SKBの特徴や将来性、SKBが購入できるおすすめの取引所

SKB

SKB(SKBCoin/エスケービーコイン)の概要

通貨名称 SKB(SKBCoin/エスケービーコイン)
最大発行数 60億枚
公開日 2018年5月
公式サイト https://www.skb-coin.jp/
ホワイトペーパー

SKBの特徴や目指しているもの

SKBは、日本発の仮想通貨です。株式会社NEGTECという企業によって提供されており、決済などに使用できます。

SKBの仕組み

SKBはイーサリアムベースのトークンであり、「ポイント」「割引券」「商品券」を利用するすべての人を対象としています。利用者はSKBを各々の目的別に使用できます。各利用者が好きなように利用することによって価値が上昇し、それがより多くのサービスを提供することに繋がります。

トークンは全量が発行済

SKBの総発行枚数は60億枚です。ビットコイン(2100万枚)やライトコイン(8400万)と比べるとかなり多いですが、すでに全てが発行済であり、そのうちの70%(42億枚)は、市場に流通しています。これは「ポイント」「割引券」「商品券」と同じような扱いを受けるものとなり、仮想通貨取引所を通じて自由に売買されています。

全体の15%(9億枚)は、プロジェクトチーム及び関係者に配布されています。将来の成功には重要人物や重要な会社の貢献が欠かせないため、その見返りとしてSKBを支払っています。全体の10%(6億枚)は会社の一般支出用、残る5%(3億枚)はプールされています。

SKBの将来性

現時点では、あまり期待していません。仮想通貨自体の性能にこれと言った特徴もなく、マーケティングも現時点ではうまく言っているようには見えないため、将来性には乏しいと思われます。

SKBが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

SKBが購入できる海外の取引所一覧

  • Coinbene
  • Mercatox
0 0

この記事の共有はここから