XSTの特徴や将来性、XSTが購入できるおすすめの取引所

匿名通貨XSTの特徴や問題点と将来性を解説

XSTの概要

通貨名称 XST
最大発行数 2070万枚
公開日 2014年7月
公式サイト https://www.stealthcoin.com/
ホワイトペーパー

XSTの特徴や目指しているもの

XSTは2014年7月に誕生した、比較的古い匿名通貨の1つです。XST用のウォレットがインストールされたスマートフォンのSMS機能で送受金をする、一風変わった仕組みを導入しています。

比較的歴史があるにもかかわらず、時価総額や知名度は匿名通貨の中でも最低クラス、公式からの情報提供もかなり少なく、投資のリスクは高いですが、見方を変えれば価格上昇の余地が大きいとも言えます。

XSTの仕組み

XSTは、匿名通信をするためのソフトウェアであるTORを活用することで匿名化を実現しています。もともとはアメリカ政府が主動したプロジェクトであり、オープンソース化されたあとも、多くのスポンサードや寄付を受けながら開発されています。

TORの基本的な仕組みは、ユーザーの手元のコンピュータから目的となるサーバーまでの通信経路に、多数のTORネットワーク上のコンピュータを中継地点として挟む、というものになっています。通信をするときに多数のコンピュータを経由させ、さらにそのログを残さず、出口以外をすべて暗号化することによって、通信の匿名性を確保します。TORネットワーク上のコンピュータは有志によって運営されており、その数は6000以上あると言われています。

TORは完全な匿名性を確保するためのソフトウェアではありませんが、それに近い匿名性を確保することは可能です。

XSTが採用するコンセンサスアルゴリズム「qPOS」とは

XSTは、コンセンサスアルゴリズムにメジャーなProof of work(PoW)とほぼ同じ仕組みのqPOSを採用しています。

XSTのプレマインは全体の1%

XSTのプレマインは全体の1%と、比較的少なめです。プレマインとは、事前に行われるマイニング(記帳)のことです。一般のユーザーによるマイニングに先立って行われ、開発者やその関係者など限られた人のみが参加できます。

主にコミュニティの維持や開発者の利益確保のために行われるものですが、一般ユーザーからは利益の独占であると批判されることも少なくありません。XSTはプレマインを少なくすることによって、こうした批判を避けています。

筆者が考えるXSTの今後の将来性

現時点では期待できないと考えています。匿名通貨はライバルが多く、匿名通貨自体のリスクもあります。

匿名通貨はその匿名性の高さ故に犯罪行為に使われるリスクが高く、国家からより厳しい規制がかかる可能性が高いです。個人的には投資はあまりおすすめしません。

XSTが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

XSTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから