BTG の特徴や将来性、BTGが購入できるおすすめの取引所

BTGの今後の将来性

BTG(BitcoinGold/ビットコインゴールド)の概要

通貨名称 BTG(BitcoinGold/ビットコインゴールド)
最大発行数 2100万枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://bitcoingold.org/
ホワイトペーパー 不明

ビットコインゴールドの特徴や目指しているもの

BTGは、2017年10月25日に、ビットコインからハードフォークして生まれた新しい仮想通貨です。主な性能はビットコインとほとんど変化はないものの、アルゴリズムが変更されたことで、今までよりもマイニングに参加しやすくなったという一面もあります。

BTGの仕組み

ビットコインゴールドはASICが対応していないEquihashというアルゴリズムを採用しており、これによりマイニングの寡占を防ごうとしています。ビットコインゴールドはGPU(グラフィックボード)と呼ばれる、やや高額なものの個人でも十分買える装置でもマイニングができます。

性能的にはビットコイン(BTC)と大差はない

ビットコインゴールドはこのような経緯で生まれた仮想通貨ですが、性能的にはほとんどビットコインと変わりありません。発行枚数はどちらも2100万枚、ブロック生成間隔も10分で、ブロックサイズもどちらも1MBです。マイニングをしない大多数のユーザーから見れば、どちらも同じに見えることでしょう。

BTGの将来性

個人的には、ビットコインゴールドの未来はあまり明るくないと考えています。理由は色々とあるのですが、やはり一番大きいのは目に見える性能がビットコインとほぼ変わらないことです。

今のビットコインゴールドの時価総額はビットコインの80分の1、ビットコインキャッシュの10分の1と、決して高くはありません。多くの国内仮想通貨取引所で取り扱い開始となったBCHと違い、国内取引所での取り扱いはありません。ビットコインとの明確な違いを打ち出さない限り、今後の上昇は正直厳しいのではないかと思っています。

BTGが日本に上場する可能性

ビットコインゴールドが日本の仮想通貨取引所に上場する可能性は現時点では低いと考えられます。前述の通り、ビットコインゴールドの独自性がなく、わざわざ上場させるほどのものではないと考えられるからです。

ただ、ビットフライヤーなど一部の国内の仮想通貨取引所は将来的にビットコイン保有者に対して、保有量に応じたビットコインゴールドを配布するとしており、その取引所では上場の可能性があります。

BTGが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから