CNDの特徴や将来性、CNDが購入できるおすすめの取引所

CNDの今後の将来性や特徴

CND(Cindicator/シンディケーター)の概要

通貨名称 CND(Cindicator/シンディケーター)
最大発行数 20億枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://cindicator.com/
ホワイトペーパー https://cindicator.com/Cindicator_WhitePaper_en.pdf

CNDの特徴や目指しているもの

CNDは資産管理を人工知能で行うサービスであり、RC20トークンの一つです。すでにいくつかのプロダクトもリリースしています。

Collective Intelligence Platform

まず注目したいプロダクトは、「Collective Intelligence Platform」。株式やFX、仮想通貨の市場予測をするサービスです。フェイスブックやツイッターでログインすることができ、メール確認が済めば簡単に利用することができます。仮想通貨の動向に関する質問が用意されていて、それに自分の予測を入力して答えるというシステムです。

これらのデータが蓄積、解析されて、市場予測に役立てられていくのでしょう。よく考えられたプラットフォームです。

Cindicator Bot

「Cindicator Bot」は投資を助言してくれるbotです。金融アナリストのデータを下にAIが投資の助言をしてくれます。保有しているCNDの量によって利用できるサービスが異なります。最低でも5,000CNDないとサービスは利用できません。

Cryptometer Bot

「Cryptometer Bot」は、裁定取引(アービトラージ)のチャンスを教えてくれるボットです。こちらもtelegram上で利用可能。Telegramのアカウントがない方は、まずはtelegramの登録から始めましょう。

アービトラージとは、同一の価値をもつ商品が、一時的な価格差が生じた際に、割高な方を売り、割安な方を買って、その差で利益を生む手法のこと。証券の世界でよく使われる言葉ですが、仮想通貨の世界でも取引所は複数あり、同じ仮想通貨でも価格差が生じています。この事を利用してアービトラージで稼ぐ人が増えています。

筆者が考えるCNDの今後の将来性

CNDの将来は正直よく分かりません。プロダクト自体は魅力的ですが、投資対象としては微妙な気がします。ただし、AIを利用した資産管理という分野は目の付け所がいいし、ニーズはありそうです。

CNDが日本に上場する可能性

CNDが日本の取引所に上場するという情報は今のところありません。当分は上場しない可能性が高そうです。バイナンスなど海外の取引所で購入してください。

CNDが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから