BBRの今後の将来性とBBRが購入できるおすすめの取引所

BBRの今後の将来性とBBRが購入できるおすすめの取引所

BBRの概要

通貨名称 BBR
最大発行数 1850万枚
公開日 2014年5月
公式サイト https://boolberry.com/
ホワイトペーパー

BBRの特徴や目指しているもの

BBR(Bool Berry)は、CryptoNoteと呼ばれる暗号化技術をベースとした、匿名性の高い仮想通貨(匿名通貨)です。CryptoNoteは匿名通貨として名高いMoneroでも採用されている技術であり、BBRは更にそれを発展させたものになっています。

ビットコインやライトコインの問題点

現状、時価総額の高いビットコインやライトコイン、ビットコインキャッシュと言ったメジャーな仮想通貨のほとんどは、「匿名性が低い」というデメリットを抱えています。「仮想通貨は匿名性が高いんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実態はむしろ逆です。

上記のようなメジャーな仮想通貨の取引は原則として、インターネット上で公開されます。「どのアドレスからどのアドレスにいくら送られたか」が、第三者でも簡単に確認できるのです。この匿名性の低さ、言い換えれば透明性の高さは「改ざんされにくい」「証拠が残る為違法なやり取りの抑止力になる」というメリットでもある反面、ユーザーにとっては「誰とお金のやり取りをしたのかバレる」というデメリットでもあります。

デメリットの解消を目指す匿名通貨

こうした従来の仮想通貨のデメリットを解消するために作られたのが匿名性の高い通貨、いわゆる匿名通貨です。匿名通貨はアドレスや取引量などの一部、もしくは大半秘匿することができるため、第三者にどんな取引をしているかがバレることはありません。それでいてそれぞれ改ざんを防ぐ仕組みなども搭載されています。BBRもそんな匿名通貨の一種であり、あなたの取引のプライバシーを強力に保護します。

BBRの仕組み

BBRでは、トランザクションの宛先は実際に受信する側のみが把握できます。第三者に宛先が公開されることがないため、必然的に、第三者に取引の事実が公開されることはなく、匿名での取引が成立します。この取引を成立させるのが、CryptoNoteという暗号化技術です。

CryptoNoteは「ニコラス・バン・セイバーヘーゲン」という匿名の人物によって確立された技術であり、メジャーな仮想通貨の中では「Monero」でも採用されています。この技術はBBRの匿名性を高めるだけでなく、分散台帳のサイズを小さくすることにも寄与しています。トランザクションも高速であり、総じて機能は優秀です。

筆者が考えるBBRの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。現状、各国政府は匿名通貨の規制に乗り出しているからです。匿名通貨はその匿名性の高さ故に、マネーロンダリングや違法取引などの違法行為に使われる可能性が、ビットコインやライトコインなどと比べると高いです。

BBRが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

BBRが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから