FJCの特徴や将来性、FJCが購入できるおすすめの取引所

国産の仮想通貨FJCの特徴・発行終了時期・将来性を解説

FJCの概要

通貨名称 FJC
最大発行数 100億枚
公開日 2014年6月
公式サイト http://www.fujicoin.org/
ホワイトペーパー

FJCの特徴や目指しているもの

FJCは、2014年6月に誕生した国産仮想通貨です。決済手段として世界中の人に使ってもらうことを目的に作られた通貨であり、急激な価格変動を抑える仕組みが採用されています。

ビットコインと比べて高速かつ安い送金手数料、高度な分散化を実現しており、決済手段として優秀です。開発チームは10人ですが、全員がペンネームであり、日本人かどうかは明らかになっていません。

FJCはビットコインとどう違う?

FJCは2014年に誕生した比較的古い仮想通貨ですが、機能はビットコインやライトコインはもちろん、新興の仮想通貨にも全く引けを取っていません。

ブロック生成時間は1分で、ビットコインやビットコインキャッシュの10分はもちろん、ライトコインの2.5分やモナコインの1.5分と比べても高速です。ブロック生成時間が短いので、その分送金も高速に行えます。

FJCは51%攻撃(特定のマイニンググループが過半数の計算能力を得た場合に発生する攻撃)への耐性を備えているなど、安全性も十分です。

プレマインと批判

FJCはコインが広く普及する前に、特定の人たち(主に開発関係者)だけでマイニングを行い、コインを分配する「プレマイン」を実施しています。プレマインの割合が多すぎる場合、プレマインによってコインを得た保有者の動向に価格動向が左右されることになってしまいます。

FJCでは発行総額の1.6%に当たる1億6000万枚が非公表でプレマインされました。1.6%という数字はそこまで大きいわけではないのですが、それが非公表で行われたことについてはコミュニティの掲示板などでも批判されました。一体なぜこのようなことをしたのかは不明です。

マイニングとアルゴリズム

FJCではアルゴリズムにScript11という特別なアルゴリズムを採用しているので、マイニングに特化したASICでマイニングができないASIC耐性を備えています。これにより、高度な分散化が図られます。

筆者が考えるFJCの今後の将来性

現状では、あまり期待していません。誕生から時間が経っている割には、これといって普及する見通しが立っていないからです。時価総額は2000万円前後とかなり低いですし、取引も豊富に行われているとは言えません。

Twitterアカウントもそれなりに稼働しているなど、全く期待できないというわけでもないのですが、基本的には厳しいものと思っておいたほうが良いでしょう。

FJCが日本に上場する可能性

国産の仮想通貨でありながら、現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場しているため、気になるという方はそちらを利用するといいでしょう。

FJCが購入できる海外の取引所一覧

  • Bleutrade
  • Blockbid
  • Cryptopia
  • Nova Exchange
  • WAFCOIN Exchange
  • Yobit
0 1

この記事の共有はここから