BFTの今後の将来性とBFTが購入できるおすすめの取引所

BFTの今後の将来性とBFTが購入できるおすすめの取引所

BFTの概要

通貨名称 BFT(BnkToTheFuture)
最大発行数 10億枚
公開日 2018年3月
公式サイト https://bnktothefuture.com/
ホワイトペーパー

BFTの特徴や目指しているもの

BFTは、株式や仮想通貨などに投資できるオンラインプラットフォーム「BnkToTheFuture」上で使用されるイーサリアム(ETH)ベースのトークンです。プラットフォームには一定以上の資産を持つ約6万人の投資家が登録しており、未公開株式などに投資しています。

BnkToTheFutureはどんなプラットフォーム?

BnkToTheFutureは2010年に運営がはじまった、仮想通貨プロジェクトやブロックチェーン関連起業の未公開株式などに投資できるオンラインプラットフォームです。具体的には仮想通貨取引所のBitfinexやKraken、仮想通貨のFactomやStorjなどに投資できます。現時点でもFactomの運営会社ファクトム社の株式を全体の7.8%保有しています。

未公開株式にアクセスできる環境を提供

BnkToTheFutureの特徴は、証券会社などでは買えない未公開株式に対して投資できることです。

株式会社が発行する株式は大きく、証券取引所に上場され、証券会社を通して誰でも売買できる「公開株式」と、上場されておらず、株主とのコネクションなどがなければ買うのが難しい(そして売るのも難しい)「未公開株式」に分けられます。

未公開株式は上場したときの利益が大きくなりやすい一方、リスクや詐欺の可能性も大きいうえ、流動性も低く、なんのコネもない一般投資家にとってはそもそも実践しづらいというデメリットがありました。しかし、BnkToTheFutureではあらかじめそのようなリスクやデメリットが最大限取り除かれているため、比較的安心して投資に取り組めます。

このような魅力的機能を提供することで利用者数を増やしてきたBnkToTheFutureですが、2018年にBFTの発行することで、事業を更に前に進めました。

BnkToTheFutureが提供する「デューデリジェンス」

BnkToTheFutureは、BFTの流通を通じて、デューデリジェンスを提供します。デューデリジェンスとは、投資を考える投資家に対して、投資対象の価値やリスクなどを分析した資料などのことです。デューデリジェンスにあたっては組織や財務活動、財務内容、定款や登記事項などを総合的に分析し、結論を出す必要があります。

BnkToTheFutureは、これをコミュニティの力で提供します。デューデリジェンスが提供できる専門家はこのプラットフォーム上に登録して、調査とその結果公表を通じて、BFTで報酬を受け取ります。一口に専門家と言っても、その役割は財務活動分析や企業情報の更新など多岐に渡り、活躍度合いに応じて受け取れる報酬が変化します。

また、BnkToTheFuture上では取得した株式を担保にトークンを発行できるため、投資家は株式を管理しつつ、他のホワイトリスト上のメンバーが定めた方法で取引できるようになります。

筆者が考えるBFTの今後の将来性

現時点では、それなりの将来性はあると考えています。未公開株式に投資できるというのは、他では余り見られない優れた特徴です。ただ、現時点では機能が限られているため、さらなる機能の上昇に期待したいところです。

BFTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらから購入してください。

BFTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから