国産の仮想通貨FJC!特徴や発行が終了する時期、今後の将来性を解説

国産の仮想通貨FJCの特徴・発行終了時期・将来性を解説

FJCの概要

通貨名称 FJC(Fujicoin)
最大発行数 100億枚
公開日 2014年6月
公式サイト http://www.fujicoin.org/ja/
ホワイトペーパー

FJCの特徴や目指しているもの

FJC(Fujicoin、富士コイン)は、2014年6月に誕生した国産仮想通貨です。決済手段として世界中の人に使ってもらうことを目的に作られた通貨であり、急激な価格変動を抑える仕組みが採用されています。

ビットコインと比べて高速かつ安い送金手数料、高度な分散化を実現しており、決済手段として優秀です。開発チームは10人ですが、全員がペンネームであり、日本人かどうかは明らかになっていません。

FJCはビットコインとどう違う?

FJCは2014年に誕生した比較的古い仮想通貨ですが、機能はビットコインやライトコインはもちろん、最近誕生した新興仮想通貨にも全く引けを取っていません。

ブロック生成時間は1分で、ビットコインやビットコインキャッシュの10分はもちろん、ライトコインの2.5分やモナコインの1.5分と比べても高速です。新興仮想通貨の中には更に早いものもありますが、全体で見ればかなり優秀なことは間違いありません。ブロック生成時間が短いので、その分送金も高速に行えます。

通常、仮想通貨では送金速度を高速にするとその分安全性が疎かになりがちという問題があるのですが、FJCは51%攻撃(特定のマイニンググループが過半数の計算能力を得た場合に発生する攻撃)への耐性を備えているなど、安全性も十分です。取引手数料も通常より安くなるように設計されているため、日常的な少額決済に適した仮想通貨と言えます。

Sカーブ理論に基づいた供給で急激な価格変動を抑制

一般的に、商品や技術などの新しいものが広がる速度はSカーブに従うと言われています。このような理論をSカーブ理論といいます。Sカーブとは、ある商品や技術が普及していくさまをなめらかな線グラフで表したものです(横軸は時間軸、縦軸は普及度を表す軸です)。そのグラフの形状がアルファベットのSという文字に似ているので、このような名前がつけられています。

時間軸の一番左側、要するに1番目の時期では、ごく一部の限られた先進的な人や開発に関係する人(イノベーター)のみがその商品や技術を使います。イノベーターの割合は全体の2.5%ほどと少数派であるため、グラフの傾きは小さくなります。

2番目の時期では、イノベーターの動向に敏感な人たち(アーリーアドプター)がその商品や技術を使うようになります。アーリーアドプターは13.5%とイノベーターよりも多いため、グラフの傾きは次第に大きくなります。

3番目の時期では、アーリーアドプターの動向を見た人たち(アーリーマジョリティ)がその商品や技術を使うようになります。アーリーマジョリティは34%と多いため、グラフの傾きはさらに大きくになります。

4番目の時期では、半数の人たちがその商品や技術を使っているのを見た人たち(レイトマジョリティ)が、その商品や技術を使うようになります。この段階まで来ると新規参入者の割合は減るため、グラフの傾きは次第に小さくなります。

5番目の時期ではレイトマジョリティも消え、既存ユーザーとそれを使わない人たちが殆どを占めるようになるので新規参入者は0に近くなり、グラフの傾きもほぼ0になります。

Sカーブ理論は1962年にスタンフォード大学のエベレット・M・ロジャース教授によって提唱されたものであり、多くの商品や技術に当てはまると考えられています。したがって、FJCにも当てはまると考えられます。FJCはこのカーブに従うようにコインの供給量を調整することによって価格変動を抑えられるという考え方に基づき、数十年間に渡って発行されます。ようするに、需要の増大ペースを予測し、それに合わせて供給するわけです。

FJCでは、発行がほぼ完了する2044年までを以下のように分けています。

2014年~2016頃 1番目の時期。発行ペースが緩やか。
2016年~2019年頃 2番目の時期。発行ペースが急になる。
2019年~2024年頃 3番目の時期。発行ペースがさらに急になる。
2024年~2031年頃 4番目の時期。発行ペースが緩やかになる。
2031年~2044年頃 5番目の時期。発行ペースはさらに緩やかになり、最終的0になる。

FJCのウォレット

FJCのウォレットは数種類あります。公式のウォレットは「Electrum-FJC」というものですが、公式サイト上ではそれ以外にもいくつか紹介されています。

ウォレット名 概要
Electrum-FJC FJC公式ウォレット。最新規格のBIP44をサポート。簡単にダウンロードできる上、セキュリティも高度。
Coinomi Wallet BIP32とBIP44をサポートする先進的なウォレット。軽快に動作し、安全性も高い。
MultiExplorer Wallet BIP44をサポートしたオープンソースウォレット。スマートフォン向けに設計されている。
TREZOR 人気のハードウェアウォレット。FJC以外にも数十種類の通貨を保管可能。
ARCHOS Safe-T mini 機能だけでなく、スタイリッシュなデザインも人気のハードウェアウォレット。

プレマインと批判

FJCはプレマインを実施しています。プレマインとは、コインが広く普及する前に、特定の人たち(主に開発関係者)だけでマイニングを行い、コインを分配する行為のことです。コインを流通させるためのコミュニティを形成し、開発者に利益を与える目的からこのようなことが行われます。

一方で、プレマインの割合が多すぎる場合、プレマインによってコインを得た保有者の動向に価格動向が左右されることになってしまいます。大量にコインを保有することによって市場流通量を減らして価格を釣り上げ、価格が実際に上昇したら売りさばいて多額の利益を得るような開発者も存在します。これは分散化という理念に模範していますし、あまりにも不公平です。

FJCでは発行総額の1.6%に当たる1億6000万枚が非公表でプレマインされました。1.6%という数字はそこまで大きいわけではないのですが、それが非公表で行われたことについてはコミュニティの掲示板などでも批判されました。一体なぜこのようなことをしたのかは不明です。

マイニングとアルゴリズム

FJCはビットコインと同じようにマイニングが出来ます。マイニングとはブロックの生成(分散型台帳への記帳)を行った見返りとして、報酬を得る行為のことです。マイニングを行う人達をマイナーといい、彼らは仮想通貨の価格や開発方針に影響を与えることもあります。

FJCではアルゴリズムにScript11という特別なアルゴリズムを採用しています。この仕組のもとでは、ASICでマイニングが出来ません。ASICとは特定の目的のために作られた集積回路のことです。ASICはCPUやGPUと比べて高額かつ高性能であり、多くの仮想通貨マイニングで導入されています。ASICでマイニングができるとどうしてもそれを用意できる豊富な資金力があるマイニンググループに利益が集中しがちです。

一方、FJCはASICでマイニングが出来ない(体制がある)ため、CPUやGPUでもマイニングできます。この仕組のもとでは特定のマイニンググループが過剰な利益を得ることがなく、高度な分散化が図られます。

筆者が考えるFJCの今後の将来性

現状では判断が難しいところですが、あまり期待していません。誕生から時間が経っている割には、これといって普及する見通しが立っていないからです。時価総額は2000万円前後とかなり低いですし、取引も豊富に行われているとは言えません。

上場取引数が多く、Twitterアカウントもそれなりに活動しているなど、全く期待できないというわけでもないのですが、基本的には厳しいものと思っておいたほうが良いでしょう。

FJCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されているため、気になるという方はそちらを利用するといいでしょう。

FJCが購入できる海外の取引所一覧

  • Blockbid
  • WAFCOIN Exchange
  • Bleutrade
  • Cryptopia
  • Nova Exchange
  • Yobit
0 0

この記事の共有はここから