NLGの今後の将来性とNLGが購入できるおすすめの取引所

NLG

NLGの概要

通貨名称 NLG
最大発行数 16億8000万枚
公開日 2014年3月
公式サイト https://gulden.com/
ホワイトペーパー

NLGの特徴や目指しているもの

NLGは、2014年3月に誕生した決済型仮想通貨です。その歴史の長さはイーサリアム(ETH)とほぼ同等であり、アルトコインの中では古参です。NLGは多くの決済型仮想通貨と違い、デビットカードで利用できるのが特徴です。

大半の仮想通貨が抱える「ボラティリティ」という問題

決済型仮想通貨はビットコインを筆頭に多く開発されていますが、その殆どがボラティリティ(価格変動率)の大きさに悩まされています。価格変動が大きいのは一攫千金を目論む投機家にとっては望ましいことですが、日常的な利用を目指すユーザーや、決済の導入を考える事業者にとってはリスクになります。法定通貨から換金した直後に暴落してしまってはたまりません。

NLGのUQUIDデビットカードの仕組み

多くの仮想通貨はボラティリティを解決する単純明快な方法を探っていますが、NLGは英国企業が発行する仮想通貨用デビットカード「UQUIDデビットカード」を導入することによって、問題解決を図っています。

デビットカードとは口座にチャージされたお金が即時で引き落とされるタイプの決済用カードです。通常のデビットカードは利用額がほぼリアルタイムで指定した銀行口座から引き落とされますが、UQUIDは口座に仮想通貨をチャージして使います。現状、NLGを含めた90種類以上の仮想通貨でチャージが可能です。

チャージされた仮想通貨はその時点でドルやユーロなどの法定通貨に換算されるため、以降ボラティリティの影響を受けることはありません。チャージしたお金を法定通貨で引き出すことも可能ですが、現時点では日本円に対応していませんので、原則としてチャージした金額はすべて使い切る必要があります。

安全性もさらにアップ

NLGはコンセンサスアルゴリズムにProof of Work2(PoW2)という新たなアルゴリズムを採用しています。これはビットコインでも採用されているProof of Work(PoW)をさらに発展させたものです。取引速度や処理性能にも向上が見られ、店頭決済もより迅速になりました。エネルギー消費量はビットコインの0.01%と非常にエコロジーでもあります。

公式サイト経由で投資も可能

NLGはデビットカードを通じた支払のみならず、投資にも使用できます。公式サイトで株式を1単位=2万NLGで買うと、毎月200NLG、1年で2400NLGの利息が付くので、単純計算で12%の利回りが期待できることになります。
もちろん、NLG自体が暴落することもあるので一概には言えませんが、投資先として魅力があることは間違いありません。

筆者が考えるNLGの今後の将来性

現時点では、正直な所あまり将来性を感じていません。ビットコインのUQUIDで使えるというのは便利ではありますが、これはどちらかというとNLGのメリットというよりもUQUIDのメリットです。

そもそもUQUIDデビットカードはビットコインやイーサリアム、ライトコインやXRPなど、NLGよりもメジャーな仮想通貨もチャージできますので、わざわざNLGを使う必要がありません。仮想通貨としての性能自体もそこまで優秀とは言えず、わざわざこれを買う必要はないように思えます。

NLGが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

NLGが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから