BOSの特徴や将来性、BOSが購入できるおすすめの取引所

韓国発の仮想通貨BOSの将来性と購入できるおすすめの取引所

BOS(BOScoin/ボスコイン)の概要

通貨名称 BOS(BOScoin/ボスコイン)
最大発行数 50億枚
公開日 2017年5月
公式サイト https://BOS.io/
ホワイトペーパー

BOSの特徴や目指しているもの

BOSは、ブロックチェーン上で契約を交わすための自己進化型プラットフォーム「BOS」で流通するトークンです。スマートコントラクトをさらに使いやすくした「トラストコントラクト」を導入していることが最大の特徴です。

BOSの仕組み

BOSは自己成長することが特徴の、トラストコントラクト機能を搭載するプラットフォームです。自己成長するとは、自ら機能を拡張できるということです。イーサリアムは分散型アプリケーション(DApps)で機能を拡張しますが、BOSは内側から拡張するのです。

また、前述の通り、BOSはスマートコントラクトに変わるトラストコントラクトを搭載しています。トラストコントラクトの基本的な仕組みはスマートコントラクトと同じです。予め契約の内容と、それが遂行される条件を定義しておくと、その条件が満たされた時に自動で遂行されるという仕組みになっています。

最大の違いは使用する言語です。トラストコントラクトでは一般的な言語を使用するため、プログラミングにあまり馴染みがない人でも契約内容の更新、細かい条件の確認ができます。細かい点は割愛しますが、セキュリティ面もさらに強力になっており、外部からのハッキング耐性も確保されています。

コミュニティの意思を反映させるコングレスネットワーク

コングレスネットワークとは、BOSに関する重要な事項に対する決定権を持つ人たちが集まってできたネットワークです。分散型システムは分散型であるがゆえに高い公平性を保つ一方、意思決定が遅くなるという欠点があります。コングレスネットワークはこうした分散型ネットワーク特有の弱点を解消するものです。

新規発行されるBOSはマイニング報酬などにも割り当てられますが、それとは別に公共予算と呼ばれる特別な口座にもプールされていきます。ここに集まったBOSがコングレスネットワークの活動資金となります。

2023年までに18億BOSがプールされる予定です(2019年1月19日時点の時価総額で90億円相当)。それ故に意思決定は慎重となり、公共予算口座内のトークンは勝手に引き出されません。

BOSのコングレスネットワークには、ネットワークを支えるコンピュータ(ノード)を立てるという条件を満たせば、誰でも参加できます。コングレスネットワークに入りたければ、あなたもネットワークを支えてくださいね、ということです。

BOSネットワークでノードを立てるためには、少なくとも4万BOSを保有する必要があります。2019年1月19日時点でのレートは1BOS≒5円ですので、4万BOS集めるためには20万円が必要ということになります。

BOSの将来性

現時点では、多少の将来性はあるのではないかと考えています。もしプロジェクトが順調に進歩すれば、イーサリアムに取って代わる可能性もあります。ただ、現時点では上場取引所が少なく、知名度もそこまで高くありません。機能のみならず、マーケティングにもさらに尽力してほしいところです。

BOSが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

BOSが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから