ACTの特徴や将来性、ACTが購入できるおすすめの取引所

ACTの特徴・将来性を解説

ACT(アチェイン)の概要

通貨名称 ACT(Achain)
最大発行数 10億枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://www.act.foundation/
ホワイトペーパー なし

ACTの特徴や目指しているもの

ACT(アチェイン)は、情報や価値の交換のためのプラットフォーム「Achain」上で使用されるトークンです。開発者はAchain上でトークンを発行したり、アプリケーションやブロックチェーンシステムを構築したりできます。

イーサリアムと類似している点も多いですが、Achainはより技術がないユーザーを重点的にサポートすることで差別化を図っています。

ブロックチェーンの利便性と難点

ブロックチェーン技術についてはすでにご存知の方も多いかと思いますが、簡単に言えば大量のデータを効率よく管理し、不正や改ざんを防ぐための技術です。トランザクション(個別の取引)を一定時間ごとに生成されるブロックと呼ばれる電子的な容器に格納し、各ブロックを時系列順に鎖(チェーン)でつないでいきます。ブロックをチェーンでつなぐからブロックチェーンです。
》ブロックチェーンについての解説記事はこちら

ブロックチェーンのブロックに格納されたデータは改ざんが極めて難しいため、企業や公的機関などにも着目されています。金融のみならず、医療や流通など、幅広い分野での導入が期待されています。ビットコインを始めとする仮想通貨もブロックチェーンに支えられています。

一方で、新興技術であるブロックチェーンには課題も少なくありません。その中でも特に大きいのが、技術的な難しさです。ブロックチェーンの基本的な理論は比較的単純ですが、実際にそれを形にするのは簡単なことではありません。いくら素晴らしい技術であっても、実際に使われなければそれは存在していないのと同じことになってしまいます。

このブロックチェーンをより身近で使いやすい技術にするのが、Achainというプラットフォームです。

Achainでできること

開発者は、Achainのプラットフォーム上で独自トークンやスマートコントラクトを作成したり、アプリケーションやブロックチェーンを提案したりします。他の開発者や一般ユーザーは彼等が提案した独自トークンやアプリケーションに対して、ACTを使って投票を行います。

投票の数が一定数に達した場合、開発者のもとに資金が提供され、開発者は心置きなく開発ができます。ユーザーの立場から見た場合は、「良いもの」を作ってくれそうな開発者に対して資金を提供するシステムと言えるでしょう。

Achainの三段階開発計画

Achainは開発を

  • シンギュラリティ
  • ギャラクシー
  • コスモス

という3つのフェーズに分類しています。

2018年6月時点では第一フェーズの「シンギュラリティ」に該当します。

シンギュラリティ

シンギュラリティとは日本語に訳せば「技術的特異点」です。技術的特異点とは、簡単に言えば人工知能が人間より賢くなり、大きく生活が変わるようになる点のことです。Achainも人工知能のように、人間の生活を大きく変える可能性を秘めています。

シンギュラリティフェーズでは、スマートコントラクトネットワークを構築することによって、Achainの安全性と安定性を確保します。具体的には、スマートコントラクトの構築とサンドボックスシミュレーションの利用を行います。

スマートコントラクトとはブロックチェーン上に契約の定義とそれが実行される条件を書き込むことによって、契約を自動化する仕組みです。イーサリアムでも採用されている将来有望な技術です。
》スマートコントラクトについての解説記事はこちら

サンドボックスシミュレーションとは、新規作成されたスマートコントラクトが正常に動作するか自動でテスト・監視するシステムです。このシステムにより、スマートコントラクトに馴染みがない人でも、穴のない契約を結ぶことができます。

すべての人に公開されているパブリックブロックチェーンであるAchainは、常に攻撃の危険性にさらされることになります。こうした攻撃から身を守り、システムを安全に保つための、ある意味では最も重要なフェーズです。

ギャラクシー

ギャラクシーは日本語に訳せば「銀河」です。ギャラクシーフェーズでは、ネットワークの分岐と構築を行います。様々なアプリケーションに対応するために、ブロックチェーンを複数のサブチェーンに分岐させます。相互接続性と低コスト、カスタマイズされたブロックチェーンネットワークという3つの特徴を持つサブチェーンが、Achainの可能性を大きく広げます。

コスモス

コスモスフェーズでは、相互接続されたネットワークの構築を行います。メインチェーンとサブチェーンを接続し、さらに非ブロックチェーン情報をブロックチェーンに接続します。

筆者が考えるACTの今後の将来性

現時点ではそれなりには将来有望と考えています。使いづらいブロックチェーンを使いやすくするという試みには大いに意義がありますし、ロードマップもそれなりに書けています。2016年には中国の革新的なブロックチェーン技術を競うコンテストで優勝しており、外部からの評価も得ています。

ただ、このような「ブロックチェーンをより使いやすいものにする」というプロジェクトはすでに多数存在しており、それとの差別化は今のところ不十分と言わざるを得ません。特に時価総額2位であり、強大なライバルでもあるイーサリアムとの差別化は今後避けては通れない道になりますので、これをどうクリアするかが注目されます。

ACTが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。早めに購入したい場合は日本の仮想通貨取引所の利用をおすすめします。

ACTが購入できる海外の取引所一覧

  • Huobi
  • Allcoin
0 0

この記事の共有はここから