仮想通貨BTMとは?特徴や気になる今後の将来性を徹底解説

BTMの特徴・将来性を解説

BTM(バイトム)の概要

通貨名称 BTM(Bytom)
最大発行数 14億700万枚
公開日 2017年6月20日
公式サイト https://bytom.io/
ホワイトペーパー https://bytom.io/wp-content/themes/freddo/book/BytomWhitePaperV1.0_En.pdf

BTMの特徴や目指しているもの

BTM(バイトム)は、デジタル資産と現物資産の相互管理プラットフォーム「Bytom」上で使用されるイーサリアムベースのトークンです。Bytomはデジタル資産と現物資産、つまりはすべての資産を一元的に管理できる分散型のプラットフォームで、仮想通貨を筆頭とするデジタル資産をより身近なものにしてくれます。

デジタル資産と現物資産の違い

デジタル資産とは、仮想通貨を含めたデジタルな資産のことです。明確な定義は決まっていませんが、資産的な価値を持つものは形式にかかわらず基本的にデジタル資産とみなす事が多いようです。例えば画像や動画、音声、レイアウトデータなども、資産的な価値があればデジタルデータとみなします。

一方、現物資産とは、実態のある資産のことです。現金、債券、不動産などのほか、資産価値を持つ情報なども実体があれば現物資産とみなします。

デジタル資産管理の問題点

デジタル資産を管理することをデジタル資産管理といいます。デジタル資産が現物資産に勝るとも劣らない収益を生み出す現代において、(特に企業が)これを適切に管理することは非常に重要です。

デジタル資産管理を適切に行えば、より少ない労力で多くの利益を得られます。逆に管理が不適切だと、無駄な労力を使うことになったり、利益を逃したり、最悪の場合は他者に権利を侵害されてしまう危険性すらあります。

しかし、デジタル資産管理を行う現場が効率的に回っているかというと、必ずしもそうとは言えません。高いコスト、劣悪な労働環境、デジタル資産と現物資産の同期の面倒臭さなど、問題点を挙げればきりがありません。

最近はこうした手間のかかるデジタル資産管理を効率的に行うためのサービスが様々な企業から提供されていますが、こうしたサービスはいずれも特定の企業による中央集権的なものです。

中央集権的であるがゆえに意思決定が早かったり、顧客の意見が取り入れられやすかったりというメリットもありますが、一方でいつサービスが終わるかもしれないなどのデメリットも少なくありません。こうしたデメリットを気にせず使えるのがBytomです。

Bytomはデジタル資産と現物資産をつなぐプラットフォーム

Bytomのシステム上では、複数のデジタル資産を1つの共有台帳で管理します。このシステム上では、ユーザーは今までよりも簡単にデジタル資産を現物資産に交換できます(もちろん、その逆も可能です)。

資産管理システムにはビットコインなどでも採用されているUTXOを採用しています。これはトランザクションの個々のインプットとアウトプットを記録していき、その残高を割り出すシステムです。例えば、最初に100BTMを受け取り、その後20BTM支払い、その後30BTM受け取った場合、100-20+30=110BTMが残高となります。

受け取った額と支払った額の差額から残高を割り出すUTXOは二重送金を防ぎ、データを軽くしやすいという点で優れています。

BytomのウォレットにはHDウォレットを採用しています。HDウォレットは日本語に訳すと「階層的決定性ウォレット」で、ユーザーが1つのマスターキーを入力すると、複数の秘密鍵を自動で生成できるのが大きな特徴です。

この仕組みのもとでは、ユーザーはマスターキー1つを覚えておくだけで、複数のウォレットを一括的に管理できます。面倒なウォレットの管理を一元化できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

クロスチェーンで効率的な資産管理を実現

Bytomはクロスチェーンで資産管理を行います。クロスチェーンとは、異なるブロックチェーン同士を接続することによって、取引所などの第三者をまたぐことなく取引ができる仕組みのことです。

例えばイーサリアムとビットコインは異なるブロックチェーンを利用しているため、通常は取引には第三者が必要になります。第三者が介入すればセキュリティ上のリスクは増えますし、手数料もかかります。クロスチェーン技術を使えば、第三者無しでの取引が可能になるため、より安全に、安く取引ができるようになります。

Bytomのレイヤー構成

Bytomは以下の3つのレイヤーによって構成されています。

  • データトランザクションレイヤー
  • コントラクトレイヤー
  • アセットインタラクションレイヤー

取引履歴がデータトランザクションレイヤーで記録されます。前述のUTXOを採用しているため、ハイスピードな処理が可能です。

契約内容を管理するのはコントラクトレイヤーです。スマートコントラクトの実現、クロスチェーンなどの役割を担います。

資産管理を行うのはアセットインタラクションレイヤーです。

ASICのマイニング

BTMはビットコインなどと同様に、Proof of Workを採用しています。Proof of Workは簡単に言えば、計算能力が高いコンピュータほど優先的に報酬を受け取れる仕組みです。前述のビットコインを筆頭に、多くの仮想通貨で採用されています。
》Proof of Workについての解説記事はこちら

Bytomでは、マイニングにASICという装置を利用できます。ASICはマイニングに特化した高額なコンピュータです。最近はマイニングの寡占化を防ぐためにASIC耐性を持つ(GPUなどでないとマイニングできない)仮想通貨も増えてきていますが、そうした中でBytomはASICの利用を認めているという点で大きな特徴があると言えます。

筆者が考えるBTMの今後の将来性

現状では将来有望と言えそうです。デジタル通貨と現物資産の相互管理はニーズがそこそこある割には有力なプロジェクトが少ない「穴場」です。強大なライバルが少ないというのは純粋に評価点です。

スマートコントラクトなどを抑えているのも好印象です。ただし、現時点では形になっている部分が殆どなく、不透明な部分も少なくありません。全面的に信頼できるほど有望かというとそうとは言えないので気をつけましょう。

BTMが日本に上場する可能性

現状、BTMが日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。早めに購入したい場合は、海外取引の利用をおすすめします。

BTMが購入できる海外の取引所一覧

  • Bibox
  • Huobi
  • OKEx
0 0

この記事の共有はここから