YOYOWとは?YOYOWの特徴や今後の将来性、購入できる取引所まとめ

YOYOWの今後の将来性

YOYOW(ヨヨー)の概要

通貨名称 YOYOW
最大発行数 10億枚
公開日 2017年3月
公式サイト https://yoyow.org/index_en.html
ホワイトペーパー https://yoyow.org/files/white-paper3_en.pdf

YOYOWの特徴や目指しているもの

YOYOWは中国で開発が進められている、Webメディアのプラットフォームの一種、もしくはそこで使われる仮想通貨です。YOYOWで作成されたWebメディアに有用な記事などを投稿すると、その評価に応じて仮想通貨で報酬が支払われるという仕組みになっています。

このようなプラットフォーム(ヨヨー)は世界各国で開発されていますが、YOYOWはその中でも特に大きな中国市場を対象としたものであるため、将来性も高く、期待されています。一方で中国特有のリスクも存在しています。

現状のメディアの問題点

現状でもすでに様々なWebメディアが存在していますが、これらのメディアが抱えている問題点は少なくありません。中でも特に問題視されることが多いのが、Webメディアの収益構造です。Webメディアの中には読者から料金を徴収したり、自ら商品を販売したりするところもありますが、多くのところは広告収入をメインの収入源にしています。

広告収入はWebサイト内に掲載されている広告がクリックされたり、その広告を通じた購買が発生したりするたびに発生します。現在主流なのは1クリックごとに収入が発生する「クリック課金型」と呼ばれる広告で、基本的にはPV(ページビュー)が増えるほど収入も増える仕組みになっています。

こうしたWebメディアのもとでは、どうしても情報の正確性よりもインパクトが求められがちです。いくら正確な記事を書いても、それが読まれなければ収入にはなりません。むしろ、内容が不正確で適当なものであっても、よく閲覧されるような記事を量産した方が効率よく稼げてしまいます。

2017年10月にはDeNAが運営する医療系情報サイト「WELQ」が内容の不正確さから問題視され、話題となりました。このWebサイトでは有名な牛丼チェーン・中華料理チェーン店のブランド名をそのまま「●●(ブランド名)アレルギー」とレッテル貼りするような記事が複数存在しており、その内容は不正確で、誹謗中傷とも取られかねないものでした。

多くの人が知っている有名なブランドを記事のタイトルにつけることによってクリックさせることを目的としたものであると思われます。

また、Googleの仕組みにも問題があります。Googleは兼ねてより、上位に表示させることだけを目的とした中身のないWebサイト・Webページを上位に表示させないための取り組みを行っており、それはかなりの効果を上げているのですが、まだ不完全な部分もあります。すでに信頼を失いつつある新聞やテレビ以上に、Webメディアは危うさを抱えています。

YOYOWはこのような現状のWebメディアの抱えている問題点を解決する可能性があるかもしれないことから、注目されています。

YOYOWは評価に応じて報酬が発生する

YOYOWの語源は「You Own Your Own Words(自分自身の言葉を所有する)」です。その名の通り、YOYOWには運営が存在しておらず、自分の記事を自分で所有することができ、その記事が評価された場合、ダイレクトに投稿者に報酬が支払われます。

現時点では、YOYOWを使ったデモサイトが公開されています。なにぶん中国語なので私には何が書いてあるのかよくわからないのですが、一番上に投稿されている記事はどうやらブロックチェーンに関する記事をまとめたものであり、記事執筆時点で約9万700YOYOWという高い評価を受けています。

現時点でのYOYOWのレートは1YOYOW≒19円なので、この記事には9万7000×19=184万円相当の価値があるということになります。むろんほとんどの記事はこんなには評価されないはずですが、少ない評価でも多少の収益が入るのは書き手にとって喜ばしいことです。一方で粗悪な記事は評価されないため、自然と淘汰が進みます。

評価の仕組みは細かくは公開されていませんが、合理的なコンテンツ生成メカニズムが存在し、それに基づいて配分が決まるとのことです。また、YOYOWには記事、つまりテキスト以外にもテキストや写真、ビデオなどを掲載でき、またそれらはTwtiterやrebbit(英語圏、特に北米で人気の掲示板)などで共有できます。いい記事はどんどん拡散されるため、一攫千金も夢ではありません。

他のメディアプラットフォームとの違い

実はこのようなプラットフォームは他にもあります。例えばsteem、ALIS,GOLOSなどです。しかし、それぞれ対象としている地域や言語が異なります。

Steemはアメリカ(英語圏)、ALISは日本、GOLOSはロシアと考えていただければだいたい間違いありません。違う言語を1つのプラットフォームで支えるのは難しいので、それぞれで開発していこう、ということなのでしょうか……。

なんにせよ、住み分けができるというのは悪くないかと思います。1つに統合されてしまうとそのシステムに重大な欠陥が見つかったときに困りますしね。

筆者が考えるYOYOWの今後の将来性

YOYOWの将来性ですが、これは中国政府の方針次第です。日本や欧州ほど言論の自由が確保されていない中国国内で、YOYOWのような自由な言論を発展させる可能性のあるプラットフォームに対し、中国政府が全く締め付けを行わない可能性は否定できません。ブロックチェーンの情報は誰にも改ざんできなくとも、ブロックチェーン自体にアクセスできなくなる可能性は十分あります。

YOYOWはかつて、バイナンスに上場されたものの一度上場廃止となった経験があります。理由はICO規制に引っかかったためですが、これが表向きの理由である可能性は否定できません。もちろん、本当に単純にICO規制に引っかかったためであるとは思いますが、日本人の常識が中国国内で通じるとは限りません。

現段階ではバイナンスで取扱が再開されていますし、他にも複数の取引所で取り扱われていますが、何にせよ中国で普及しなければ価格の上昇は見込めません。買う場合も、あくまでもおためし外レベルにとどめておきましょう。

YOYOWが日本に上場する可能性

現時点では時価総額も低く、日本語で使われることも想定されていないため、上場の見通しはありません。

YOYOWが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • HITBTC
0 0

この記事の共有はここから