MNEの特徴や将来性、MNEが購入できるおすすめの取引所

MNEの特徴や使い道と今後の将来性まとめ

MNE(Minereum/マイナリウム)の概要

通貨名称 MNE(Minereum/マイナリウム)
最大発行数 1億3700万枚
公開日 2017年4月
公式サイト https://www.minereum.com/
ホワイトペーパー

MNEの特徴や目指しているもの

MNEは、オリジナルトークンを簡単に発行できる仮想通貨です。スタートアップ企業が資金集めのためにトークンを発行したり、老舗企業がポイント代わりに使えるトークンを発行したりと、その使い道はさまざまです。

MNEの仕組み

オリジナルトークンが作れる仮想通貨はたくさんあります。MNEもそうですが、CounterParty(XCP)やNEM(XEM)、あるいはイーサリアム(ETH)などでも作れます。MNEはこれらの仮想通貨と比べると圧倒的に時価総額が低く、これを伸びしろと見るか、将来性がないと見るかはその人次第です。

MNEの将来性

現時点では、あまり期待していません。前述の通り、MNEはオリジナルトークンが作れるその他の仮想通貨と比べると、時価総額が圧倒的に低いです。この状況下でわざわざMNEを使うメリットはあまりないでしょう。

MNEが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう

MNEが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから