DPYの今後の将来性とDPYが購入できるおすすめの取引所

DPY

DPYの概要

通貨名称 DPY
最大発行数 1億枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://delphy.org/
ホワイトペーパー

DPYの特徴や目指しているもの

DPYは、イーサリアム(ETH)上に構築された分散型予測市場プラットフォーム「Delphy」上で使用されるトークンです。参加者は自らの知識、経験、知恵を用いて将来を予測し、その予測が当たれば報酬を受け取れます。

予測市場とは

予測市場とは文字通り、将来を予測するための市場です。参加者は将来を予測し、正しければ報酬が得られるという仕組みになっています。競馬や競輪なども「勝つ馬や人を予測する予測市場」といえますし、天気予報や選挙予想、保険なども予測市場の一種と言えます。予測市場はギャンブルと密接に関係していますが、ギャンブルだけに限られたものではありません。しかし、こうしたプラットフォームは中央集権型であるがゆえのリスクをいくつか抱えています。

例えば結果の不正操作や、結果が出てから支払いが行われるまでの期間の長さなどはかねてから問題視されているにもかかわらず、未だ十分に解決されていません。こうした数々の問題点を解決するのが、Delphyの役割です。

Delphyの仕組み

Delphyはスポーツの試合の結果や選挙結果などを予想する、分散型予測市場プラットフォームです。参加者は自らの持つ力をフル動員して将来を予測します。その予測が当たれば、報酬を受け取れます。Delphyは分散型プラットフォームであるがゆえに、不正操作や支払いの遅れなどのリスクは非常に小さいです。手数料も安く、安心して遊ぶことができます。

また、Delphyには独自のSNSが予め組み込まれており、これを通じて個人間でメッセージを送ったり、送金したりすることも可能です。

従来とは異なる新しい予測手法

Delphyは予測の手段として、社会的予測を採用しています。これは従来の統計手法や機械学習を用いたものとは全く異なります。社会的予測とは簡単に言えば、群衆に対して質問を投げかけて、その答えの割合から将来を予測するというものです。

まず、「はい/いいえ」で答えられる質問を作ります。例えば「ビットコインは2019年末までに150万円を超えると思いますか」という質問です。この質問に対して「はい」と答えた人が80%、「いいえ」と答えた人が20%だったとすれば、多くの人はビットコインが2019年末までに150万円を超えると思っているということがわかります。

実際に150万円を超えれば、「はい」と答えた人たちは報酬がもらえますが、「いいえ」と答えた人たちは何ももらえません。一方、150万円を超えなかった場合は「いいえ」と答えた人たちは報酬がもらえますが、「はい」と答えた人は何ももらえません。

正解すれば報酬がもらえるので利用者たちは真剣に将来を予測し、その結果予測の精度が上がる……という仕組みになっています。一見、ずいぶん大雑把な仕組みにも見えますが、こうした予測は専門家個人の予測よりも正確であるとされています。

社会的予測を成立させるためのDelphy

ただ、このメリットを十分に享受するためには、予測市場が開かれていて参加者が十分に多く、しかも不正がないものでなければなりません。Delphyは仮想通貨に使われるブロックチェーンを活用することによって市場を開き、不正を防いでいます。

Delphyの予測手法は、様々な分野での活躍が期待されています。たとえば今までよりも株価の変化を高い精度で言い当てられたり、スポーツや選挙の結果が事前にほぼわかったりするかもしれません。未来を正確に予想するという、ある意味では人類の夢とされてきたことが、叶うかもしれないのです。

筆者が考えるDPYの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。予測市場の需要事態は充分あるかと思いますが、他に競合するプラットフォームが多いからです。例えばAugurはその代表格であり、知名度・時価総額ともにDelphyを圧倒しています。LINEなどの企業も参入しており、競争は非常に激しいです。Delphyにこの競争を勝ち抜けるほどの差別化点や特徴が見られない、というのが正直な感想です。

DPYが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

DPYが購入できる海外の取引所一覧

  • OKEx
  • Gate.io
  • CoinMex
0 0

この記事の共有はここから