CREDOの特徴や将来性、CREDOが購入できるおすすめの取引所

CREDOのの将来性とおすすめの取引所

CREDOの概要

通貨名称 CREDO
最大発行数 13億7000万枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://bitbounce.com/credo
ホワイトペーパー

CREDOの特徴や目指しているもの

CREDOは、迷惑メールの送信者に対して手数料を要求するプラットフォーム型ソフトウェア「BitBounce」上で使用されるトークンです。手数料請求を抑止力とすることによって、迷惑メールを送信させないようにする狙いがあります。

迷惑メールがもたらす社会的損失の大きさ

迷惑メールはちょっと鬱陶しいだけで特別害の大きいものではない……という認識をお持ちの方は少なくないかと思いますが、その見通しははっきり言えば「甘い」です。迷惑メールは目立ちこそしないものの、社会に対して大きな損失を与えているのです。

インターネットでのメールの比重が下がったことで迷惑メール問題はかつてほどひどいものではなくなりつつありますが、根本的な解決には至っていません。BitBounceは迷惑メール問題の解決を目指して開発された、分散型のプラットフォームです。

BitBounceの仕組み

BitBounceは簡単に言えば、従来ものよりも厳重なフィルタリング機能と、手数料請求機能を備えた分散型メールサービスです。

ユーザーはBitBounceに自分のメールアカウントを登録して、メールを受け取ってもいいメールアドレスを登録した(ホワイトリスト)を作成します。ホワイトリストに登録されたメールアドレスからは、いつもどおりメールを受け取れますが、ホワイトリストに登録されていないメールアドレスからメールが送られてきた場合、BitBounceは送信者に対して通知を送ります。

通知にはメールを送信するために必要な手数料が記載されています(手数料はユーザーが自由に設定できます)。迷惑メールの送信に対して支払い義務を課すことによって、迷惑メールそのものを減らそうとしているわけですね。

これまでのメールサービスのフィルタリング機能は、受け取りたくないメールアドレスを登録するブラックリストが一般的でした。ブラックリストはメールを受け取れる間口が広い反面、迷惑メールもメールアドレスを指定しなければ受け取るという欠点がありました。

一方、BitBounceはホワイトリストを採用することで、より効率的に迷惑メールをシャットダウンできます。ホワイトリストは登録していないメールアドレスからのものはそれが迷惑メールでなくても排除してしまうリスクがありますが、BitBounceはリスト外からのメールを一様に排除するのではなく、手数料を要求することによってそれを緩和しています。

急増するユーザー数

現時点でのBitBounceのユーザー数は約68万人です。現在は主にスペイン、ロシア、中国、アラブ首長国連邦などで使用されています。もちろん日本からでも使用できます。下のリンクからスマートフォン用BitBounceをダウンロードできますので、気になった方は使ってみてください(日本語未対応です)。

筆者が考えるCREDOの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性があると見ています。仮想通貨プロジェクトは内容が似通うことも多いのですが、BitBounceの取り組みは唯一無二と言ってもいいでしょう。少なくとも、同程度の時価総額を持つ仮想通貨にこのようなプロジェクトは存在していません。それでいてきちんとニーズもあります。尖ったプロジェクトであるため賛否両論ありそうですが、すでに68万人ものユーザーが付いているというのも心強いです。

CREDOが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらから購入してください。

CREDOが購入できる海外の取引所一覧

  • CoinBene
  • CredoEx
0 0

この記事の共有はここから