PMAの特徴や将来性、PMAが購入できるおすすめの取引所

PMA

PMA(pumapay/ピューマペイ)の概要

通貨名称 PMA(pumapay/ピューマペイ)
最大発行数 780億枚
公開日 2018年8月
公式サイト https://jp.pumapay.io/
ホワイトペーパー https://pumapay.io/docs/pumapay_whitepaper.pdf

PMAの特徴や目指しているもの

PMAは、既存の銀行システムやクレジットカードよりも利便性が高い決済手段を目指す仮想通貨です。創業チームは20年以上の経験を持つエキスパート達によって構成されており、ICOでは約1億1700万ドル(128億円)もの資金を集めることに成功している、期待が集まる仮想通貨です。

PMAの仕組み

PMAの最大の特徴は、プル型決済(定期払い、分割払いなどのこと)ができることです。

我々が普段行っている決済は大きく、「プッシュ型決済」と「プル型決済」に分けられます。プッシュ型決済とは文字通り「押す≒能動的な」決済のこと、つまり振込のように自らアドレスや金額を入力し、送金ボタンを押す決済のことです。

一方、プル型決済とは文字通り「引く≒受動的な」決済のこと、つまり自動で引き落とす決済のことです。

PMAのプル型決済の仕組み

PMAは、従来の決済手法とブロックチェーンベースのソリューションを組み合わせたプル・プロトコル(Pull Protocol)という独自の仕組みを採用しています。Pull Protocolの採用により、これまでの仮想通貨では困難であった少額支払、定期支払、従量課金などを効率的に実現します。

アダルトサイトで導入進むPMA

PMAは世界最大級のアダルト動画サイト「Xvideo」や「Pornhub」で導入が進められています。アダルトサイトはその性質上、仮想通貨との相性が良好と考えられていましたが、実際に導入が進んでいるのはPMAぐらいと言ってもいいでしょう。

PMAの将来性

現時点では、将来性はあると考えています。決済専用の仮想通貨は数多く存在していますが、プル型決済に目をつけているのは少なく、十分な差別化が図れています。投資先の一つとしては、有力な選択肢になるでしょう。

PMAが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

PMAが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから