GTOの特徴やチャートで見る将来性、GTOが購入できるおすすめの取引所

GTOの今後の将来性

GTO(ギフト)の概要

通貨名称 GTO
最大発行数 10億枚
公開日 2017年12月14日
公式サイト https://gifto.io/
ホワイトペーパー https://gifto.io/GIFTO_Whitepaper_V2.0_20171204.pdf

GTOの特徴や目指しているもの

GTO(Gifto/ギフト)は一言でいうと、”SNS上で投げ銭ができる”仮想通貨です。AIGという中国の企業が発行しています。

投げ銭とは、文字通りの意味であれば「お金を投げること」ですが、WEB上でコンテンツの提供者に対して寄付をする行為をいいます。いまは一般的にこちらの意味で使われるケースが多いです。すでに、twitter上で投げ銭することができる仮想通貨もリリースされています。アーティストやコンテンツクリエイターを応援するタイプの仮想通貨は人気があります。

Uplive(アップライブ)

GTOはすでにプロダクトを実装しています。そのプロダクトが「Uplive」です。
「Uplive」は、誰でもライブを配信できるサービスです。すでに登録者は2,000万人を超えて、110億円規模の市場になっています。

facebookや instagram、youtubeとのアカウントと連動してバーチャルブレゼントを送ることができる仕組みです。youtuberなどの動画投稿では通常、広告で収入を得ます。しかし、運営側の都合で広告料を減らされたり、投稿自体を禁止されてしまったりしてコンテンツクリエイター側は思うように収益を上げられない可能性が高いのが現状です。

ユーザー同士で「投げ銭」できるシステムだと、この問題を解消することができます。
ファンは、好きなクリエイターに好きなだけチップ(投げ銭)をすることが可能。リスナーが少なくても、十分に稼ぐことができるクリエイターもいるでしょう。一方、多くのリスナーを抱えていても、誰も投げ銭してくれなければそれほど稼ぐこともできません。収益の公平性という意味では、とても有意義なプラットフォームではないでしょうか。

バーチャルギフトはアプリ内課金で購入することができます。ファンはコンテンツクリエイター(ライブ配信者)へバーチャルギフトを送ることができます。受け取ったクリエイターは、バーチャルギフトをGTOトークンへ交換することが可能。さらにGTOを法定通貨へ交換することで、クリエイターは収益を得ることができるという仕組みです。つまり、ファンはクリエイターに間接的にお金を渡すことができるというシステムです。

前述の通り、すでにtwitterでは仮想通貨をチップ(投げ銭)システムが流行っているので、Giftoの需要は十分にありそうです。スマホアポリの「SHOWROOM」にもちょっと似てますね。無名でも好きなクリエイターを応援できるプラットフォームです。自分の思いが直接相手に伝わるので、ファンとしては大変うれしいプラットフォームです。

GIFTOプロトコル

すでに「Uplive」で実装されていますが、GIFTOのプロトコルは、以下のようになっています。

  • SNS上で、ファンがバーチャルギフトを購入する
  • コンテンツクリエイターは、ファンからバーチャルギフトを受け取る
  • クリエイターは、バーチャルギフトをGIFTOに交換することができる。

上記をFacebookやInstagram、youtubeなどUplive以外のSNSでも実装するのがGIFTOの計画です。これらは、ブロックチェーン上で管理され、スマートコントラクトにより自動的に行われています。煩わしい手続きを排除することにより、ユーザーにとって使いやすいシステムになっています。

GTOはERC20トークンでもあります。ERC20とは、「Ethereum Request for Comments : Token Standard #20」の略で、イーサリアム(ETH)をベースに発行できるトークンの共通のルールだと思ってください。ERC20トークン同士であれば同じウォレットを利用できる、などのメリットがあります。ERC20トークンユーザーにとっては、うれしい材料です。

GTOに出資している企業一覧

GTOに投資している企業を見てみましょう。

  • Whitestar
  • PANTERA
  • IndexVentures
  • WICKLOW
  • SIGNUMCAPITAL
  • VENTECH
  • KPCB
  • BlockAsset

投資会社が多いですね。ICOでも成功を収めていますが、投資会社がバックについているのは心強いです。

筆者が考えるGTOの今後の将来性

GTOの将来は比較的有望ではないかと思います。競合が多いのは事実です。BitzenyやXEM、MONAなどはtwitter上で投げ銭が可能です。すでに投げ銭機能を実装している仮想通貨は多いので、これらとどう戦っていくのかが課題です。

しかし、たった1分で33億円を集めたという伝説的ICOの実績も明るい材料ですし、すでにUpliveというプロダクトを実装して結果を出している、という点も強いです。多くのベンチャーキャピタルが出資しているという事から、大勝ちはしなくても安定して伸びていく可能性は高いのではないでしょうか。

Upliveのアップデートや、既存のSNSとの親和性を高めていく事が重要です。特に使いやすさ、UIの見やすさなどがポイントになってくる気がします。

GTOのチャートをみてみましょう。
GTOチャート
2018年1月12日に107円(0.000065BTC)をマークし、一旦は下がりますが、2018年2月17日に65円(0.000060BTC)まで浮上。その後、また緩やかに下降しています。2018年3月下旬現在、GTOは、27円(0.000029BTC)となっています。

爆発的に上がる可能性もないとも言えないし、順調に右肩上がり、というわけではないですが、大きく下がる可能性もすくなそうです。

ロードマップによると、2018年中にはリリースされるようです。楽しみですね。大金を突っ込むのはおすすめできませんが、無理のない範囲で購入するのは大いにありではないでしょうか。

GTOが日本に上場する可能性

GTOが日本の取引所に上場する可能性は、いまのところはなさそうです。しかしリリース後は、日本のユーザーの認知度が上がる可能性は十分にあります。なぜなら、instagramやFacebookユーザーは日本にも多く、GTOのプロダクトの需要も十分に有り得るからです。日本での認知度が上がれば、日本の取引所に上場する可能性もありますが、いまは海外の取引所で購入しましょう。

GTOが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Bibox
  • OKEx
0 0

この記事の共有はここから