WCの特徴や将来性、WCが購入できるおすすめの取引所

WCの使い道・将来性について解説

WCの概要

通貨名称 WC
最大発行数 6億枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://wincoin.co/
ホワイトペーパー https://wincoin.co/Public/Upload/wincoin/wincoin-white-paper-10.0-EN.pdf

WCの特徴や目指しているもの

WCは、完全に分散された電子経済の実現を目指す仮想通貨です。

現状のビットコインの問題点

誕生から現在に至るまで、時価総額ランキング1位に君臨しているビットコインですが、技術的には後発の仮想通貨に劣る部分が目立つようになってきました。中でも、マイニングの寡占化や商人速度の遅さ、スケーラビリティ問題は、決済手段としての可能性を大きく阻害している要素です。

WCはこれらの諸問題を解決することで、

WCは上記の問題を解決した仮想通貨

WCはビットコインの優れた点を採用しつつ、上記のような問題点を解決した新しい仮想通貨です。

WCは、1000件/1秒の取引を処理できます。処理件数が増えるほど送金詰まりも起こりづらくなりますし、手数料も安く抑えられます。

コンセンサスアルゴリズムはPoWとProof of Stake(PoS)のハイブリッド式です。PoSとは、仮想通貨の保有量が多いマイナーに対して優先的にマイニングの権利が与えられる仕組みを採用しているので、マイニングの寡占化が起こりにくく、誰でもマイニングに参加しやすいという特徴があります。

多様で便利なWCのプラットフォーム

アプリやプラットフォーム、オンラインショッピングなど、WCは利用者専用のサービスを多数展開する予定です。こうしたサービスの決済手段として使われるようになれば、WCの価値の向上が期待できます。

筆者が考えるWCの今後の将来性

短期的にはそれなりに有望であると考えています。ビットコインを大幅に上回る処理能力、少ない電力消費と、長所は少なくありません。

ただ、メジャーなコインも最近は処理性能を上げるためにいろいろと努力を重ねており、これらの通貨が性能で抜いてくる可能性もあります。例えばビットコインの場合はライトニングネットワークの導入を検討していて、実現すればWCの優位性は一気に失われます。

WCが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに海外の取引所に上場しているので、そちらを利用しましょう。

WCが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから