QSPの特徴や将来性、QSPが購入できるおすすめの取引所

QSPの今後の将来性

QSPの概要

通貨名称 QSP
最大発行数 976,442,388枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://quantstamp.com/
ホワイトペーパー https://docsend.com/view/shcsmhe

QSPの特徴や目指しているもの

QSPは、イーサリアムの特徴であるスマートコントラクトの脆弱性を発見する目的で作られたプロジェクトであり、ERC20に準拠したトークンです。

QSPのしくみ・QSPが作られたきっかけとは?

スマートコントラクトは、ビットコインよりも前から提唱されていた概念ですが、ビットコインに端を発した仮想通貨の人気高騰により、スマートコントラクトという言葉は急速に世に知られることとなりました。

しかし、2016年6月にドイツの「The DAO」と呼ばれるスマートコントラクトの技術を利用した投資サービスがハッキングにあい、50億円以上に相当するイーサリアムが盗まれてしまいました。この事件はDAOのセキュリティの脆弱性が原因でしたが、こういった事件が起こると風評被害も含め、イーサリアムの評判は悪くなります。

そこで、イーサリアムのセキュリティを監査するために生まれたのがQSPです。

監査者には報酬がもらえる!

QSPは、投資家、開発者、ユーザーの三者が検証者のネットワークを構築しています。これにより、自動的に脆弱性をチェックすることが可能なシステムになっています。
バグを発見してくれた人には報酬としてQSPを与えらえるという仕組みづくりに成功。さらにプラットフォームを完全に分散化させて、検証してくれる人には計算コストを与えています。

筆者が考えるQSPの今後の将来性

かなり目的が特化したトークンなので競合はいないと言っていいでしょう。目的もしっかりしているので、資金だけ集めてCEOが逃げ出すようなプロジェクトではありません。かなり固い、ディフェンスのトークンです。
出資している企業もしっかりした企業が多いので、ニーズがあると思われているのでしょう。現時点では一定の需要はあるものの、将来性は大いに疑問符が付きます。

QSPが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する予定はなく、QSPの取引をするのであれば海外の取引所を利用することになります。

QSPが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから