AGIの特徴や将来性、AGIが購入できるおすすめの取引所

仮想通貨AGIとは?将来性と取引所まとめ

AGIの概要

通貨名称 AGI
最大発行数 10億枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://singularitynet.io/
ホワイトペーパー https://public.singularitynet.io/whitepaper.pdf

AGIの特徴や目指しているもの

AGIは、人工知能(AI)に特化した分散型マーケット「SingularityNET」で流通する、イーサリアムベースのトークンです。SingularityNETでは、誰でもAIを用いたサービスを作成し、共有し、収益化できるようにすることを目指しており、それぞれの企業や個人が開発したAI同士を容易に連携できます。

SingularityNETの基本的な仕組み

SingularityNETはAI同士のコミュニケーションを促進し、AIをより効果的に成長・発展させるためのプラットフォームです。様々なシステムや組織が連携する能力を相互運用性といいますが、SingularityNETはAIの相互運用性を向上させるための大変便利な道具であると言えます。

SingularityNETは誰でもAIにアクセスしたり、開発のステークホルダーになったりできるプラットフォームです。参加者は、SingularityNETを通じてAIを自由に取引できるようになり、AIの更なる機能向上が期待されます。

筆者が考えるAGIの今後の将来性

現時点では判断ができません。AIという技術自体はとてつもない将来性を秘めていますが、その不確定要素の大きさゆえに規制される可能性もあるからです。世界的な物理学者のスティーブン・ホーキング博士は「完全な人工知能の開発は、人類の終焉を意味するかもしれない」というコメント残しています。人間をも超えた人工知能が、人間を不要な存在とみなし、排斥するかもしれない、ということです。

一方で、アレン人工知能研究所のCEOオレン・ エツィオーニ氏は「私は人工知能を恐れていませんし、みなさんも恐れる必要はありません」と発言しており、詳しい人間であってもそれに対する見方にはかなりの温度差があります。しかし、AIの発展に対して危機感を持つ人が一定数要るのは事実であり、彼らの声が大きくなった場合に、AI開発そのものが強力に規制される可能性があります。

AGIの将来性はSinguralityNETではなく、AIそのものが握っていると考えた方がいいでしょう。

AGIが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所の中に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

AGIが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから