IMXの特徴や将来性、IMXが購入できるおすすめの取引所

IMX

IMXの概要

通貨名称 IMX
最大発行数 約1億1000万枚
公開日 2017年4月
公式サイト https://www.impact-coin.org/
ホワイトペーパー

IMXの特徴や目指しているもの

IMXは、2017年4月に取引が始まった仮想通貨です。仮想通貨業界にインパクトを与えたり、修正を加えたり、社会に役立つ機能を加えたりすることを目的に作られた仮想通貨であり、従来の仮想通貨と比べて環境に優しい作りになっています。環境を保全することは人類にとって大きなメリットがあります。仮想通貨ホルダーは従来の仮想通貨(例えばビットコイン)ではなくIMXを使うことによって、環境の保全に寄与できます。

環境を保全するPoS(Proof of Stake)の仕組み

IMXは環境を保全するために、コンセンサスアルゴリズムにProof of Stake(PoS)を採用しています。ビットコインをはじめとする仮想通貨に採用されているProof of Work(PoW)と比べると環境負荷が小さいことを重視してえらばれました。

量子コンピュータ耐性を持つ仮想通貨

IMXはコンピュータとしては珍しく、量子コンピュータ耐性を持ちます。

量子コンピュータとは、極めて簡単に言えば次世代型のコンピュータです。量子力学特有の物理状態を積極的に用いて高速計算を実現するコンピュータ」……と言われると難しいですが、とにかく計算力に優れたコンピュータだと思っていただければ間違いありません。その計算能力は現状最も高い計算能力を持つスーパーコンピュータの1億倍ともされており、スーパーコンピュータでは1万年かかる計算を3分あまりで終わらせることも可能とされています。量子コンピュータが実際に開発されれば、これまで長い時間を掛けて行われていた気象予報やゲノム解析は、より短時間で終わることになるでしょう。

量子コンピュータは人類に大きなメリットをもたらす一方、その高すぎる計算能力が現状の暗号技術を無効化するともいわれています。その点、IMXは量子コンピュータ耐性を持つとされているので、仮に量子コンピュータが開発されてもその安全性は保たれると考えられています。

筆者が考えるIMXの今後の将来性

現時点では、それなりに期待しています。量子コンピュータ耐性があるというのは高く評価できます。量子コンピュータがいつ実用化されるのか、そもそも実用化できるのかなどはわかりませんが、とりあえず耐性はあるにこしたことはないでしょう。

IMXが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

IMXが購入できる海外の取引所一覧

  • CoinExchange
0 0

この記事の共有はここから