ATBの今後の将来性とATBが購入できるおすすめの取引所

ATBの今後の将来性とATBが購入できるおすすめの取引所

ABTの概要

通貨名称 ATB
最大発行数 3億枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://atbcoin.com/
ホワイトペーパー https://atbcoin.com/docs/ATBCoin_WhitePapper_EN.pdf

ATBの特徴や目指しているもの

ATBは、アメリカのATBCOIN LLC が開発した仮想通貨です。ほぼ0円の送金手数料と高速送金、高い安全性が特徴であり、その仕組みから少額決済(マイクロペイメント)に向いた仮想通貨と言われています。決済手段としては総じてビットコインよりも優秀であり、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の仕組みを採用しているため、個人でもマイニングに参加できます。

決済系仮想通貨の問題点:送金手数料の高止まり

仮想通貨の中でも特に決済に特化したものを、決済系仮想通貨といいます。具体的にはビットコイン、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュなどが該当します。多くの機能を持たないシンプルさとわかりやすさから今も仮想通貨市場の中心を占めていますが、一方でこれら既存の決済系仮想通貨は送金手数料や送金時間に問題を抱えている物が少なくありません。

例えばビットコインは、送金手数料が当時の時価総額で1000円を超えたことがありました。送金能力に対して送金ニーズが高くなりすぎ、安い送金手数料では承認してもらいづらくなったことが主な原因です。

決済系仮想通貨の問題点:送金遅れの拡大

送金ニーズの高まりは送金遅れにも繋がります。ビットコインの送金完了までには平均して1時間がかかりますが、送金ニーズが高まった場合、数時間、あるいは1日以上かかることもありますが、現状のビットコインではこれが限界なのです。ビットコイン以外の決済系仮想通貨の大半も、似たような悩みを抱えています。

ATBはそうした悩みを解決する可能性を秘めた優秀な決済系仮想通貨です。

ATBの主な特徴

ATBの主な特徴を見てみると、(1)送金手数料が安い(2)送金が早い(3)安全性が高い(4)個人でもマイニングできる 4点です。それぞれの特徴を詳しく見てみましょう。

取引手数料はビットコインの10分の1以下に

ATBの最大の特徴は、送金手数料が安いことです。公式サイトでは、ビットコインやライトコイン、モナコインなどの主要な決済系仮想通貨と比べて、平均送金手数料が10分の1以下になると解説されています。

そのため、マイクロペイメントとの相性が非常に良好。元来ビットコインもマイクロペイメントとの相性は悪くないのですが、ATBはそれ以上に良好であることが魅力です。

送金スピードはビットコインの4倍以上に

ATBのブロック生成間隔は2.5分です。ビットコインのブロック生成間隔は10分なので、ATBの方が4倍も速いということになります。ブロックサイズは4MBで、ビットコインの1MBと比べるとこれまた4倍です。

ブロック生成時間が短く、ブロックサイズも大きいので、取引数が多すぎてブロックの中に取引が収まりきらなくなる「スケーラビリティ問題」は極めて起きづらくなっています。いつでも速い送金速度を保てるというのは、ビットコインと比べたときの優位の1つと言えます。

複数の暗号化アルゴリズムを採用しているので安心

ATBは、あるデータを暗号化するための手段である暗号化アルゴリズムとして、ECDSAとSHA-256という複数の暗号化アルゴリズムを採用しています。

1つはECDSAと呼ばれるもので、公開鍵と秘密鍵、署名を使い、システム上の全てのコインに組み込むものであり、もう1つのSHA-256はビットコインをはじめとする多くの仮想通貨で採用されているベーシックな暗号化アルゴリズムです。2つの暗号化アルゴリズムにより、ユーザーのプライバシーや匿名性の確保に貢献しています。

計算競争がないので個人でもマイニングできる

ATBはコンセンサスアルゴリズムに、通貨の保有量に応じてマイニングの権利が当選する「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」を採用しています。通貨をたくさん保有している人は頻繁にマイニングができますし、少数しか持っていない人でも時々はマイニングができます。

現状、多くの決済系仮想通貨は、マイニング方法として計算競争に勝ったものがマイニングの権利を得る「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」を採用しています。この方法は計算競争であるがゆえにマイニングの寡占化が進みやすく、個人では巨大なマイニングプールに太刀打ち出来ないという欠点があります。

PoSはその欠点を克服しており、より高度に分散化が図れます。PoSにも固有の弱点(通貨を保有するほうが有利になるので、通貨の流動性が低くなる)はありますが、それでも長所が多く、時価総額ランキング2位のイーサリアムもPoWからPoSへの以降を予定しています。

ATBは主要な決済系仮想通貨よりも、先進的な仕組みを取り入れていると言えるでしょう。

筆者が考えるATBの今後の将来性

現時点では、あまり将来性はないと考えています。確かに機能自体は主要な決済系仮想通貨よりも優れている一方、知名度があまりにも低すぎる点がネックとなります。

機能が優れているものが必ずしも市場で定着するわけではないことは、過去にも度々実証されています。いくらいいものであっても、知られなければ使われません。各仮想通貨企業もまずは主要な仮想通貨を定着させることを優先しているようですし、ATBはその中に入れてもらえなそうです。

ATBが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入しましょう。

ATBが購入できる海外の取引所一覧

  • Exrates
  • TopBTC
  • YoBit
0 0

この記事の共有はここから