ZILの特徴や将来性、ZILが購入できるおすすめの取引所

ZILの使い道や将来性とZILが購入できる取引所

ZIL(Zilliqa/ジリカ)の概要

通貨名称 ZIL(Zilliqa/ジリカ)
最大発行数 126億枚
公開日 2018年1月
公式サイト https://www.zilliqa.com/
ホワイトペーパー https://docs.zilliqa.com/whitepaper.pdf

ZILの特徴や目指しているもの

ZILは、シンガポール発のプラットフォーム「Zilliqa」上で使われる、ERC20に準拠したトークンです。クレジットカード並みの処理速度(スケーラビリティ)と高いセキュリティを実現しており、従来の問題点であったスケーラビリティ問題を効率的に解決しています。

ZILの仕組み

ZILは処理速度を向上させるために、シャーディングという技術を導入しています。シャーディングとは簡単に言えば、取引の検証を行うコンピュータの「ノード」を幾つかのグループ「シャード」に分けることによって、取引の並列処理を可能にする仕組みです。今後はイーサリアムでも導入する予定があるんだとか。

ZILの最大の特徴は、トランザクション処理の早さで、ビットコインやイーサリアムは1つのブロックの大きさが1Mと決まっているため、処理が遅いことが課題とされています。ZILでは、シャーディングと呼ばれる技術を利用することでトランザクションの高速処理を実現しました。

独自言語の「SCILLA」を搭載

Zilliqaは独自のスマートコントラクト言語である「SCILLA」を採用しています。スマートコントラクトとは、契約を自動化する機能です。イーサリアムを筆頭に、幾つかのプラットフォームで採用されています。SCCILAのもとでは、複数の命令を並列して実行できます。イーサリアムの言語であるSolidityよりも簡単であり、多くの開発者の参入が望めるのもポイントです。

ZILの将来性

ZILの将来性については、比較的明るいと考えています。スマートコントラクトを実現できるdApps系の仮想通貨はたくさんありますが、トランザクション処理の高速化という意味ではZILは頭一つ抜け出している気がします。
競合ではNEOや、本家のETH(イーサ)がありますが、処理速度ではZILの方が上。もちろん、競合がアップデートして処理速度が改善される可能性も高いですが、それ以上にZILも処理速度が上がることが期待できます。
データフロープログラミングという新しい概念でのプログラミング手法を取り入れたあたりは、さすが国立大学の研究者が開発しているだけのことはあります。

ZILが日本に上場する可能性

今すぐに日本の取引所に上場するというニュースはありません。しかし、2018年にZILは急上昇する可能性もあります。そうなれば日本の取引所も放って置くはずはありません。
ロードマップによると、2018年第3期にはメインがリリース予定とのことですので、その辺りで上場する可能性もあるのでは?と思います。

ZILが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから