TGTの特徴や将来性、TGTが購入できるおすすめの取引所

TGT

TGTの概要

通貨名称 TGT
最大発行数 約20億枚
公開日 2017年7月
公式サイト https://www.tgtcoins.com/
ホワイトペーパー https://docs.wixstatic.com/ugd/c281dc_6e00ec5ef9534f81b78bffc4ff24700d.pdf

TGTの特徴や目指しているもの

TGTは、革新的な技術と画期的な戦略によって、投資につきまとうリスクを軽減することを目的に2017年7月に公開された仮想通貨です。スマートコントラクトや人工知能による学習が特徴です。

投資の世界における「リスク」の意味

投資の世界においてリスクとは、リターンの変動幅のことを指します。日常生活では危険性のことをリスクということが多いですが、投資の世界ではまた別の意味を持つのです。

リターンが予め決められている預金や国債は「リスクが低い」ということができますし、株式や投資信託などはそれらと比べると「リスクが高い」といえます。同じ株式の中でもリスクの大小はあります。例えば大企業の株式とベンチャー企業の株式を比較した場合、後者のほうが値動きが激しくハイリスク・ハイリターンであると言えます。

TGTはこうした投資の「リスク」を減らすための仮想通貨であり、独自の革新的かつ画期的なビジネスモデルによってリスクの少ない、それでいて十分なリターンが得られる投資を実現します。

高い利益率を実現するファンド

TGTはクローズエンドファンドの一種です。クローズエンドファンドとは、ファンドの中でも資産を取り崩すことができないタイプのものです。これに対して、解約できるものをオープンエンドファンドといいます。クローズエンドファンドは流動性が低く、頻繁に時価評価をすることが難しい資産に対して投資を行う場合に用いられます。

TGTCoinはICOの販売期間中にのみトークンを発行し、それ以外の時間は常に閉鎖しています。投資家は仮想通貨取引所などのオープンマーケットでコインを譲渡して取引することができます。

スマートコントラクトで利益を配分

TGTでは、スマートコントラクトによって利益を配分します。投資家はバックトークンと呼ばれるトークンを購入することによって、四半期に得られた利益の85%を共有することができます。

TGTの需要に変化があった場合、開発者が市場の流動性と市場優位性を引き上げられると判断すれば、追加資本を引き上げる予定です。また、TGTの開発チームは全体の13%に相当する2億6000万TGTを、プレICOに酸化した投資家は20%に相当する4億TGTを保有しています。

筆者が考えるTGTの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。これに投資するお金があるのならば、他の銘柄に回すことを個人的にはおすすめします。

TGTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

TGTが購入できる海外の取引所一覧

  • Coin exchange
  • Ether Delta
  • HITBTC
0 0

この記事の共有はここから