PACの特徴や将来性、PACが購入できるおすすめの取引所

PACの特徴・将来性まとめ

PACの概要

通貨名称 PAC
最大発行数 1000億枚
公開日 2017年
公式サイト https://paccoin.net/
ホワイトペーパー https://paccoin.net/wp-content/uploads/2018/08/PAC_White_Paper_JAP.pdf

PACの特徴や目指しているもの

PACは、2014年に誕生した比較的古い仮想通貨です。PACとは「People’s alternative Choice」の略であり、その名が示すとおり、人々の新たな選択肢となることを望んでいます。かつては別のブロックチェーンを使用していましたが、より安定した運用のため、2017年にDASHベースのブロックチェーンに変更され、それに伴い旧PACcoin1000枚=新$PAC1枚のレートで交換が進められました。

PACは高速・低手数料な仮想通貨

PACは、高速でなおかつ安価な手数料が特徴の仮想通貨です。速度については公式サイト上に「Instant$PAC will allow payments confirmed in less than a second(PACは1秒未満で確認された支払いを可能にします)」と記載されています。

実際にはもう少しかかることもあるようですが、それでも2秒程度であり、ビットコインはもちろん、アルトコインを含めたすべての仮想通貨の中でも最速クラスです。店頭決済にも十分耐えうる仕様であり、大きな差別化点となっています。手数料も法定通貨で0.03ドル(3円)程度と非常に安価です。

ホワイトペーパーには「$PACの最終目的は、最も効率的でユーザーに撮って使いやすい世界的な仮想通貨になるということです」と記載されていますが、たしかにこの性能ならばそう大見得を切れる程度には優秀と言えるでしょう。

ハードフォークで枚数が33分の1に

PACの当初の発行枚数は100兆枚でしたが、2018年3月のハードフォークで1000億枚に減らされました。それに伴い、旧PACcoin1000枚=新$PAC1枚のレートで交換が行われました。同時に、マスターノードの仕組みが採用されました。マスターノードは専用サーバ確保など、取引環境を整備することによって報酬を得る立場にあります。

マスターノードが得られる報酬は、マイニングによって得られる報酬よりも多く、さらなる収益が期待できます。$PACのマスターノードになるためには、50万$PACを保有する必要があります。2018年9月6日時点での価格は1$PAC=0.3円なので、約15万円分の$PACがあればマスターノードになれる、ということになります。

筆者が考えるPACの今後の将来性

現時点では判断が難しいです。仕手筋の投機先になっているようにも見えますが、一方で性能自体は優秀です。分散投資の投資先の1つとしてはいいかもしれません。

PACが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場していますので、気になるという方はそちらを通じて買うといいでしょう。

PACが購入できる海外の取引所一覧

1 0

この記事の共有はここから