仮想通貨42とは?特徴や今後の将来性を詳しく解説!

仮想通貨42とは?特徴や将来性を解説

42の概要

通貨名称 42(42-coin)
最大発行数 42枚
公開日 2014年1月
公式サイト https://42-coin.org/
ホワイトペーパー

42の特徴や目指しているもの

42(42-coin)は、最大発行枚数が42枚という希少性の高さが最大の特徴の仮想通貨です。その希少性故か単価はビットコインの数倍と非常に高いです(時価総額では圧倒的に負けていますが)。

公式サイトを見る限りでは「ジョークコイン」の感が強く、投資にはあまり向いていないと思われますが、世の中にはこうしたコインもあるということをお伝えしたかったので、当サイトでも紹介させていただきます。

42-coin誕生の秘密

42-coinは、イーサリアムとほぼ同時期、2014年1月に誕生した仮想通貨です。hendo420という人物がビットコインフォーラムに「この世に42枚しか存在しない超絶レアコインを作る!」と投稿し、それを形にしたものです。

42-coinの42に対するこだわり

42-coinは最大発行数以外にも、様々なところで「42」という数字を採用しています。例えばP2Pポートが4242だったり、コイン年齢の最小時間が42時間だったりします。何から何まで42にこだわった仮想通貨と言えるでしょう。

なぜ「42」という数字にこだわるのか?

明確な理由は明かされていませんが、公式サイトの「42 – the answer to life, the universe, and everything…(42 生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え)」という文言から察するに、英国人作家ダグラス・アダムスの「銀河ヒッチハイクガイド」に影響を受けているものと思われます。

銀河ヒッチハイクガイドは全世界で1600万部が売れた超人気作品で、前述の「42 – the answer to life, the universe, and everything…」は同作に出てくるフレーズです。

作中で「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」を問われたスーパーコンピュータ「ディープ・ソート」は、750万年の計算の末に「42」という1つの答えをはじき出します。ディープ・ソートは「何度も徹底的に検算しました。まちがいなくそれが答えです。率直なところ、みなさんのほうで究極の疑問が何であるかわかっていなかったところに問題があるのです」とも発言しており、ファンの間ではこの意味深な答えに対する答えを見つけるための考察、推測がなされてきました。

作者自身は「意味なんてない。ただのジョークだよ」と答えていますが、多くのファンを引きつけた数字であることには間違いありません。hendo420氏もおそらくはその1人であり、だからこそ42にちなんだハンドルネームをつけて、42に関する仮想通貨を作ったのでしょう。

非常に高い単価

42-coinは発行枚数が非常に少ないため、その単価は非常に高いです。2018年8月23日時点での単価は1(42coin)=191万円で、同時刻のビットコインの2.7倍近い価格になっています。最も高騰していた2018年1月末には1600万円にまで達しており、その恐ろしさがわかります。

ただ、忘れてはいけないのは、単価は非常に高くても、発行枚数が少ないため、時価総額は非常に安いということです。2018年8月23日時点での時価総額は191万円×42=8022万円で、草コインの中でもかなり安い部類に入ります。

42-coinからは少し話がそれてしまいますが、仮想通貨の価値は単価ではなく時価総額で決まります。単価が高くても時価総額が安ければ、その通貨はその時点ではまだ価値を認められていないということです(言い換えれば、これからの値上がりの余地が大きいとも言えます)。逆に単価が安くても時価総額が高ければ価値を認められているということです(言い換えれば、これからの値上がりの余地は少ないとも言えます)。

筆者が考える42の今後の将来性

現時点では、値上がりの可能性はほぼないでしょう。仮想通貨としては最低限の機能しか備わっておらず、差別化点は少ない発行枚数ぐらいしかないからです。おそらく作者も本気でこれを普及させるつもりはないのでしょう。それでも買いたいというのならば止めはしませんが、個人的にはおすすめしません。

42が日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しはかなり低いです。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用しましょう。

42が購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • Trade satoshi
0 0

この記事の共有はここから