高速送金ができるFSTの今後の将来性とFSTが購入できるおすすめの取引所

高速送金ができるFSTの将来性とおすすめ取引所

FSTの概要

通貨名称 FST(Fastcoin)
最大発行数 1億6600万枚
公開日 2013年5月
公式サイト https://www.fastcoin.ca/
ホワイトペーパー

FSTの特徴や目指しているもの

FST(Fastcoin/ファストコイン)は、文字通り高速送金を最大の特徴とする仮想通貨です。ブロック生成時間は12秒と非常に早く、早い仮想通貨が増えた現状においてもトップクラスに位置しています。ビットコインやビットコインキャッシュ、ライトコインと言った主用仮想通貨がもたついているのを尻目に、高速送金によるメリットを享受できます。

カナダには非営利組織のファストコイン財団(Fastcoin Foundation)が置かれており、世界中の開発者の手で開発が進められています。

Fastcoinの3つの特徴

FSTには「Fast(早い)」「Secure(安全)」「Easy(簡単)」という3つの特徴があります。

Fast(早い)

繰り返しになりますが、FSTのブロック生成時間は12秒と、全仮想通貨の中でもトップクラスの速さです。主用な仮想通貨と比較すると、以下のようになります。

通貨名 ブロック生成時間 FSTは対象通貨と比べて何倍早いか
ビットコイン 10分(600秒) 50倍
ビットコインキャッシュ 10分(600秒) 50倍
ライトコイン 2.5分(150秒) 12.5倍
モナコイン 1.5分(90秒) 7.5倍
イーサリアム 15秒 1.25倍

ブロック生成時間が短いほど、送金速度も早くなります。ビットコインやライトコイン程度の送金速度ではとても足りないというようなシチュエーション、例えば速度が求められる店頭決済などで、FSTは最大限の効果を発揮します。

Sesure(安全)

通常、ブロック生成速度を早めると、その分だけ安全性が疎かになることが多いのですが、FSTは圧倒的な速さと十分な安全性を両立しています。FSTのスクリプトは、ライトコインのコードを元にしています。元となっているライトコインはアルトコインの中ではかなり歴史が長く、その中で十分な安全性が証明されています。

Easy(簡単)

FSTのウォレットは公式サイト上で配布されています。Windows・MacOS・Linux・Androidといった主用なプラットフォームに軒並み対応しており、いずれも簡単にダウンロードして使えます。送金は数回のクリック、もしくはタップだけで完了します。

筆者が考えるFSTの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性はあると考えています。一見、早いだけで他には抜きん出た特徴がない仮想通貨にも見えますが、Twitterのフォロワー数が8000人を超えており、コミュニティが比較的強力なのが評価点です。あくまでも全くどうしようもなさそうな草コインよりは上、という程度ではないか、と言われるとそのとおりなのかもしれませんが、それでも評価に値する点があることは確かです。

FSTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

FSTが購入できる海外の取引所一覧

  • Livecoin
  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから