DIVXの特徴や今後の将来性を徹底解明!

DIVXの特徴や将来性を解説

DIVXの概要

通貨名称 DIVX(Divi)
最大発行数 617万枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://www.diviproject.org/
ホワイトペーパー https://www.diviproject.org/assets/files/wp-en.pdf

DIVXの特徴や目指しているもの

DIVX(Divi/ディヴィ)は仮想通貨を一般に広く普及させるためのプロジェクト「Divi」の一環として開発された仮想通貨です。DiviはDIVXと徹底的にユーザビリティを高めたウォレットやコミュニティなどが一体となった、仮想通貨の未来を築くためのプロジェクトです。

数ある仮想通貨プロジェクトの中でもその目標は特に大きなものであり、その道程は困難ですが、成功時にはホルダーに莫大な利益をもたらすことになるでしょう。

仮想通貨はなぜ普及しないのか

現状、仮想通貨が我々の生活に根付いているとは言えません。最も普及しているビットコインですら、日本国内で使える店舗は非常に限られています。

法定通貨の信頼が揺らいでいる一部の発展途上国ではビットコインが資金の避難先としてそれなりに利用されていますが、法定通貨の信頼がない国家で普及するだけでは、その価格上昇は限られたものになります。仮想通貨が世界的なものになるためには、先進国、大国での普及が必要不可欠です。

仮想通貨が普及しない要因は複数ありますが、その1つに、その概念の理解しづらさがあります。法定通貨と違って明確な発行元が存在せず、ブロックチェーンなるものによって管理され、実体もないものを通貨として扱う、と言われても、多くの人はそう簡単には受け入れないでしょう。管理もお世辞にも簡単とは言えませんし、取引所に預けるのはリスクが高いです。

しかし、そうした理由でコスト削減や高速送金を実現する仮想通貨の普及が遅れてしまうのは非常にもったいない話です。Diviはこうした仮想通貨をより理解しやすく、使いやすいものにするためのプロジェクトであり、前述のデメリットを打ち消しつつ、しっかりとメリットが享受できる環境を作ります。

スマートウォレット

Diviの目玉がスマートウォレットです。これは仮想通貨を簡単・安全に管理するための、文字通りスマートなウォレットです。一般的な仮想通貨のウォレットには送金・受け取り以外の機能は殆ど搭載されていませんが、このスマートウォレットにはユーザビリティを向上させる様々な機能が搭載されています。

ユーザーは写真やロゴ、追加のセキュリティレイヤーなどを加える事ができ、それによって送金ミスやセルフGOX(自分のミスで仮想通貨がウォレットから取り出せなくなること)を防ぎます。ブロックチェーンの自動書き込みシステムも構築する予定です。

パートナー間で入金を自動分割したり、ビジネスオーナーが税金支払いに充てる費用を別のポケットに格納したりといったような、かゆいところに手が届く機能が多く、ユーザビリティは高いです。

コミュニティ

Diviは、コミュニティ作りも積極的に行っています。仮想通貨のコミュニティとは、簡単に言えばその仮想通貨の支持者が集まり、情報交換や宣伝のための話し合いなどを行うオンラインの場所です。Diviは開発チームは自らコミュニティに積極的に顔を出し、DIVXの質問に対する回答や、有用な情報の提供を行っています。Diviプロジェクトは、こうしたコミュニティに参加するユーザーが長期ホルダーになるような仕組みになっています。

さらに、Diviチームは外部の有識者が集まるフォーラムからも積極的にユーザビリティを高めるためのアドバイスを受けています。普及のための熱心な活動をしていることが伺えます。

PoSとマスターノードシステム

DIVXはコンセンサスアルゴリズムにPoS(Proof of Stake)を採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、簡単に言えば「誰に取引の承認=ブロックの生成と報酬受取の権利を与えるか」に関するルールをまとめたものです。

中央管理者が存在しない分散型の仮想通貨の大半は、ブロックチェーンという電子的な台帳で管理されています(DIVXもそうです)。ブロックチェーンはブロックが一方向につながったものであり、ブロックの中に個別取引が格納されます。ブロックは概ね一定時間ごとに生成されます。

このブロックは台帳を構成する重要な構成要素であり、信頼できるものの手によって生成されなければなりません。コンセンサスアルゴリズムは、信頼できるものを探すためのルールブック、とも言えます。

PoSは簡単に言えば、仮想通貨の保有量に応じて取引の承認と新規発行分受け取りの権利が与えられるシステムです。Proof of Work(PoW)と呼ばれる主流な、計算競争の仕組みと違って、消費電力が少ないのが大きな特徴です。

PoSにおいて、取引の承認を行うコンピュータをマスターノードといいます。DIVXは世界で初めて階層型のマスターノードを採用しており、より多くのユーザーがDIVXを購入、保有するための動機づけが行われています。

少ない発行枚数

DIVXの発行上限数は617万枚です。ビットコインの2100万枚、ライトコインの8400万枚、モナコインの1億512億枚などと比べると、その枚数は少なめです。枚数が少ないコインは、枚数が多いコインと比べて、単価(1枚あたりの価格)が高くなりやすいです。単価が高いと大量購入されづらいため、投機による短期的な値上がりにはあまり期待できないかもしれません。

筆者が考えるDIVXの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。確かにプロジェクトは壮大ですが、あまりにも壮大過ぎて絵空事感があるからです。便利で使いやすいウォレットはたしかに魅力的ですが、それ以外にはこれと言ってみるべきところもありません。まるで期待できないというわけでもありませんが、少額投資以上のことをするのはおすすめできません。

DIVXが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用しましょう。

DIVXが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • Simex
  • Forkdelta
0 0

この記事の共有はここから