SLGの特徴や将来性、SLGが購入できるおすすめの取引所

SLGの特徴・開発状況・将来性を徹底調査

SLGの概要

通貨名称 SLG
最大発行数 6390万枚
公開日 2014年9月
公式サイト https://sterlingcoin.org/
ホワイトペーパー

SLGの特徴や目指しているもの

SLGは、オンライン、オフラインの両方で使用できる汎用性の高い仮想通貨であり、特定の企業や銀行、政府などからは独立した存在として開発されています。

SLGの「3つのNO」

SLGは、公式Webサイトで、自身には法定通貨に付き物な銀行と税金、面倒の3つの要素がないことを表明しています。

No Bankとは

SLGは、完全に分散化された仮想通貨です。分散化とは、特定の企業、銀行、政府、その他中央集権的な機関にコントロールされない、という意味です。管理者がいなくて成り立つのだろうか、と思われるかもしれませんが、SLGはそれらの旧態依然とした管理者に変わり、利用者が直接取引を記録することによって成り立っています。

このような仕組みのもとでは、従来の銀行は必要ありません。利用者は自分でお金を安全に管理し、支払い、受け取ります。

政府の介入も受けないので、資金の供給は常に限られます。資金の供給が限られるということは、人間が恣意的に行う金融政策によってインフレ(金銭の価値が下落し、物価が上昇する現象)が発生しないということです。

金融政策は正しくやれば効果が出ると言われている半面、実際に効果を発揮する保証はなく、人間が勝手に判断を間違えて失敗することも多いです。そうしたリスクを予め除去したSLGは、ある意味では法定通貨よりも安全であるとすら言えます。

No VATとは

SLGはイギリスで生まれた仮想通貨ですが、使用にあたって付加価値税を払う必要はありません。付加価値税とは日本で言う消費税であり、これを払わなくてよいということは、それだけモノの価格が安くなることを意味します。

No Hassleとは

通常、仮想通貨を管理するのは面倒なものですが、SLGに限ってはそのようなことはありません。通貨を保管するためのウォレットは公式サイトから簡単にダウンロードでき、なおかつ開発チームからの包括的なサポートを受けられるからです。誰でも手間なく安全に通貨を管理できるというのは大きな優位点と言えるでしょう。

マイニングの仕組み

SLGのコンセンサスアルゴリズムには、Proof of Work(PoW)とProof of stake(PoS)を併用しています。これにより、ビットコインなどで問題となっているマイニングの寡占や51%攻撃と言ったリスクをある程度回避することが期待されています。

筆者が考えるSLGの今後の将来性

現時点では、あまり将来性があるとは言えません。所々に見どころがあるのは確かなのですが、後発の優秀なアルトコインと比べるとメリットが不足している、というのが正直なところです。

機能的に劣っている部分があってもマーケティングに成功していれば良いのですが、Twitterアカウントのフォロワー数は3桁と少なく、公式サイトにはホワイトペーパーが用意されていない(リンク切れ)など、そちらに対する熱意も見られません。絶対失敗するとは言い切れませんが、基本的には期待しないほうが良いでしょう。

SLGが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になるという方はそちらを利用するといいでしょう。

SLGが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから