YOYOWの特徴や将来性、YOYOWが購入できるおすすめの取引所

YOYOWの今後の将来性

YOYOW(ヨヨー)の概要

通貨名称 YOYOW(ヨヨー)
最大発行数 10億枚
公開日 2017年3月
公式サイト https://yoyow.org/index_en.html
ホワイトペーパー https://yoyow.org/files/white-paper3_en.pdf

YOYOWの特徴や目指しているもの

YOYOWは中国で開発が進められている、Webメディアのプラットフォームの一種、もしくはそこで使われる仮想通貨です。YOYOWで作成されたWebメディアに有用な記事などを投稿すると、その評価に応じて仮想通貨で報酬が支払われるという仕組みになっています。

YOYOWの仕組み

YOYOWの語源は「You Own Your Own Words(自分自身の言葉を所有する)」です。その名の通り、YOYOWには運営が存在しておらず、自分の記事を自分で所有することができ、その記事が評価された場合、ダイレクトに投稿者に報酬が支払われます。

評価の仕組みは細かくは公開されていませんが、合理的なコンテンツ生成メカニズムが存在し、それに基づいて配分が決まるとのことです。また、YOYOWには記事、つまりテキスト以外にもテキストや写真、ビデオなどを掲載でき、またそれらはTwtiterやrebbit(英語圏、特に北米で人気の掲示板)などで共有できます。いい記事はどんどん拡散されるため、一攫千金も夢ではありません。

言語ごとの棲み分けが進む?

実はこのようなプラットフォームは他にもあります。例えばsteem、ALIS,GOLOSなどです。しかし、それぞれ対象としている地域や言語が異なります。

Steemはアメリカ(英語圏)、ALISは日本、GOLOSはロシアと考えていただければだいたい間違いありません。違う言語を1つのプラットフォームで支えるのは難しいので、それぞれで開発していこう、ということなのでしょうか……。なんにせよ、住み分けができるというのは悪くないかと思います。1つに統合されてしまうとそのシステムに重大な欠陥が見つかったときに困りますしね。

YOYOWの将来性

YOYOWの将来性ですが、これは中国政府の方針次第です。日本や欧州ほど言論の自由が確保されていない中国国内で、YOYOWのような自由な言論を発展させる可能性のあるプラットフォームに対し、中国政府が全く締め付けを行わない可能性は否定できません。

ブロックチェーンの情報は誰にも改ざんできなくとも、ブロックチェーン自体にアクセスできなくなる可能性は十分あります。買う場合も、あくまでもおためし外レベルにとどめておきましょう。

YOYOWが日本に上場する可能性

現時点では時価総額も低く、日本語で使われることも想定されていないため、上場の見通しはありません。海外の仮想通貨取引所での購入を検討してください。

YOYOWが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから