MTNの特徴や将来性、MTNが購入できるおすすめの取引所

医療系仮想通貨MTNの使い道・おすすめ取引所

MTNの概要

通貨名称 MTN
最大発行数 2000億枚
公開日 2018年3月
公式サイト https://medicalchain.com/
ホワイトペーパー https://medicalchain.com/ja/whitepaper/

MTNの特徴や目指しているもの

MTNは、イギリスのMEDICALCHAIN.COM LTD(以下MEDICALCHAIN社)が推進する、ブロックチェーンの技術を活用して、医療をより安全・安心で効率的なものにすることを目指すイギリス発のプロジェクト「Medicalchain」上で使用されるトークンです。
医療業務の効率を大幅に改善することによって、患者と医療スタッフの満足度向上、更には過剰な医療費増大の抑制を目指します。

Medicalchainが生まれた背景~NHSがもたらす多大な財政赤字~

Medicalchainが生まれた理由を知るためには、まずはイギリスの医療制度「NHS」について知る必要があります。イギリスは日本と同じく国民皆保険制を採用していますが、その内容はさらに手厚く、原則として医療は自己負担なし(無料)です。
ただし、これを利用するためには、GPと呼ばれる医師(かかりつけ医のようなもの)に治療が必要と判断して貰う必要があるだけではなく、サービスの質の悪さや不公平感の大きさといった問題も指摘されています。
Medicalchainは医療業務の効率を改善することによって、複雑に絡み合った問題をまとめて解決する可能性を秘めたプロジェクトです。

Medicalchainの概要

Medicalchainは簡単に言えば、ブロックチェーン上に患者の情報を記載し、それを医療関係者同士で共有することによって医療業務を大幅に効率化するものです。これにより、医師を始めとするスタッフの負担を減らしつつ患者の待ち時間を減らします。

MedicalChainを使って情報を広く共有するようにすれば、患者は最初の1回の診察だけでよくなるので診察時間は短くなりますし、医師の書類作成の時間も短くなります。

情報は改ざん不可能なブロックチェーンに書き込まれるので、権限のない第三者が勝手に情報を書いて誰かを陥れる、ということもまず起こらないでしょう。このような効率化は人件費の削減にもつながるため、医療費抑制にも繋がりそうです。

また、情報は安全に記録し、医師、病院、研究所、薬剤師、保険会社なども共有します。こうした医療関係者は必要に応じて患者の記録にアクセスして、必要な情報を即座に確認します。例えば保険会社はブロックチェーンのスマートコントラクト(契約の内容とそれが実行される条件を書くことによって、条件が満たされた時に契約が自動実行される仕組み)を活用することによって、保険金の給付にかかる業務を減らせます。

仮想通貨払いも可能な遠隔医療サービスを提供

Medicalchainは7月より、ロンドンに拠点を置く医療機関「グローブス・メディカル・グループ」と経堂で、遠隔医療サービスの試験を行っています。遠隔医療とは、医師が文字通り遠く離れたところにいる患者に対して診療を行うことです。

イギリスは前述のGPに相談してから実際に治療を受ける病院を選ぶ仕組みになっていますが、このGPの部分を遠隔医療に置き換えることによって、患者と医師双方の負担を減らします。

この実験では医療スタッフや保険会社はブロックチェーンの情報にアクセスするわけですが、その際にMedicalchain上でそのアクセスが適切なものであるかをチェックされます。患者は配布されるウォレットでMTNを支払いができます(MTNで支払うことによって、インセンティブが得られます)。

筆者が考えるMTNの今後の将来性

現時点では、ある程度期待しています。大規模な実証実験も実施されていて、ウェブサイトの情報も充実していますし、大手の取引所にも上場しています。現状では、後を追う価値は十分にあるといえるでしょう。

MTNが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

MTNが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから