PREの今後の将来性とPREが購入できるおすすめの取引所

PRE

PREの概要

通貨名称 PRE
最大発行数 1億7000万枚
公開日 2017年12月
公式サイト https://presearch.org/
ホワイトペーパー https://www.presearch.io/uploads/WhitePaper.pdf

PREの特徴や目指しているもの

PREは、Google一強である検索エンジンシェアの構図を大きく書き換え、多くのユーザーにとってより公平で信頼できる検索結果をもたらすことを目的とする分散型の検索エンジン「Presearch」上で使用されるイーサリアムベースのトークンです。

検索エンジンのシェアはGoogle一強が続く

インターネットにアクセスする入り口である検索エンジンと言えば、誰もが思い浮かべるのがGoogle。その世界シェアはなんと9割を占めていて、一部の国や地域を除くほとんどの市場で独占的な地位を得ています。

Googleの動向に左右されるインターネット

検索エンジンがGoogle一強である以上、売り上げにつなげるために多くのアクセスが欲しい企業は、Googleのルールに合わせたウェブサイトづくりを進めています。

つまり、Googleの考え方一つで、SEOに尽力して上位に表示されていたWebサイトがいきなり下位に飛ばされたり、あるいは一切表示されなくなったりすることもあり得るのです。

Googleの独占からの脱却を目指すPresearch

Googleという一企業に大いに依存した現在のWebの世界は、不安定で不完全なものなのです。

PresearchはGoogle一強のインターネット環境を改善して、より民主化・分散化された検索エンジンを提供するための一大プロジェクトです。

Presearchの仕組み

Presearxhはコミュニティが手動する意思決定プロセスのもとで機能が改善されていく、分差型検索プラットフォームです。人々が検索すればするほど、「検索した人」および「それを支える人々」に報酬が支払われます。検索で報酬が得られるのが最大の特徴であり、魅力です。

この仕組のもとでは、企業は広告料をPREで支払います。その後利用者が検索を行うと、利用者(50%)、データサイエンティストやノード(30%)、運営(20%)に対してそれぞれ報酬が支払われます。開発方針はコミュニティで話し合われ、ファンディングされます。

運営は現在は開発を進めるために営利企業の形態をとっていますが、将来的にはNPOに鞍替えする予定です。また、現在はイーサリアムのブロックチェーンを利用していますが、将来的には独自のブロックチェーンに移行する予定です。

Presearchの使い方

Presearchは現在ベータ版が運用されており、利用は登録制となっています。はまだ独自の検索エンジンを持っていないため、既存のGoogleのほか、WikipediaやFacebook、Twitterなどから選ぶ仕組みとなっています。

https://www.presearch.org/signup?rid=191994

筆者が考えるPREの今後の将来性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

PREが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

PREが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから