豆コインBITB!特徴と今後の将来性、BITBが購入できるおすすめ取引所

豆コインBITBの特徴・将来性・購入できる取引所まとめ

BITBの概要

通貨名称 BITB(Bitbean)
最大発行数 2015年1月
公開日 500億枚
公式サイト http://www.beancash.org/rebrand.html
ホワイトペーパー

BITBの特徴や目指しているもの

BITB(Bitbean/ビットビーン)は、文字通り豆のキャラクターをモチーフにした仮想通貨です。大きなブロックサイズ、多い発行枚数、早い取引速度が大きな特徴です。

BITBのブロックサイズはビットコインの20倍!

BITBのブロックチェーンのブロックサイズは20MBです。ビットコインが1MBであるのと比べると20倍も大きく、ビットコインキャッシュの8MBよりも更に巨大です。ブロックサイズが大きいということは、送金詰まりが起こりにくいということでもあります。BITBは送金頻度が増加した場合でも、安定した高速取引を提供します。

コンセンサスアルゴリズムにProof of Beanを採用

BITBはコンセンサスアルゴリズムにProof of Beanを採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、簡単に言えばマイニングに関するルールをまとめたものです。もっと言えば、誰にマイニングと報酬受取の権利を与えるかをまとめたものです。

ビットコインは計算を最も早く解いた者にマイニングの権利を与えるProof of Workというコンセンサスアルゴリズムを採用しているのに対して、BITBは独自のProof of Beanを採用しています。

これは他の仮想通貨で言うところのProof of Stakeに似ており、仮想通貨の保有量に応じてマイニングの権利が振り分けられるという仕組みになっています。保有量が多いほど多くの報酬が受け取れるという点では、銀行預金の利息の仕組みにも似ています。マイニングに成功すると、1SPROUT=1000BITBが受け取れます。

開発チームの変遷

実はBITBは前開発者が開発を放棄し、それをコミュニティが受け継いだという経歴があります。現在は4人のチームで開発されています。また、それとは別にBean Coreという仮想企業も存在しており、ここに入るとマーケティングや開発に携われます。入るためにはBITBの全供給量の1%以上を保有する必要があります。

マスコットキャラクター

BITBにはモナコインやドージコインと同様に、マスコットキャラクターが存在します。名前通り豆をモチーフにした前身緑色のキャラクターです……可愛いと思うかどうかはあなた次第です。

筆者が考えるBITBの今後の将来性

現時点では、あまり将来性はないと考えています。ブロックサイズが大きい以外にこれと言った特徴がないからです。開発チームもお世辞にも大きいとは言えず、不安が残ります。性能が悪いというわけでもありませんが、利用者や事業者がわざわざ数ある仮想通貨の中からこれを選ぶことはないかと思います。

BITBが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらから購入しましょう。

BITBが購入できる海外の取引所一覧

  • Bittrex
  • Upbit
0 0

この記事の共有はここから