匿名通貨XSPECの今後の将来性とは?特徴や購入できる取引所まとめ

匿名通貨XSPECの将来性や取引所まとめ

XSPECの概要

通貨名称 XSPEC(Spectrecoin)
最大発行数 2000万枚
公開日 2016年11月
公式サイト https://spectreproject.io/
ホワイトペーパー

XSPECの特徴や目指しているもの

XSPECは、2016年11月に公開された、匿名性に重点を置いた仮想通貨(匿名通貨)です。先行で公開された匿名通貨と比べても更に匿名性が高く、「取引に関するありとあらゆる情報が秘匿される」と言っても過言ではありません。

あまりに匿名性が高いため、マネーロンダリングなどの違法な行為に使われるのではないかという懸念もありますが、一方ではネット検閲を乗り越えるためのツールとしても注目されつつあります。

匿名通貨とビットコインの違い

匿名通貨とは、その名の通り匿名性が高い仮想通貨のことです。
代表的な銘柄は

  • DASH
  • Monero
  • Zcash
  • Verge

などです。

ビットコインも一見匿名性が高いように見えますが、一般的には匿名通貨ではないとされることが多いです。

ビットコインのトランザクション(個別取引)情報は、ブロックチェーン上に記録されます。ブロックチェーン上に記載されている情報は、取引に関わっていない第三者でも自由に閲覧できます。

ビットコインの取引には個人情報とは紐付けられていないアドレスを使うため、通常は取引から個人情報が流出することはありません。しかし、何らかの原因で個人情報とアドレスが紐付けられてしまった場合、すべての取引が外部からバレてしまうことになります。

一方、匿名通貨は取引の内容の一部、もしくは大半を外部から見えなくする(秘匿化する)ことによって、ビットコインよりも高い匿名性を実現しています。

例えば、DASHという匿名通貨は、コインミキシングという技術によって、コインの送信者と受信者の関係性を秘匿しています。コインミキシングとは簡単に言えば、複数の送金者の送信した仮想通貨を管理ノードと呼ばれるコンピュータでひとまとめにして、よくかき混ぜてから受信者のもとに送る仕組みのことです。

一方、Zcashという仮想通貨は、ゼロ知識証明という技術によって、匿名性を確保しています。ゼロ知識証明は、ある命題が正しいことを証明する手法の一つです。「その命題は正しい」ということ以外は何も伝えずに、その正しさを証明します(詳細はZcashの記事を参照)。誰が誰に対していくら送ったかを一切公開せずに、適切な取引を行います。

ここで重要なのが、匿名通貨と呼ばれる通貨であっても、その匿名性の度合には差があるということです。例えば、前述のDASHは送信者と受信者は紐付けられていませんが、それぞれがいくら送り、いくら受け取ったかは公開されます。

一方、Zcashは送信者と受信者のみならず、いくら送ったか、いくら受け取ったかも秘匿されます。Zcashの方がより高度な匿名性を実現しているということです。

そして、今回紹介するXSPECは、DASHやZcashを含めた他のメジャーな仮想通貨と比べて、更に匿名性が高く設定されています。

XSPECは「すべてを隠す仮想通貨」

XSPECは匿名通貨の1つです。ありとあらゆる情報を秘匿することによって、極めて高い匿名性を実現しています。

匿名化を根幹から支える技術がリング署名です。リング署名はもともとは内部告発のために確立された技術で、簡単にいえば、グループの中の誰が情報を発信しているかわからなくする仕組みです。

リング署名では、複数人を1つのグループとしてまとめ、そのグループで1回限りの送金アドレスを発行します。外部からは「どのグループから送金されたか」はわかっても、「そのグループの誰が送金したか」を知ることはできません。

さらに、XSPECはTORを導入することによって、完全にIPアドレスを隠します。TORはインターネット上で匿名の通信を行うための技術です。通信時には、TOR独自のネットワークを使います。

送信された情報は複数のコンピュータを経由して、最終的な目的にたどり着きます。複数のコンピュータを媒介させることによって、、特定を難しいものにしています。トラフィックはOBFS4というプロトコルに包まれるため、一件普通に接続しているように見せかけることも可能です。

この仕組は非常に優秀であり、テスト段階で中国のネット検閲システムである「Great fire wall」を突破しています。リング署名とTORという2つの技術が、XSPECの匿名性を極限まで高いものにしています。

筆者が考えるXSPECの今後の将来性

現時点では、短期的な値上がりはこれから発生する可能性があると思っています。匿名通貨はメジャーなものからマイナーなものまで多数ありますが、XSPECはその中でも抜きん出て匿名性が高いからです。

こうした匿名性が高い通貨は、ネット検閲が厳しい中国やロシアなどに大きな変化をもたらす可能性があります。

一方で、こうした匿名通貨は、ネット検閲が特にない国でも厳しく規制される可能性があることについては留意が必要です。匿名通貨はその匿名性の高さから、マネーロンダリングや違法な品の売買に使われる可能性が、他の仮想通貨と比べて高いです。こうした犯罪行為が横行するのは国家にとっては望ましいことではないため、ビットコインなどよりも厳しい規制がかかる可能性は十分にあります。

もちろん、匿名通貨が違法になっても犯罪者はそんなこと気にせず使うのかもしれませんが、一般人の需要が期待できなくなるため、価格の高騰は限定的なものになるでしょう。

XSPECが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所で取引が行われていますので、そちらを利用するといいでしょう。

XSPECが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • Livecoin
  • Trade Satoshi
0 0

この記事の共有はここから