匿名通貨XSTの特徴や問題点と今後の将来性

匿名通貨XSTの特徴や問題点と将来性を解説

XSTの概要

通貨名称 XST(Stealthcoin)
最大発行数 2070万枚
公開日 2014年7月
公式サイト https://www.stealthcoin.com/
ホワイトペーパー https://stealth.org/

XSTの特徴や目指しているもの

XST(ステルスコイン)は、2014年7月に誕生した、比較的古い匿名通貨の1つです。XST用のウォレットがインストールされたスマートフォンのSMS機能を使って送受金を行うという一風変わった仕組みを導入しています。

比較的歴史があるにもかかわらず、時価総額や知名度は匿名通貨の中でも最低クラス、公式からの情報提供もかなり少なく、投資のリスクは高いですが、見方を変えれば価格上昇の余地が大きいとも言えます。

匿名通貨って何?

匿名通貨とは、簡単に言えば、仮想通貨の中でも特に匿名性が高いものの総称です。明確な定義はありませんが、一般的にビットコインは匿名通貨には含まれません。

ビットコインは、その取引内容がすべてブロックチェーン上のブロックに記載され、その情報は第三者に対して公開されています。ビットコインの取引にはビットコインアドレスを使うため、通常はそこから個人情報が流出することはないのですが、仮にビットコインアドレスと個人情報が紐付けられてしまった場合、すべての取引が第三者に筒抜けになります。

匿名通貨はこのような事態が起こらないように、取引の一部、もしくはほぼすべてを高度に匿名化しています。送金履歴だけを隠すような匿名通貨もあれば、送金数量やアドレスなども隠せる匿名通貨もあります。匿名化のために採用している技術も様々です。

XSTの仕組み

XST(Stealthcoin)は、TORプライバシーシステムという仕組みによって匿名化を実現しています。TORとは、匿名で通信を行うためのシステム、ソフトウェアのことです。もともとはアメリカ政府が主動したプロジェクトであり、オープンソース化されたあとも多くのスポンサーや寄付の支えを受けながら開発されています。

TORの基本的な仕組みは、ユーザーの手元のコンピュータから目的となるサーバーまでの通信経路に、多数のTORネットワーク上のコンピュータを中継地点として挟む、というものになっています。通信をするときに多数のコンピュータを経由させ、さらにそのログを残さず、出口以外をすべて暗号化することによって、通信の匿名性を確保します。TORネットワーク上のコンピュータは有志によって運営されており、その数は6000以上あると言われています。

TORは完全な匿名性を確保するためのソフトウェアではありませんが、それに近い匿名性を確保することは可能です。

XSTが採用するコンセンサスアルゴリズム「qPOS」とは

XSTは、コンセンサスアルゴリズムにqPOSを採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、取引の正当性を確認する人の決め方のことです。XSTやビットコインなどの分散型の仮想通貨には、中央管理人がいません。こうした仮想通貨の取引の正当性は、ユーザーの誰かが確認しなければなりません。コンセンサスアルゴリズムはこの作業を誰に任せるかというルールブックです。

有名なコンセンサスアルゴリズムにはPoWやPoS、PoIなどがあります。qPOSは概ねPOSと同じものです。

POSは仮想通貨の保有量が多い人に優先的に正当性を確認し、ブロックチェーン上に記帳する(承認する)権利を与える仕組みです。保有量が多い人は頻繁に承認する権利が得られますが、保有量が少ない人はたまにしか得られません。

承認をすると報酬が受け取れるため、保有量が多い人ほど多くの報酬が得られる、とも言えます。計算競争を生むPoWと比べると電力消費が少なく、保有量が少ない人でも報酬を得る機会が得られるため、ある程度は公平です。

XSTのプレマインは全体の1%

XSTのプレマインは全体の1%と、比較的少なめです。プレマインとは、事前に行われるマイニング(記帳)のことです。一般のユーザーによるマイニングに先立って行われ、開発者やその関係者など限られた人のみが参加できます。

主にコミュニティの維持や開発者の利益確保のために行われるものですが、一般ユーザーからは利益の独占であると批判されることも少なくありません。XSTはプレマインを少なくすることによって、こうした批判を避けています。

XSTは時価総額が非常に低い

XSTは数ある仮想通貨の中でも、時価総額が最低クラスに少ないです。2018年8月13日午前7時時点でのCoinMarketCapでの時価総額ランキングは661、金額にして約3億3300万円です。ビットコインの約4万分の1、メジャーな匿名通貨であるDASHの500分の1という凄まじさであり、草コインの中でもマイナーな存在です。こうしたコインは良く言えば伸びしろが大きい、悪く言えば不確定要素が非常に大きいコインですので、注意が必要です。

筆者が考えるXSTの今後の将来性

現時点では期待できないと考えています。誕生から4年も経っている割に時価総額が低すぎますし、Twitter(URL:https://twitter.com/stealthsend)もほとんど更新されていません。匿名通貨はライバルも多いですし、匿名通貨自体のリスクもあります。匿名通貨はその匿名性の高さ故に犯罪行為に使われるリスクが高く、国家からより厳しい規制がかかる可能性が高いです。個人的には投資はあまりおすすめしません。

XSTが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

XSTが購入できる海外の取引所一覧

  • Bittrex
  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから