XHIの特徴や将来性、XHIが購入できるおすすめの取引所

XHI

XHIの概要

通貨名称 XHI
最大発行数 約100億枚
公開日 2016年5月
公式サイト http://xhicoin.com/
ホワイトペーパー http://xhicoin.com/home/whitepapers.php

XHIの特徴や目指しているもの

XHIは、ビットコインと同様のオープンソース仮想通貨であり、仮想通貨コミュニティのプラットフォームを兼ねています。コンセンサスアルゴリズムにはPoS(Proof of Stake)を採用しており、世界中のどこでも支払いが行なえます。

HiCoinの仕組み

HiCoinは、Proof of Stake(PoS)によるマイニングや安全なネットワーク、報酬の獲得といった特徴を兼ね備えています。

利用者がノードのブロックを生成すると、新規発行のコインが生成され、ネットワークが保護されます。もし悪意のあるユーザーがHiCoinに対して攻撃を仕掛けようと考えた場合、そのユーザーはコインの大部分を自信の支配下に置く必要があります。それは現実的ではないため、ネットワークは常に安全に保たれます。攻撃社が非効率的な負担を背負うこの仕組みは、多くのHiCoinユーザーを効率的に保護します。

また、PoS通貨を保有すると、記帳の権利と報酬が割り当てられます。通貨を保有すると報酬がもらえるこの仕組みは、銀行の利子の仕組みにも似ています。ただ、日本の銀行の利子の利率は高いところでも0.1%程度であるのに対して、HiCoinの利率は5%前後(50倍)です。コインを移転してから30日後に最初の報酬受取の資格が与えられ、90日後にそのチャンスは最も大きくなります。

筆者が考えるXHIの今後の将来性

現時点では、あまり将来性を感じません。コインとして特に優れている部分が内容に見えるからです。PoSを採用しているというのは特徴ではありますが、明確な優位点・差別化点になっているとは言えません。

XHIが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

XHIが購入できる海外の取引所一覧

・YoBit

0 0

この記事の共有はここから