FOTAの今後の将来性とFOTAが購入できるおすすめの取引所

FOTA

FOTAの概要

通貨名称 FOTA(Fortuna/フォーチュナ)
最大発行数 10億枚
公開日 2018年2月
公式サイト https://www.fota.io/
ホワイトペーパー https://img1.fota.io/fortuna/M00/00/05/rB8Ry1s6I1GAbqxNAC3YROuU_-U151.pdf

FOTAの特徴や目指しているもの

FOTAは、仮想通貨のOTCデリバティブ市場創生プロジェクト「FORTUNA」上で使用される仮想通貨です。今までにないDPOSAという独自性の高いコンセンサスアルゴリズム、構造化されたスマートコントラクト、デジタル証拠金勘定監督などにより、市場の健全性を保ちつつ、利便性を確保します。

OTCデリバティブとは?

OTCデリバティブとは、店頭取引によって取引される先物取引やオプション取引などの金融派生商品(デリバティブ)を指します。店頭取引とは、仲介業者を挟まず、証券会社などの当事者と直接取引する仕組みのことです。それに対して、証券取引所や金融取引所などの公開市場を仲介して行う取引を取引所取引といいます。

OTCデリバティブのメリットは、店頭取引であるがゆえに自由に契約の内容を決められることです。条件を事細かに指定できるのは、取引所取引にはない大きなメリットと言えます。

一方、デメリットは、契約内容が自由であるがゆえに市場価格から乖離した価格で取引されやすいことや、公開市場を通さないために透明性が低く、犯罪の温床になりやすいことです。このようなデメリットがあるため、投資家が要請した場合を除いて、金融機関側からの勧誘が禁止されています。

FortunaはこのようなOTCデリバティブのデメリットをできる限りカットし、なおかつメリットを最大限享受できる仕組みを構築する、新しいプラットフォームです。

Fortunaの仕組み

FortunaはOTCデリバティブをより公平で透明性の高いものにするプラットフォームです。自由度の高い契約の作成、適切な価格の見積もり、取引や精算などの業務効率の改善をサポートすることを目指します。価値の交換媒体にはFOTAを使用します。

DPoSAとは

FortunaはコンセンサスアルゴリズムにDPoSAを採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、主に分散型仮想通貨の世界において、誰が承認を行い、報酬を受け取るのかについてまとめたルールブックのようなものです。

DPoSAはPoSから発展したDPoSを更に発展させたものです。大元であるPoSは、仮想通貨の保有量によって承認の権利を振り分けるという仕組みです。多額の仮想通貨を持っている人には高い頻度で、少額しか持っていない人には低い頻度で、承認及び報酬を受取る権利が与えられます。ビットコインなどで採用されているPoWと比べると消費電力量が少なく、少額保有者でもマイニングに参加できるという点で優れていますが、一方で通貨の流動性が下がるという欠点もあります。

アクティブなユーザーにより多く振り分けられる

そしてDPoSAはユーザーがプラットフォーム上でどの程度アクティブに行動しているかを反映する指数が導入されており、それに伴って投票権が振り分けられます。DPoSAによって選ばれた承認者は、ブロックが生成される前に、3分の2以上による合意を形成します。3分の1以上の離反者がでない限り、常にブロックは健全に生成されます。DpoSと比べると分散度合いが高く、それでいてコストの少なさなどのメリットはしっかりと享受できる、優れた仕組みです。

筆者が考えるFOTAの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。仮想通貨をOTCデリバティブで取引するメリットが、あまりないように感じられるからです。そんな面倒なことをしなくても、普通に取引所で買えばいい、と考える人が大半なのでは……?と思います。

FOTAが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

FOTAが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから