ね上がるものと思われます。

一方で、アエロンのプロジェクトが他のプロジェクトと競合する可能性については注意が必要です。現状の航空業界に対して不満をいだいているのはAeronだけではありません。例えば、航空業界向けのITプロバイダーであるSITAは、ブロックチェーンとスマートコントラクトを活用して空の旅を安全にする「フライトチェーン」を進めています。航空業界がブロックチェーンを導入して環境を改善する可能性は高いですが、Aeronが採用されるのかどうかは現状では不透明です。

Aeronが日本に上場する可能性

Aeronが日本に上場する可能性は、現時点では高くありません。知名度が低く時価総額も高くはないからです。仮に上場することになってもそれはだいぶ先のことになるかと思われますので、将来性を高く評価している方にはバイナンスでの購入をおすすめします。

Aeronが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから