MODや特徴と将来性、MODが購入できるおすすめの取引所

MODの今後の将来性

MODの概要

通貨名称 MOD
最大発行数 約2727万枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://modum.io/
ホワイトペーパー https://assets.modum.io/wp-content/uploads/2017/08/modum-whitepaper-v.-1.0.pdf

MODの特徴や目指しているもの

MODは、医療薬品のサプライチェーンを管理するためのスイス発のIoTトークンです。MODが開発された目的は、ヨーロッパの各企業が医療薬品輸送の規制を設けるためです。

MODの基本的なしくみと特徴

2013年11月、EUでは、医薬品の保管と輸送に関して温度について厳しく管理するというガイドラインが策定されました。このガイドラインがMODが開発される引き金となりました。そのため、MODのターゲットは主に医療業界の企業となります。

2017年9月1日に行われたICOでは、10分間で4億円もの資金調達に成功するなど、投資家から大きな期待を集めています。

筆者が考えるMODの今後の将来性

MODの将来性ですが、「悪くはない」といったところです。良い、とまでは言い切れません。明るい材料としてはICOで10分で4億円の調達に成功したという実績。現在は10億を超える資金調達に成功しています。これは投資家からの期待の高さの現れでしょう。

サプライチェーンを管理するプラットフォームという点も魅力的です。とくに食品や薬品などの温度が重要な製品についてはブロックチェーンにより自動的に温度管理や物流ルートが記録されるのは製品のクオリティの維持や不正防止に役立ち、ニーズも十分にあるでしょう。すでにスイスでは取り入れている企業も多数あるとのことで、実績がある仮想通貨として大きな強みですね。

懸念点は競合の存在です。物流系のIoTトークンはニーズが多いため、今後も競合は増えそうです。一度記録したら消えないブロックチェーンともサービスの親和性が高く、同様のサービスを始める企業や団体は多いでしょう。

そうなるとMODが他の物流系トークンとの差別化を測れる特徴が必要になります。現在のプロダクトを見ると、差別化のポイントが見当たらないので、手放しにMODを賞賛できません。

MODが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する予定は発表されていません。購入を考えているのであれば、バイナンスなどの海外の取引所を利用しましょう。

MODが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから