XMCCの特徴や将来性、XMCCが購入できるおすすめの取引所

モナコ開発の匿名通貨XMCCを解説

XMCCの概要

通貨名称 XMCC
最大発行数 約893万枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://monoeci.io/en/home/
ホワイトペーパー

XMCCの特徴や目指しているもの

XMCCはモナコ公国で開発されている、匿名性の高い仮想通貨(匿名通貨)です。開発チーム自体は政府から独立した民間団体ですが、モナコ公国政府からサポートを受けており、日常的な決済手段としての普及を目指しています。

開発チームと地元政府の関係性

開発チームは地元のモナコ政府からサポートを受けており、その関係性は非常に良好です。これは非常に重要なことです。

政府は仮想通貨に対してどのような規制をかけるを決める権限を有しているからです。政府と良好の関係を築いておけば、過剰な規制を抑制できます。

匿名性の高さについて

XMCCは匿名通貨の1つです。匿名通貨とは、仮想通貨のなかでも匿名性が高い通貨のことです。ビットコインなどの非匿名通貨はどのアドレスがどのような取引をしたかが外部に丸見えであるため、マネーロンダリングなどを防げる一方で、匿名性が保たれないという欠点があります。これに対して、匿名通貨は取引の一部を秘匿することによって、匿名性を確保しています。

XMCCは、匿名通貨の中でも最も時価総額の高い仮想通貨であるDASHをベースに開発が進められています。DASHは匿名性と高速送金を兼ね備えた通貨であり、XMCCもその特徴を十分に引き継いでいます。

マスターノードの仕組みを採用

XMCCは、仮想通貨のネットワークを維持するための仕組みにマスターノードを採用しています。マスターノードを立てると、その見返りとして報酬が受け取れます。現在、マスターノードを立てるためには1000XMCを保有する必要があります。

筆者が考えるXMCCの今後の将来性

現時点では、ある程度の将来性はあると考えています。1国でしか普及しなければ当然価格上昇も限られたものになるでしょうが、確実さで言えば世界的普及を目指す仮想通貨を上回っているはずです。

XMCCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを通じて買うといいでしょう。

XMCCが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから