EDNの今後の将来性とEDNが購入できるおすすめの取引所

EDN

EDNの概要

通貨名称 EDN
最大発行数 10億枚
公開日 2018年9月
公式サイト https://www.edenchain.io/
ホワイトペーパー

EDNの特徴や目指しているもの

EDNは、企業にブロックチェーン導入を促すプラットフォーム「Eden」上で使用される仮想通貨です。Edenの主な機能は「資産のトークン化・取引」と「ICOプラットフォーム」であり、企業はEdenを通じて気軽にブロックチェーン技術のメリットを享受できます。

企業はなぜブロックチェーンを導入しないのか?

データの改ざんを防ぐ技術として注目を集めている「ブロックチェーン」。ビットコインをはじめとする仮想通貨の根幹を成す技術であり、「仮想通貨はブロックチェーンを使っているので信頼できる」という人はもちろん、「仮想通貨の将来性は認めないが、ブロックチェーンは将来有望である」という人も少なくありません。

にもかかわらず、現状多くの企業はブロックチェーンの導入に対して消極的です。ブロックチェーンという技術そのものは優秀であるにもかかわらず、導入はあまり進んでいない背景には、どのような理由があるのでしょうか。

ブロックチェーンに対する理解の欠如

ブロックチェーンの導入が進まない最大の理由は「ブロックチェーンに対する理解、及び教育の欠如」であると考えられます。ブロックチェーンとはそもそも何なのか、何ができるのかがよくわかっていないから導入が進まない、というわけです。

ブロックチェーンは優れた技術ではありますが、何にでも使える万能な技術というわけではありません。例えば頻繁に取引され、なおかつトランザクションの確定時間に厳密さが要求されるような環境には不向きとされています。このようなブロックチェーンの特徴を知らないまま導入しようとして挫折し、撤退する企業は少なくありません。

開発・運用費用の問題

2つ目の理由はコストです。どんなに優れた技術であっても、それを導入するのにあまりにも多額の費用がかかってしまうというケースでは、そもそも導入ができません。ブロックチェーンを導入するコストは大きく開発費用と運用費用に分けられますが、特に開発費用の高さは問題です。

Edenはブロックチェーンの導入を阻むこれらの問題を解決する可能性を秘めています。

Edenの仕組みと特徴

Edenは、企業にブロックチェーンの導入を促すプラットフォームです。企業はプラットフォーム上でありとあらゆる資産をトークン化して取引できるだけではなく、「HelloEden」を通じてICOも実施できます。

資産のトークン化とは

資産のトークン化とは、現実に存在する株式や債券など資産の所有権をブロックチェーン上でデジタル化することです。トークンを持っている人が、その資産の所有者であるとみなされます。

資産をデジタル化すると、流動性の劇的な向上が期待できます。例えば単価が高く、そのままでは市場でなかなか取引されない資産を多数のトークンに分割して購入単価を低くすれば、買い手が付きやすくなり、流動性が向上します。デジタルデータなので、国境を超えた取引も可能です。

さらに、トークンをデジタル化することにより、取引コストを削減できます。トークン化してブロックチェーン上で取引してしまえば、取引で発生するのは僅かな取引手数料のみです。取引を安価で、なおかつ安全に行えるのが、ブロックチェーンの特徴です。

ICOがやりやすくなる

これまでのICOプラットフォームは使いづらかったり、利用料が高かったりするものも多かったのですが、EdenのICOプラットフォーム「HelloEden」はとても使いやすくなっています。中小企業でも、コスト面を気にせずに利用できます。

中でも注目の機能が法律、マーケティングPRなどの専属サポートが付くことです。小難しいことは専属サポートに任せられるため、十分な人材が確保できない中小企業であっても、比較的気軽にICOが実施できるのです。

筆者が考えるEDNの今後の将来性

現時点では、それなりに期待しています。ブロックチェーンの普及に是非貢献してもらいたいものです。

EDNが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

EDNが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから