SRNの今後はどうなるのか?将来性や特徴を解説

SRNの将来性や特徴を解説

SRN(サイリンラボトークン)の概要

通貨名称 SRN(SIRIN LABS Token)
最大発行数 約5億7314万枚
公開日 2017年12月
公式サイト https://sirinlabs.com/
ホワイトペーパー https://sirinlabs.com/media/SIRINLABS_-_White_Paper.pdf

SRNの特徴や目指しているもの

SRN(サイリンラボトークン)は、スイスのSILIN LAB社が発行した、ブロックチェーンスマートフォン「FINNEY」上で使用されるトークンです。FINNEYは世界初のブロックチェーンスマートフォンであり、高い安全性と決済手数料0を同時に実現します。SRNは同社製品やFINNEY上で動作するアプリの販売などに使われます。

現行のスマートフォンの問題点

現在広く使われているスマートフォンといえばiPhoneとAndroidです。どちらも優秀なOSではありますが(だからこそ広く使われています)、ユーザビリティを重視するがあまり、セキュリティ面が脆弱になっている一面があります。インターネットに常時接続されているスマートフォンはハッキングなどのリスクに常にさらされていると言っても過言ではありません。

もちろん、AppleやGoogleもこの現状を野放しにしているわけではなく、いろいろと対策を行っているのですが、現状は攻撃するハッカーとのいたちごっこが続いており、戦いが終わる兆しは見えません。こうした問題点を解決した、ユーザビリティと安全性を兼ね備えたブロックチェーンスマートフォンが「FINNEY」です。

FINNEYはブロックチェーンで動作するスマートフォン

FINNEYは世界ではじめての「ブロックチェーンスマートフォン」です。改ざんやハッキングに対して極めて強いブロックチェーン技術を採用することによって、従来のiPhoneやAndroidなどよりも遥かに強固なセキュリティを実現しています。OSにはAndroidをベースにしたSIRIN OSを採用しています。

SIRIN OSは、ブロックチェーンモードと非ブロックチェーンモード(Androidモード)に切り替えることができます。分散型アプリ(DApps)を使用するときはブロックチェーンモードで、LINEやTwitterなどの従来のアプリを使用するときは非ブロックチェーンモードで使います。1つのデバイスでDAppsも従来のアプリも使用できる、極めて利便性の高い仕組みになっています。

FINNEYの内部にはコールドウォレットが内蔵されています。コールドウォレットとは、仮想通貨を保存するウォレットのうち、インターネットに常時接続されていないものを指します(インターネットに常時接続されているものをホットウォレットと言います)。

つまり、FINNEY自体に仮想通貨を保管することができるようになるわけです。インターネットから切り離されたコールドウォレットであるため、ハッキングの心配もありません。

万が一デバイス自体を紛失してしまっても、予めパスコードを保管しておけば復元できます。現状、補完が難しい仮想通貨ですが、FINNEYが普及すればその問題は一気に解決されます。

なお、現時点で保管できると明言されているのはビットコインやイーサリアム、SRN,ライトコインなど全10種類ですが、今後増える可能性があります。

すでに開発が進められているFINNEYのスペックと出荷日

大掛かりなプロジェクトは資金だけ集めて頓挫することも少なくありませんが、FINNEYの開発はすでに始動しており、スペックや価格、出荷予定日なども公開されています。FINNEYの開発を行うのは台湾の電子機器受託生産企業グループ「フォックスコン」の子会社であるFIH Mobileです。

FINNEYの公称スペックは5.2インチディスプレイ、実効メモリ8GB、ストレージ256GB、1600万画素カメラ。出荷日は2018年10月を予定しており、出荷目標台数は数百万台、価格は999ドル(約11万円)となっています。

FINNEY端末で取引所を介さずSRNとイーサリアムが交換可能

FINNEYは2018年1月にBancorと提携しています。Bancorはネットワーク上の各種トークンを交換できる仕組みです。この仕組のもとでは、従来の取引所を介することなく仮想通貨を交換できます。FINNEYユーザーはスマートフォン上で、自身の保有するSRNをイーサリアムと交換できます。

広告塔にメッシを担当

FINNEYは広告塔にアルゼンチンのサッカー選手、リオネル・メッシを採用しています。メッシはサッカーファンならば誰もが知っているであろう世界的なスター選手で、2018年のワールドカップロシア大会での活躍も期待されています。有名人を起用することによって、知名度の向上を図っています。

今後のロードマップ

公式サイトのロードマップ上では、2018年前半中にFINNEYの開発を進め、2018年後半に販売するとされています。同社はホワイトペーパー上で、すでに世界を飛び回るビジネスマン向けの世界一安全なスマホ「Solarin」を販売している(価格は150万円!)実績もあるとアピールしています。

一般販売は2019年開始予定で、ロンドンや東京、ニューヨークなど世界の6都市に旗艦店(販売拠点の中心となる大型店舗)を解説する予定です。

筆者が考えるSRNの今後の将来性

現時点では将来性は高いと考えています。一番優秀な点は、現時点でこれといった競合相手が居ないことです。最近発行される仮想通貨は名前が違うだけでコンセプトは似たようなものも少なくありませんが、ブロックチェーンとスマートフォンのコラボレーションは唯一無二です。

個性的なだけではなく開発の意義も明確で、スマートフォンを開発しているのも評価点です。FINNEYの詳細スペックが公表されていないなど、不安定な面もありますが、投資する価値はあるといえるでしょう。

SRNが日本に上場する可能性

現時点で上場される見通しは立っていません。早めに買うならば海外の取引所の利用をおすすめします。

SRNが購入できる海外の取引所一覧

  • Bittrex
  • Huobi
  • Kucoin
0 0

この記事の共有はここから