LENDはどんな仮想通貨?LENDの特徴や今後の将来性を徹底解説

LENDの今後の将来性

LEND(ETHLend/イーサレンド)の概要

通貨名称 LEND
最大発行数 2017年12月
公開日 10億枚
公式サイト https://ethlend.io/en/
ホワイトペーパー https://github.com/ETHLend/Documentation/blob/master/ETHLendWhitePaper.md

LENDの特徴や目指しているもの

LEND(ETHLend/イーサレンド)は、イーサリアムのブロックチェーンを用いた、世界中の個人や法人と自由にお金が貸し借りできるプログラムです。ETHLendがプラットフォーム名で、そこで使用されるトークンがLENDです。

従来は銀行や消費者金融等が寡占的に行っていたお金の貸し借り=金融ビジネスを、個人や金融業者でない法人が行えるようになるのが大きな特徴です。

ほとんどの人が銀行口座を持っていて、金融プラットフォームも整備されている先進国よりも、それらが十分に普及していない新興国で定着する可能性が高く、そのポテンシャルは高いです。一方で似たようなプラットフォーム・プロジェクトは数多く存在しており、それらとの差別化が今後の課題となりそうです。

現代の金融システムの課題

現代の金融システムは昔のそれと比べればかなり洗練されたものになっていますが、それでも課題は山積みです。

①お金の貸し借りに時間がかかりすぎる

1つ目の課題は、お金の貸し借りに時間がかかりすぎることです。現代の銀行や消費者金融等の金融機関は、融資を申し込んできた顧客の返済能力、職業、年収などを元に融資の可否を決定します。

基本的に判断はスコアリングシステムという自動審査システムに基づいて行われるため、審査は迅速です。しかし、融資額が大きい場合は審査に時間がかかることも少なくありません。個人の場合は即日融資が受けられることも多いのですが、法人の場合は公的融資を利用すると数ヶ月程度の時間がかかることもしばしばあります。スピードが求められるビジネスの世界において、この「遅さ」は大きなデメリットです。

②金利の高さ

2つ目の課題は金利の高さです。金融は大きく、間接金融と直接金融に分けられます。間接金融は貸し手と借り手の間に銀行などの金融機関が入るもの、直接金融は貸し手と借り手が直接契約するもの(債券など)です。日本は欧米諸国と比べると間接金融の比率が高いです。

間接金融は銀行などが貸し出すことによる安心感がある反面、銀行が間に入るため貸し手=預金者の利益が少なくなり、なおかつ借り手の支払う金利が高くなってしまうというデメリットがあります。

一方、直接金融は貸し手が直接リスクを追うものの、金利は低く出来ます。現代では日本も含め、世界の多くの国で直接金融への移行が進んでいます(それにより、銀行などの仲介機関の影響力は相対的に低下しています)。しかし、直接金融特有のリスクが解決されたわけではなく、貸し倒れなどの問題も頻発しています。

③貸し手の寡占

3つ目の課題は貸し手の寡占です。現代では、貸し手になるのが極めて難しく、市場を一部の金融機関が占めています。必然的に、それによって得られる利益も金融機関が占めています。

日本の場合、法律上は個人でも貸し手になることができるのですが、実際に貸し手になるのは極めて難しいです。借り手からすれば、誰だかよくわからない個人よりも、銀行などから借りたほうが遥かに安心だからです。

このように何かと課題が多い現代の金融システムを、根本から改善する可能性を秘めているのが、ETHLendというプラットフォームなのです。

ETHLendで誰でも直接金融が可能に

ETHLendは、イーサリアムのスマートコントラクト(契約を自動化する技術)を用いた、安全・確実に融資が行えるプラットフォームです。借り手は希望する融資額、金利、返済期間、担保などを設定し(担保は設定しないことも可能です)、手数料としてイーサリアムやLENDなどを支払い、貸し手が現れるのを待ちます。

貸し手は複数の借り手が提示した条件を見比べ、最も貸したいと思える人に対して貸し出します。契約が無事履行された場合、貸し手は元本と予め設定した金利に基づく利息を受け取れます。万が一契約が履行されなかった場合は、予め設定した担保を受け取れます。

契約はすべてブロックチェーン上に記載されるため、契約した・していないで揉めることはありませんし、両者の合意さえあればどんなに高い金額でもすぐに貸し借りできます。直接金融なので金利も安く設定できます。もはや銀行は必要ない……というのは言いすぎかもしれませんが、このプロジェクトが成功した場合、銀行がますます苦境に立たされるのは間違いないでしょう。

ETLの公式ツイッター上では、ある1週間に200ETH(当時のレートで約1700万円)の貸し出しがあったという報告がなされており、決して夢物語ではありません。

ETLは新興国にこそ必要なサービス

全国銀行協会が実施した調査によれば、日本では約97%の人が何らかの銀行の口座を持っています。このような国ではなんだかんだ言っても銀行の信頼度は高く、口座も簡単に作れます。

一方、新興国では銀行口座を持たない人が少なくありません。例えばインドはいま勢いがある新興国の一つですが、それでも2014年時点での銀行口座保有率は53%に過ぎません。こうした国でこそ、ETLのような仕組みは重宝されることでしょう。

LEND利用でさらにお得に

ETHLendのプラットフォーム内ではイーサリアムを用いた手数料の支払いもできますが、LENDの使用が推奨されています。現時点では目立った優遇はありませんが、将来的には50%のディスカウントを予定しています。当然、借り手にとっては手数料は低いに越したことはないので、LENDの需要は増えていきます。

筆者が考えるLENDの今後の将来性

LENDの将来性は有望であると考えています。プロジェクト自体の優秀さもそうですが、何よりきちんと実際の貸出がすでに行われていることが大きいです(大風呂敷だけ広げて結局何もしないようなプロジェクトも少なくないので……)。今後のロードマップでは借り手の評価システム、本人認証、貸出リスクの自動判断機能などが搭載される予定で、これが実現すれば、個人が銀行並みの正確なリスク判断をできるようになることでしょう。

一方、懸念点は競争が激しいことです。金融プラットフォームに対する需要の大きさを知らない人はいないでしょう。一生なんのローンも組まずに終えていく人など、現代日本ではまず存在しません(クレジットカード決済も一応はローンです)。需要があるのはいいのですが、需要が多ければそれだけ競争も激しくなります。実際、似たようなプラットフォームは多数存在しています(Lendoit,SALTなど)。

どのプラットフォームが生き残るかは、現時点ではわかりません。そもそも技術が高いものが生き残るのか、先行者が生き残るのか、大企業と提携したものが生き残るのかすらよくわかりません。ただ、少なくともETHLendはすでに実際に始動しており、その点で有利なことは確かです。

LENDが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。仮にされるとしてもかなりあとのことになるかと思いますので、早めに仕入れたい場合はバイナンスなどの海外の取引所を利用しましょう。

LENDが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Kucoin
0 0

この記事の共有はここから