ACTの特徴や将来性、ACTが購入できるおすすめの取引所

ACTの特徴・将来性を解説

ACTの概要

通貨名称 ACT
最大発行数 10億枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://www.achain.com/
ホワイトペーパー

ACTの特徴や目指しているもの

ACTは、情報や価値の交換のためのプラットフォーム「Achain」上で使用されるトークンです。開発者はAchain上でトークンを発行したり、アプリケーションやブロックチェーンシステムを構築したりできます。

イーサリアム(ETH)と類似している点も多いですが、Achainはより技術がないユーザーを重点的にサポートすることで差別化を図っています。

ブロックチェーンの利便性と難点

ブロックチェーンのブロックに格納されたデータは改ざんが極めて難しいため、企業や公的機関などにも着目されています。金融のみならず、医療や流通など、幅広い分野での導入が期待されています。ビットコインを始めとする仮想通貨もブロックチェーンに支えられています。

一方で、新興技術であるブロックチェーンには課題も少なくありません。その中でも特に大きいのが、技術的な難しさです。ブロックチェーンの基本的な理論は比較的単純ですが、実際にそれを形にするのは簡単なことではありません。いくら素晴らしい技術であっても、実際に使われなければそれは存在していないのと同じことになってしまいます。

このブロックチェーンをより身近で使いやすい技術にするのが、Achainというプラットフォームです。

Achainでできること

開発者は、Achainのプラットフォーム上で独自トークンやスマートコントラクトを作成したり、アプリケーションやブロックチェーンを提案したりします。他の開発者や一般ユーザーは彼等が提案した独自トークンやアプリケーションに対して、ACTを使って投票を行います。

投票の数が一定数に達した場合、開発者のもとに資金が提供され、開発者は心置きなく開発ができます。ユーザーの立場から見た場合は、「良いもの」を作ってくれそうな開発者に対して資金を提供するシステムと言えるでしょう。

筆者が考えるACTの今後の将来性

現時点ではそれなりには将来有望と考えています。使いづらいブロックチェーンを使いやすくするという試みには大いに意義がありますし、ロードマップもそれなりに書けています。2016年には中国の革新的なブロックチェーン技術を競うコンテストで優勝しており、外部からの評価も得ています。

ただ、このような「ブロックチェーンをより使いやすいものにする」というプロジェクトはすでに多数存在しており、今のところその差別化は不十分と言わざるを得ません。特に強大なライバルでもあるイーサリアムとの差別化は今後避けては通れない道になりますので、これをどうクリアするかが注目されます。

ACTが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。早めに購入したい場合は海外の仮想通貨取引所の利用をおすすめします。

ACTが購入できる海外の取引所一覧

  • bitINKA
  • BTCTRADE.IM
  • COBINHOOD
  • COINEGG
  • Huobi
  • Kucoin
  • OKEX
0 0

この記事の共有はここから