GTOの特徴や将来性、GTOが購入できるおすすめの取引所

GTOの今後の将来性

GTO(Gifto/ギフト)の概要

通貨名称 GTO(Gifto/ギフト)
最大発行数 10億枚
公開日 2017年12月14日
公式サイト https://gifto.io/
ホワイトペーパー https://gifto.io/GIFTO_Whitepaper_V2.0_20171204.pdf

GTOの特徴や目指しているもの

GTOは、”SNS上で投げ銭ができる”のが特徴の仮想通貨です。すでに、twitter上で投げ銭することができる仮想通貨もリリースされているなど、アーティストやコンテンツクリエイターを応援する仮想通貨は根強い人気があるのです。

Uplive(アップライブ)

GTOはすでに、誰でもライブを配信できるサービス「Uplive」をプロダクトを実装しています。すでに登録者は2,000万人を超えて、110億円規模の市場になっています。

youtubeなどの動画投稿では広告収入を得られますが、運営側の都合で広告料を減らされたり、投稿自体を禁止されてしまったりしてコンテンツクリエイター側は思うように収益を上げられない可能性が高いのが現状です。ユーザー同士で「投げ銭」できるシステムだと、この問題を解消することができます。

ファンはコンテンツクリエイター(ライブ配信者)へバーチャルギフトを送ることができます。受け取ったクリエイターは、バーチャルギフトをGTOトークンへ交換することが可能。さらにGTOを法定通貨へ交換することで、クリエイターは収益を得ることができるという仕組みです。つまり、ファンはクリエイターに間接的にお金を渡すことができるというシステムです。

GIFTOプロトコル

すでに「Uplive」で実装されていますが、GIFTOのプロトコルは、以下のようになっています。

  • SNS上で、ファンがバーチャルギフトを購入する
  • コンテンツクリエイターは、ファンからバーチャルギフトを受け取る
  • クリエイターは、バーチャルギフトをGIFTOに交換することができる。

上記をFacebookやInstagram、youtubeなどUplive以外のSNSでも実装するのがGIFTOの計画です。これらは、ブロックチェーン上で管理され、スマートコントラクトにより自動的に行われています。煩わしい手続きを排除することにより、ユーザーにとって使いやすいシステムになっています。

GTOの将来性

GTOの将来は比較的有望ではないかと思います。競合が多いのは事実です。BitzenyやXEM、MONAなどはtwitter上で投げ銭が可能です。すでに投げ銭機能を実装している仮想通貨は多いので、これらとどう戦っていくのかが課題です。

しかし、たった1分で33億円を集めたという伝説的ICOの実績も明るい材料ですし、すでにUpliveというプロダクトを実装して結果を出している、という点も強いです。多くのベンチャーキャピタルが出資しているという事から、大勝ちはしなくても安定して伸びていく可能性は高いのではないでしょうか。

Upliveのアップデートや、既存のSNSとの親和性を高めていく事が重要です。特に使いやすさ、UIの見やすさなどがポイントになってくる気がします。

GTOが日本に上場する可能性

GTOが日本の取引所に上場する可能性は、いまのところはなさそうです。しかしリリース後は、日本のユーザーの認知度が上がる可能性は十分にあります。なぜなら、instagramやFacebookユーザーは日本にも多く、GTOのプロダクトの需要も十分に有り得るからです。日本での認知度が上がれば、日本の取引所に上場する可能性もありますが、いまは海外の取引所で購入しましょう。

GTOが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから