BCPTの特徴や将来性、BCPTが購入できるおすすめの取引所

BCPTの今後の将来性

BCPT(ブロックメーソンクレジットプロトコル)の概要

通貨名称 BCPT
最大発行数 約1億1600万枚
公開日 2017年10月
公式サイト https://blockmason.io/
ホワイトペーパー https://blockmason.io/credit-protocol-whitepaper/

BCPTの特徴や目指しているもの

ブロックメーソンクレジットプロトコル(BCPT)とは、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンとスマートコントラクトを活用することで、人々の債権・債務の発行や管理を実現して、それを通じて信用度を明確にするプロジェクト「ブロックメーソン(BlockMason)」上で使われるトークンです。

誰が誰に対してどれだけの負債を背負っているか(あるいは債権を有しているか)が明確になるため、銀行のような与信調査能力を持ち合わせない個人や法人でも、簡単に他者の信用度を把握できるようになり、金融機関を介さない、スムーズで安全な経済活動に貢献します。

BlockMasonは将来的には債権と債務以外にもファイナンスやヘルスケア、電力、流通など幅広い分野に進出する予定です。

イーサイリアムのスマートコントラクトの仕組みと問題点

BCPT(BlockMason)を理解するうえで重要なのが、スマートコントラクトという技術、あるいは概念です。スマートコントラクトとは、契約をプログラム化してブロックチェーン上に記載することによって、その履行を自動化する仕組みのことです。ブロックチェーン上に契約が成立する条件を記録しておくと、その条件が満たされされたときに、価値の移転(商品の発送など)や決済が自動的に行われます。

ブロックチェーン上に記録されたデータは原則として改ざんできないため、契約相手に契約はしていないとしらばっくれられることはありません。また、相手が一方的に自分にとって都合がいいように契約の内容を書き換えることもありません。

従来の契約のように契約書を用意する必要がないので(ブロックチェーン上のデータが強固な契約書の代わりになります)、それにかかる手間も大幅に減らせますし、第三者を介入させる必要もなくなるので、それに対して支払う費用も削減できます。

知名度の低さが最大の問題

一方で、イーサリアムのスマートコントラクトには問題点(課題)もあります。特に大きな課題が、その知名度の低さです。スマートコントラクトという概念自体は昔からあったのですが、それが世間一般に広く知られているかというと必ずしもそうとは言えません。どれだけ便利であっても、知られなければ使われません。

知名度を上げるためには、スマートコントラクトの導入に対するハードルを下げ、より多くの人に体験して貰う必要があります。しかし、イーサリアムのスマートコントラクトは現状、それほど扱いやすくはありません。

開発言語がマイナーな「Solidity」であることも、それに拍車をかけています。BCPT(ブロックメーソン)はこうした障壁を取り除き、スマートコントラクトをより身近で体験しやすいものにするためのプロジェクトです。

》スマートコントラクトについてさらに詳しく知りたい方はこちら

BlockMasonで人々の信用度が明確になる?

BlockMasonの中心機能に「クレジットプロトコル」というものがあります。クレジットプロトコルは、イーサリアムのブロックチェーンとスマートコントラクトを活用して、人々の債務と債権の関係を記録・管理し、その人の信用度を明確にする機能です。このクレジットプロトコルの機能を利用したときに、手数料としてBCPTトークンを支払います。

従来は外部からはうかがい知ることが出来なかった「誰が誰に対してどれくらいの負債を負っている、あるいは債権を有しているか」が可視化されるわけです。当然、債務が多い人は信用度が低いとみなせますし、逆に債権が多い人は信用度が高いとみなせます。

この仕組みは、貸し手と借り手が直接お金の貸し借りをするレンディングサービスとの相性に優れています。近年はブロックチェーンを用いたレンディングサービスの開発が複数進められていますが、BlockMasonのクレジットプロトコルならば、レンディングに欠かせない借り手の与信調査を手軽に客観的にできるようになります。

クレジットプロトコルが体験できる「Lndr」を使ってみよう

Lndrは主に友人との少額の融資を行うための、iPhone・Android向けDapps(分散型アプリ)です。友人に対して融資を行ったことをアプリに記録すると、それがブロックチェーン上に記録されます。後日、アプリを起動すると、貸した金額が返ってくる、という仕組みになっています。

アプリを起動するという条件を満たすと貸したお金が戻ってくるという、スマートコントラクトをフルに活用したアプリです。現状、双方がアプリをインストールしていなければ成り立たず、日本語には少し違和感があるものの、アプリのインターフェイス自体は非常に良く出来ており、なによりアプリが完全無料で使えるのでダウンロードしても損はありません。

他分野への進出も視野に入れるBlockMason

BlackMasonは将来的には「Coral Health」という、健康に関するサービスにも活用される予定です。健康に関する記録を効率的に収集・蓄積し、そのデータを用いて、その人に最も合ったその人の体質などを考慮した、個々人のためにカスタマイズされた医療(オーダーメイド医療)を促進していきます。

現時点では必ずしも効率的に提供されているとは言えず、一部の人にしかアクセスできないオーダーメイド医療ですが、ブロックチェーン技術によってもっと身近なものになるかもしれません。

筆者が考えるBCPTの今後の将来性

短期的に大きな価格上昇が起こるとは考えづらいですが、長期的な将来性はかなり大きいと思われます。これまで外部の人間にはうかがい知ることが出来なかった個々の信用度が明確になるというのはやはり便利で、個人投資家に対して一定の需要が見込まれます。

Lndrが順調にリリースされたところを見るに、開発陣の能力も充実している可能性が高いです。現時点では上場している取引所が少なく、取引しにくいのが難点ですが、開発が進めばそれも解消されるでしょう。

BCPTが日本に上場する可能性

現時点では上場の見通しは立っていません。海外取引所の中ではバイナンスでの取引高が圧倒的に多いので、使うならここをおすすめします。

BCPTが購入できる海外の取引所一覧

2 0

この記事の共有はここから