DALCの特徴や将来性、DALCが購入できるおすすめの取引所

DALC

DALCの概要

通貨名称 DALC
最大発行数 100万枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://www.dalecoin.org/
ホワイトペーパー https://digitalshilling.org/SHILLING.pdf

DALCの特徴や目指しているもの

DALCは、2017年8月に取引がはじまった、比較的新しい仮想通貨です。イーサリアムのブロックチェーンに基づいたERC20トークンであり、商品やサービスの支払いに充てることができます。仮想通貨の経験が豊かな「教師」が、仮想通貨に不慣れな初心者に対してわかりやすくその技術を教えるソーシャルグループにアクセスするための認証用通貨とも使われます。

ERC20トークンとは

ERC20トークンとは、イーサリアムのブロックチェーン上で生成されるトークンの規格のことです。トークンとは、イーサリアムのブロックチェーン上で開発されるコインのことです。基本的には仮想通貨と似たようなものだと考えていただいてかまいません。イーサリアムにはいくつかのトークン規格がありますが、ERC20はその中でも20番目に作成されたものです。その使いやすさ、性能の安定性から、最も広く使われています。

また、ERC20を用いることで、多くのユーザーが非中央集権的プラットフォームであるイーサリアムを利用しやすくなるという一面もあります。ERC20という共通仕様のトークンを持つことにより、同じウォレットで異なるトークンをやり取りできますので、イーサリアム上で稼働する分散型アプリ=DAPPSを皆がより利用しやすくなります。

コインの発行量とエアドロップ

DALCの発行量上限は100万DALCです。ビットコイン(BTC)の2100万枚やライトコインの8400万枚(LTC)、リップル(XRP)の1000億枚などと比べると、かなり少なめに設定されています。総発行枚数が少ないということは、言い換えれば単価が上昇しやすいということでもあります。需要が同じでも、供給が少なければその分価格は上がるからです。

また、100万DALCのうち、1万DALCはすでにエアドロップ経由でコミュニティに配布されています。エアドロップとは直訳すれば「空中投下」ですが、仮想通貨の世界においてはマーケティングの一環として無料でコインを配布するイベントのことを指します。

ソーシャルメディアプラットフォーム

テレグラム上では、DALCを使ったインタラクティブソーシャルメディアプラットフォームが存在しています。これは仮想通貨に関する経験が豊富な教師が、その知識に乏しい仮想通貨初心者に対する質問に回答するプラットフォームです。Yahoo!知恵袋の仮想通貨版のようなものです。

また、利用者は自分の現時点での仮想通貨に関する知識をテストすることも可能です。コンピュータベースのテストシステムが予めWEBサイトにインストールされており、利用者はいつでも自分の実力を試すことができます。

アトミックスワップ取引

DALCは今後、仮想通貨を別の仮想通貨と交換する取引(アトミックスワップ取引)を実装する予定です。

通常、仮想通貨を別の仮想通貨に交換するためには、仮想通貨取引所を経由する必要があります。両方の仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所を見つけるのは手間がかかりますし、取引には時間もかかります。一方、スワップ取引の機能を使えば、そういった面倒な手間を掛けることなく、すぐに仮想通貨を交換することが可能です。

アトミックスワップ対応通貨は随時増加する予定で、DALCを多くのアルトコインと交換できるようになります。

筆者が考えるDALCの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。性能自体は悪くはないのですが、ずば抜けて評価できるポイントが有るわけでもありません。これに投資するのならば、他にもっといいコインがあるのではないでしょうか。

DALCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

DALCが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから