仮想通貨AGIとは?AGIの今後の将来性と購入できる取引所まとめ

仮想通貨AGIとは?将来性と取引所まとめ

AGIの概要

通貨名称 AGI(SingularityNET)
最大発行数 10億枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://singularitynet.io/
ホワイトペーパー https://public.singularitynet.io/whitepaper.pdf

AGIの特徴や目指しているもの

AGI(シンギュラリティネット)は、AIに特化した分散型マーケット「SingularityNET」上で使用されるイーサリアムベースのトークンです。誰でもAIを用いたサービスを作成し、共有し、収益化できるようにすることを目指しており、それぞれの企業や個人が開発したAI同士を容易に連携できます。

プロジェクトのCEOであるベン・ゴアールツル氏は世界最先端の人工知能アンドロイド「ソフィア」の設計に大きく寄与した開発者の1人であり、高い技術力に注目が集まっています。

そもそもAIってなんだ?

AIとは日本語に訳せば人工知能、すなわち人工的に生産された知能です。人工知能には概念的な意味も込められており、明確に定義されているわけではありませんが、大まかに言えば「人間の知的な営みをコンピュータで再現したもの」です(研究者によってこのあたりの細かい考え方は異なります)。社会に存在する課題の解決、あるいは価値創造の手段として、今注目を集めています。

AIと従来のコンピュータの違いは、学習能力の有無です。従来のコンピュータは人間に指示された命令をこなすだけの存在でしたが、人工知能は与えられたルール、情報などを元に、自ら判断を行い、しかもその中で成長していきます。逆に言えば、AIを成長させるためには、学習をさせる必要があります(このあたりは人間と同じです)。

すでに我々の生活を支え始めているAI

AIはすでに我々の生活に入り込み始めています。例えば、身近なところでは、ルンバを始めとするお掃除ロボットにも人工知能が搭載されています。お掃除ロボットは内蔵されたセンサーが間取りや家具の配置などを把握し、学習することによって、より効率的に知能を高めています。

また、一部の大手企業は、オペレーターにAIを導入しています。チャット形式で顧客の質問に答えていく、という形式のものが多いですが、音声入力に対応しているものもあります。

今はまだ人間がAIを教育していますが、AIがAIを教育するようになり、それに伴い進化のペースは飛躍的に向上する可能性があります。AI研究の権威であるレイ・カーツワール氏を筆頭とするいくらかの科学者たちは、2045年頃に人工知能が人間の知能を凌駕する「Singularity」に到達すると考えています。

このように、すでに活用が始まり、その成長スピードも期待されるAIですが、現状では統一されたプラットフォームがなく、それぞれの企業や個人が独自に開発しています。個々のAIの能力は高くとも、連携が十分に取れていない状態が続いています。

SingularityNETはこうしたバラバラに存在するAI同士のコミュニケーションを促進し、AIをより効果的に成長・発展させるためのプラットフォームです。様々なシステムや組織が連携する能力を相互運用性といいますが、SingularityNETはAIの相互運用性を向上させるための大変便利な道具であると言えます。

SingularityNETの基本的な仕組み

SingularityNETは誰でもAIにアクセスしたり、開発のステークホルダーになったりできるプラットフォームです。企業、個人、組織は、SingularityNETを通じてAIを自由に取引できます。AIが市場内で取引されることによってAIの機能は更に高まります。

また、AIが様々な個人や企業の手に渡ることによって、特定の業界内だけで使用されるAIがサイロ内に存在する必要もなくなります。開発者はAIを資産として収益化し、独自の情報を与えることによって価値を創出します。

SingularityNETを迅速かつ快適に動かすためのトークンがAGIです。AGIはAIの交換に必要な燃料のようなものです。SingualityNET内で取引されるAIの量が増えれば増えるほど、AGIの価値は高まっていきます。

AGIという名称の由来

AGIはArtificial General Intelligence(汎用人工知能)の略です。人工知能には特定の機能に特化したNarrow AI(特化型人工知能)と、人間のような汎用的な能力を持つAGIがあり、Singularityは主に後者を作ることを目的としているため、このような名前がつけられたようです。

筆者が考えるAGIの今後の将来性

現時点では判断ができません。AIという技術自体はとてつもない将来性を秘めていますが、その不確定要素の大きさゆえに規制される可能性もあるからです。世界的な物理学者のホーキング博士は「完全な人工知能の開発は、人類の終焉を意味するかもしれない」というコメント残しています。人間をも超えた人工知能が、人間を不要な存在とみなし、排斥するかもしれない、ということです。

一方で、アレン人工知能研究所のCEOオレン・ エツィオーニ氏は「私は人工知能を恐れていませんし、みなさんも恐れる必要はありません」と発言しており、詳しい人間であってもそれに対する見方にはかなりの温度差があります。しかし、AIの発展に対して危機感を持つ人が一定数要るのは事実であり、彼らの声が大きくなった場合に、AI開発そのものが強力に規制される可能性があります。

AGIの将来性はSinguralityNETではなく、AIそのものが握っていると考えた方がいいでしょう。

AGIが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所の中に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

AGIが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Kucoin
  • Liqui
0 0

この記事の共有はここから