DBETは今後どうなる?DBETの特徴や使い道、将来性まとめ

DBETの特徴や将来性まとめ

DBETの概要

通貨名称 DBET(DecentBet)
最大発行数 約1億8700万枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://www.decent.bet/
ホワイトペーパー https://decent.bet/whitepaper/japanese

DBETの特徴や目指しているもの

DBET(ディセントベット)は、分散型オンラインカジノ・スポーツ賭博プラットフォーム「Decent.bet」上で使用されるイーサリアムベースのトークンです。DBETは原則としてギャンブル、もう少し具体的に言えばハウスクレジットや宝くじの購入に使用されます。

分散型オンラインカジノは競合するプラットフォームも多いですが、Decent.betは宝くじや利益の分配、慈善事業などで差別化を図っています。

現状のオンラインカジノ・スポーツ賭博の問題点

現時点でもすでにオンラインカジノやスポーツ賭博は多数存在しますが、その殆どは運営者が存在する中央集権型のものです。中央集権型のサービスは責任の所在が明確であり、運営側からサポートを受けられるなどのメリットもある一方で、手数料が高い、ゲームの結果が不透明であるなどのデメリットもあります。

特にゲームの結果の不透明さは、ユーザーにとって大きな問題です。オンラインカジノでイカサマが行われていても、ユーザー側はそれに気づくことが極めて困難なのです。大手のオンラインカジノがそのようなことをするとは考えにくいですが(イカサマで客離れが起こると困るからです)、しかし完全にありえないと言い切ることもできません。

Decent.betは、こうした現状のオンラインカジノの問題点を解決する可能性を秘めた、優秀なプラットフォームです。

Decent.betの仕組み

Decent.betは、ブロックチェーンを用いた分散型のオンラインカジノです。従来の中央集権型のオンラインカジノと異なり、明確な管理者が存在しないのが大きな特徴です。ユーザーはカジノ内トークンであるDBETを使って賭けを行い、結果に応じて配当を受け取ります。賭けの内容はブロックチェーンで管理されます。

ブロックチェーンで結果の透明性を確保

Decent.betの一番の特徴は、ブロックチェーンを使って結果の透明性を確保していることです。賭けの内容はすべてイーサリアムのブロックチェーン上に記録されるため、不正が行われていないかが外部からチェックできます。

ベットするときの手数料は無料であり、中央集権型のオンラインカジノよりも還元率が優秀なのもポイントです。

リアルカジノ並みの取引速度を実現

ブロックチェーンを用いたカジノは結果の透明性が担保される反面、取引速度に難がある物が多かったのですが、Decent.betはオフチェーンのステートチャネルを利用することでそれを解決しています。ステートチャネルとはペイメントチャネル(二者間で複数取引を行っても、ブロックチェーンへの記録は1回で済むという仕組み)を支払以外の手段に用いたシステムです。ブロックチェーンへの記録回数を抑制することによって、リアルカジノに負けない高速な取引を実現します。

宝くじによるチャンス

Decent.betが獲得した利益は3ヶ月毎にまとめられ、その利益の5%はDecent.bet上で公開される宝くじの賞金に当てられます。当選者はDBETハウスクレジットの保有者の中からランダムで選ばれ、当選者には賞金が与えられます。

利益の分配

また、上記の宝くじとは別に、Decent.betが獲得した利益はDBETハウスクレジットの保有者に、持ち分に比例するように分配されます。DBETハウスクレジットを多く保有しているほど、より多くの分配金が得られます。

寄付

さらに上記の利益の分配とは別に、Decent.betが得た利益の10%は世界中の貧しい人々に対して寄付されます。寄付金はスマートコントラクトによって完全な透明性を保ちます。

プラットフォームの公開

Decent.betは、特定のサードパーティに対してAPIを公開します。サードパーティはDecent.bet上でオリジナルコンテンツを作成、公開できます。つまり、新たなギャンブルの胴元になれるわけです。

ただし、誰でも無条件で胴元になれるわけではありません。胴元になるためには、最低でも200万DBETを保有した上で、点とする法域におけるコンプライアンスに対応した審査に通過しなければなりません。審査で危険なギャンブルは排除されるため、ユーザーは安心して遊べます。

トークンの配分とICOの結果

DBETの当初の全発行量は3億5000万枚でした。その配分は以下のとおりです。

70% ICO
10% ハウスファンド
18% 開発チーム
2% 賞金、宣伝活動などへの割当

DBETのICOは2017年9月23日~10月22日の1ヶ月間に渡って行われました。ICOでは全発行量(3億5000万枚)の約70%に当たる2億5000万枚が売りに出されましたが、実際に売れたのは約1億4400万枚でした。売れ残った分はバーンされました。

ICOによって得られた利益の配分比率は以下のとおりです。

40% 開発
25% マーケティング
25% 運営
10% 法律

筆者が考えるDBETの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性はあると考えています。分散型オンラインカジノプラットフォームはこれ以外にもLetbetやGamblica,Edgelessなど多数ありますが、Decent.betは宝くじや利益の配分などで差別化を図っています。差別化点が十分多いとは言えませんが、開発も今のところは進んでおり、可能性はあります。

ただし、現状では数多のプロジェクトの1つでしかないこともまた事実であるため、過度に期待するのは危険です。分散投資先の1つにとどめておくことをおすすめします。

DBETが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場されていますので、とりあえずそちらを利用するといいでしょう。

DBETが購入できる海外の取引所一覧

  • Bancor NetWork
  • HitBTC
0 0

この記事の共有はここから