MNEの特徴や使い道と今後の将来性まとめ

MNEの特徴や使い道と今後の将来性まとめ

MNEの概要

通貨名称 MNE(Minereum)
最大発行数 1億3700万枚
公開日 2017年4月
公式サイト https://www.minereum.com/
ホワイトペーパー

MNEの特徴や目指しているもの

MNE(マイナリウム)は、専門的な知識や技術がなくても、簡単にオリジナルトークンを発行できる仮想通貨です。スタートアップ企業が資金集めのためにトークンを発行したり、老舗企業がポイント代わりに使えるトークンを発行したりと、その使い道は様々です。

オリジナルトークンとは?

オリジナルトークンとは、個人や企業が自らの意思で発行する、既存の仮想通貨のシステムを利用して作る新しい通貨のことです。例えば、大手仮想通貨取引所のZaifで扱われているZaifトークンは、CounterParty(XCP)という仮想通貨の仕組みを元に作られたオリジナルトークンです。

オリジナルトークンは資金集め、あるいは既存の顧客の囲い込みのためなどに使われます。通常、企業が資金を集める際には株式を発行するのが一般的ですが、株式の発行手続きには面倒な制約があるうえ、株式保有者に議決権が行き渡ってしまうため、経営者としてはできれば取りたくない手法です。

独自トークンは制約が少ないですし、いくら保有されても議決権が渡ることはありません。また、独自トークンをポイントのように活用したり、お得な商品と交換したりといったような、株式にはない使い方もできます。

個人で発行する場合も基本的な考え方は企業と同じです。例えばクラウドファウンディングのように使ったり、個人サイトを運営する際に発行したり、といった感じです。

オリジナルトークンが作れる仮想通貨の比較

オリジナルトークンが作れる仮想通貨はたくさんあります。今回消化しているMNEもそうですが、それ以外にもCounterParty(XCP)やNEM(XEM)、あるいはイーサリアム(ETH)などでも作れます。MNEはその他の仮想通貨と比べて時価総額が圧倒的に低いです。これを伸びしろと見るか、将来性がないと見るかはその人次第です。

筆者が考えるMNEの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。前述の通り、MNEはオリジナルトークンが作れるその他の仮想通貨と比べると、時価総額が圧倒的に低いです。この状況下でわざわざMNEを使うメリットはあまりないでしょう。

MNEが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう

MNEが購入できる海外の取引所一覧

  • Livecoin.net
  • HitBTC
  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから