PRIXの特徴や将来性、PRIXが購入できるおすすめの取引所

PRIX

PRIXの概要

通貨名称 PRIX
最大発行数 128万枚
公開日 2017年10月
公式サイト https://privatix.io/ja
ホワイトペーパー

PRIXの特徴や目指しているもの

PRIXは、2017年10月に取引が始まった、比較的新しい仮想通貨です。自由なインターネット、高いセキュリティ、プライバシーの保護を実現するための仮想通貨であり、収益性に優れた企業「Privatix」によって運営されます。

Privatixの目的は自由なインターネット社会の構築

Privatixは、セキュリティと自由を両立させたインターネット社会を構築するための仮想通貨プロジェクトです。独自のブロックチェーンによって分散型P2PのVPNネットワークを使用したインターネット帯域幅市場です。この中核を担うのが、セキュアなネットワークを比較的簡単に、しかも安価に構築するための技術である「VPN」です。

特別なソフト一切なしで安全な環境を実現

PrivatixでVPN環境を構築するために必要なのは、「VPNルーター」だけです。VPNルーターはインターネット帯域幅の売り手、又は買い手として接続することができる事前に設定済みの高度DD-WRTルーターであり、ビジネスなどで頻繁に移動する人向けです。現在はルーターを生産するメーカーと連携を図っている最中であり、量産が進めば安価に購入することができるようになるでしょう。

P2Pでスケーラビリティなネットワークを実現

Privatixは、P2Pで構築されたネットワークです。P2Pとは簡単に言えば、すべてのコンピュータが対等に接続されたネットワークのことです。

P2Pのメリットは、サービスがダウンしづらいことです。クライアントサーバシステムでは、サーバがダウンしてしまうとサービスが全く使えなくなってしまいます。一方、P2Pの場合は、たとえ一部のコンピュータがダウンしてしまっても、残りのコンピュータが無事ならば全体としてのサービスが成り立つ一方、ネットワークに接続されるコンピュータが少ないと、サービスの速度が低下するというデメリットがあります。

PRIXの発行枚数

PRIXの発行枚数は120万枚と、ビットコイン(BTC)の2100万枚やライトコイン(LTC)の8400万枚、リップル(XRP)の1000億枚などと比べると、その枚数は非常に少ないです。

筆者が考えるPRIXの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。機能的にはこれと言って大きな問題があるわけではなく、それなりに魅力もあるかと思いますが、現時点では知名度が圧倒的に足りていません。どんなに機能が優れていても、知られ、買われなければ価格が上昇しないのが仮想通貨というものです。この状況を打破しない限りは、苦しい立場が続くでしょう。

PRIXが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

PRIXが購入できる海外の取引所一覧

  • Coss
  • Ether Delta
0 0

この記事の共有はここから